Category book.

ハリーポッターと謎のプリンスを読み始めようかと思ったり思わなかったりしつつ、とりあえずやっぱ先に読み終わってない「学校を出よう!」を読むべきだよなぁと思って開くけど閉じたりしたりしなかったり。

そんなことはどうでもよくて、久しぶりにハードカバーの本を手にとって広げてみるといい匂いがして無性に幸せだなぁと思ったりした。そういえば最近図書館に行っていない。「サボったら単位を落とす」という脅迫に追われてだいぶ必死なせいであり、学校の図書館にいってもなぜか集中できず寝てしまうとかいう謎の体のせいでもある。


ああそうだ 学校を出よう!4 Final Destination を読んだけど、0章を読んでる間なんとなくずっと海辺のカフカが頭に浮かんでた。10代の家出・頭の中の声・居場所、あたりのキーワードのせい。あと一章の一番最初の優弥のセリフがカラスと呼ばれる少年とかぶった。まぁ結局全然違う (あたりまえ) ものだった。これって視点が常に神視点だけど、いや、いいや。

どうでもいいけど、「答えが欲しい」とだけ思って本を読むのはやめたい。

  1. トップ
  2. book
  3. ハードカバーの匂い

やっと読み終わった。5と6が微妙に薄いと思ったら続きの話だった。4巻あたりから面白くなるなぁ。しかし4巻終わった時点だと俺には作者が何をしたいか全然わからなかった。読解力が欲しいです……

なんでもいいけど、5巻の宮野が若菜の本を改ざんするシーンが印象的だった。トリプルミーニングぐらいになってるよなぁ。そのまま意味・読者へのメッセージ・改ざんという行為のメタファー。面白かった。

  1. トップ
  2. book
  3. 学校を出よう! 5, 6

本棚

流行にのって!! とか思ったけど、本買わないので大して面白くなかった。技術系の本は高すぎです。買えません。買えません。買えません。ウィッシュリストばっかり溜まっていく。

写真とり忘れたけど、他にもいろんなところに本が散らばっています。明解C言語とか、チャート式数2とか、キャッチャー・イン・ザライとか、図書室 (謎) のとか

自分で買った文庫本は13冊だけだ。全部高校のとき。ハードカバーは3冊ぐらいしかない。ほんと買わないなぁ。図書館とかで十分だしなぁ……置く場所もないし

  1. トップ
  2. book
  3. 本棚さらし