Category tech.

講習をうけてから約一ヶ月で届いた。まぁ書類不備で一回戻されてしまったのでほんとはもうちょっと早いだろう。書類不備って初めてやってしまった。老化を感じる。

  1. トップ
  2. tech
  3. 認定電気工事従事者認定証がきた

Windows 機がもう一台ほしいなということで DeskMini A300 で組んでみた。

CPU

AMD CPU Ryzen 5 2400G with Wraith Stealth cooler YD2400C5FBBOX -

5.0 / 5.0

Ryzen 5 2400G に。2200G でもそんな変わらなそうだけど、微妙にスペックが足りないってのは嫌なのでベストを選ぶ。割とゲーム類も動く内蔵GPUになっており、ちいさいサブPCとしてはかなり良いと思っている。

CPU クーラー

リテールクーラーが直接つかないので、DeskMini A300 の日本版にはクーラーがついてくるのだけれど、これが大変うるさいらしいので最初から使わないことにした。ちなみにこの DeskMini A300 付属クーラーは 70mm のファン。

あまり金をかけたくもないので、Ryzen 5 2400G に付属してくる Wraith Stealth cooler (リテールクーラー) を使った。前述の通りリテールクーラーは高さの問題 (幅などは問題ない) でケースに入らないが、問題はファンの部分だけ。

さらにはファンも無駄についているカバーをはずせばケースに納めることができる。このカバーは一旦ヒートシンクからファンをはずし、裏にあるねじをはずせばとり除くことができる。

カバーを止めていた突起の方向に注意してヒートシンクに取り付けなおす。筐体の入口に出っ張りがあり一見入らないかと思うが、ちょっと変形させてここだけ超えさせれば普通に入る。

リテールクーラーのファンは 95mm (ただしビス穴の間隔は80mmと同じ71.5mm)

基板上にあるクーラー取り付け器具をはずせばあとはそのままネジ止めでとりつけることができる。メモリにも干渉しない。

リテールクーラーのファンがそのまま使えることを知らなかったので別のファンも買ってしまった。上のは 80mm ファンをつけた状態。

どっちも試してみたけどどっちもどっちという感じ。今は口径が大きいリテールクーラーのファンをつけて回転数を少し落としている。

SSD

M.2 NVMe SSD (PCI-Express) 256GB を取り付けた。Intel SSDPEKKW256G8XT

マザーボードをはずして裏につけようと思ったが、裏面はヒートシンクをつける余地がなかったため、普通に表につけなおした。裏面につける場合は筐体に熱を逃がせるようにクールスタッフのようなものをつけるのがよさそう。

そんなにディスクを激しく使う用途ではないのでそれほど熱が問題になることはなさそう。HWiNFO で見ると室温+10℃程度だった。

メモリ

8GB * 2 (Crucial 8GB DDR4-2666 SODIMM CT8G4SFS8266) 特に理由はないけどメモリ速度が早めで商品数が多い 2666 にした。

GPU もメインメモリを共用するので最低でも 16GB は必要だと思う。UEFI で 4GB を GPU に割り当ててる (といっても普通は1GBも使わない) ので 12GB が OS 利用メモリ。

組立

AMD APU がはじめてなのでちょっと緊張した。ソケットが Intel と違ってロックしてもちゃんと抑えている感じが薄いので心配。CPUクーラーはずすときうまくできるかな

温度

室温20℃ぐらい。アイドル状態だと40℃ほど。

全コアに CPU 負荷をかけると即座に70℃ぐらいまで上昇する。ファンが最高速になったあとはじわじわ75℃ぐらいまで上昇していく。

GPU 50%、CPU30% ぐらいの状態だと50〜55℃ぐらいで安定する。

感じ

Core i7 6700 + メモリ 32GB + Geforce GTX970 + SATA SSD がメイン Windows PC なんだけど、それに比べても普通に快適に動く。

ただ筐体が小さくリテールクーラーを使っているせいもあってCPU温度が高めでファン音が本当に若干だけど気になる。別途クーラー買うかもしれない。(メインPCはかなりCPU負荷をかけても40℃もいかない)

  1. トップ
  2. tech
  3. ASRock DeskMini A300 買った (Ryzen 5 2400G / 16GB / リテールクーラー)

パタパタ時計 (flip clock)

ebay で 1300円ぐらいで買った。デザイン上不可解な点があるが一応そこそこ動いてくれる。パーツが多い製品になりがちなのでこれ以上安いものはないみたい。

ちなみにパタパタ時計は以下の点で優れている

  • 直読可能 (vs アナログ時計)
    • 12時間アナログ時計のように読みかたのリテラシがいらない
  • 数字の形が自然 (vs 7セグメントデジタル時計)
  • 高コントラスト (vs 液晶)

このような特徴から、子どもでも読みやすい。一方で秒単位の正確な表示はできない。

この製品の場合1時間に1度バネの復元によって「時」を送っているため割と大きな音がする。分送りではあまり音はしない。秒針のカチコチ音はする。

構造

普通のクオーツ時計だが、使っているのは分針の動きだけになっている。時針はムーブメントに存在しておらず、流用と思われるムーブメントも内部のギアが一部省かれていた。秒針は生きてるが使われていない。

ムーブメントから伝わる分針の動きで「分」の文字盤を動かしている。「分」の時刻あわせレバーの爪は独立して文字盤を送る。

「時」の文字盤は「分」の0分と連動するようにカムが仕掛けられており、時刻あわせレバーと共用のラチェット・バネと連動して「時」の文字盤は送られる。

不具合

ちゃんと「時」が送られないことがある。0分の少し前に「時」の文字盤を送る爪が次の歯に落ちなければらないのだが、これがうまくいかないことがあるようだ。(カムによって爪が次の歯に落ちる→カムのリセット時に爪にかかったバネで文字盤が送られる)

中をあけて爪を少しけずって調整したらうまく動くようになった。

筐体の再設計

写真をみたらわかるけど文字盤がなぜか 20mm ぐらい奥にあるため、横からだと時計の数字を読むことができない。この空間、たぶんフリップするとき全面の保護板にぶつからないようにという意図だと思う。

とはいえ気に入らないポイントなので、なんとかすることにした。具体的には 3D プリンタで筐体の一部を作りなおして、表面を化粧板で覆うような形を目論んだ。

時計部分

プリントパーツをあまり大きくしたくないため、前後の固定用パネルだけプリントした。どちらも1回プリントしたパーツを元に修正し、2回目でおおよそいい感じにできた。

電池ケースは別途プリントしてはりつけた。Flexing battery holders with integrated springというもの。

電池2つ使っているけど、並列に繋いであるだけ。元々の時計がそういう設計だったので踏襲してる。

外箱


桐材 (別の用途で買ったが使わなかったもの) を使って外箱をつくった。CNCで切り出し、穴開けをした。実際はノミで穴をあけたバージョンもあったが綺麗にいかなかったためCNCでやりなおした。機械のほうが早いし精度が良いし楽というのを身をもって体感することに。


仕上げは今までやったことないことを、と思いワトコオイル (ダークウォールナット) を使ってみた。しかし扱いにくいですね……

  1. トップ
  2. tech
  3. 激安パタパタクロックの改造