古代人ですら理解、実感していた、人間は自然のもので、人間の造るものもまた自然のものであるということを、我々は忘れているのだ。大きな驕りである。

2年前に嵐山を歩いたとき、適当に歩いていたらついた場所があって、そこが印象に残っていたので、記憶を頼りにいってきた。事前に Google Map であたりをつけていったのだけれど、ストリートビューが大変役に立った。

どこだったか行ってみるまでわからなかったけど、嵯峨天皇の皇后の陵だった。地名がわからなかったので地形をみてさがした。参道までの道も、参道も雰囲気が良い。山の中にある陵はどっかにワープできそう (と2年前も思ったの) だった。

陵 (天皇の墓) は積極的に行こうとは思わないけれども、京都だとそこら中にあるので割と目につく。大抵、石造りの神明鳥居と白砂利だけなのでなんか不思議な感じがする。