久しぶりにちゃんとした一眼レフに触ったら使いやすくてびっくりする、というぐらいDP2は使いにくい。DP2が、というよりはコンデジは全般的に使い勝手が悪いし、撮影の瞬間があまり面白くない (あの、なんというか、空振りする感じ、なんなんだろう)。DP2は出てくる絵が面白いからいいけど、そう考えると、普通のコンデジは、本当に僕には出番がないと思った。わざわざそれを持ち歩くぐらいなら、ケータイでいい。中途半端な画質のコンデジよりは、劣化が目立つケータイのほうが、まだリアリティがあるように思う。

なんか、DP2 のシャープさを普通の一眼で出す方法がよくわからない。ちゃんと絞ってもこんな絵がでてこないような気がするけど、いろいろ他の方の DSLR の写真を見ていると、ちゃんとシャープなものもあるし、なんかそもそもセッティングが悪いんだろうなぁと思う…… そういうのもあって、センサのよしあしなのかはわからないにしても、DP2 は僕には、しばしばはっとするようなリアリティがでてきて面白いなぁと思います……

ただ、感度が低くて、ISO200 までが常用限界だったのが不満ではあります。明い昼間じゃないと手持ちがキツイ。少し暗くなるともう、ブレないのを優先してアンダーで撮ったりしている。DP2 は残念ながらアンダーで撮って現像時に持ちあげたりしても、ノイズがキツくて使えないので、できれば少々オーバー気味で撮って現像時に下げるような解決をしたほうがいいのかもしれない。それができるなら、だけれど……

三脚を立てても、暗いシーンだと、そもそもライブビューが役に立たないので、ファインダーがない DP2 では勘で撮るしかない。一発撮って調整、調整…… それでも、現像時に傾き補正ができたらいいんだけど、それもできない。

しばらくはどっちも持ち歩いて、いろいろ試してみる所存です。写真に関しては、1つ目標を立てたので、ちまちまやっていこう。

秋の匂いってなんなんだろうなぁ…… いい匂いだなぁ。

タバコ吸ってたりしている人はこういう感覚がないのかと思うと、彼らどうやって秋を感じるんだろうなぁ

気温だろ…… JK…… とか言われるし……

そういえば一脚持ってた