試用期間終わった。

べっこう飴を久しぶりに作った。一度目微妙に失敗してしまったが、二度目でうまくいった。昔作ったときはレモン汁を混ぜたりしていたなあと思ったけど、自宅になかったので無配合、砂糖100%のものになった。ただの砂糖なのにいい香りになるのは不思議だ。

TOSHIBA FlashAir SDカード 8GB SD-WL008G -

3.0 / 5.0

FlashAir というのが最近出たらしく、おもしろそうなので買ってみた。機能的には、Wi-Fi の AP と HTTPD として動いて、SD カード内の画像をダウンロードできる、というもので、Eye-Fi の競合 (機能的には違うんだけど) 的製品になっている。

Eye-Fi は持っていないのに、いきなりこんな謎なものを買ったのは、HTTPD が動いてくれるというところにひっかかったからだ。カメラみたいなデバイスで HTTPD が動くのはなんとなくわくわくするのである。

FlashAir は、割と素直な感じで、SD カードの中身をそのまま HTTPD で配信する感じなので、組み込みのページ以外に、自分で HTML と JS と CSS を書けば独自ページを作成できる。また、組み込みで配信されるページ自体も、SD カード内のファイルをいじると変更できるようになっている。ハードコードされていたりしないのは非常に嬉しいと思う。

ということで、SDカード内の写真のうち、最新順に表示するページを作ってみた。ファイルシステムの関係上ファイル名に制限がある (拡張子が3文字までとか) とか、thumbnail.cgi の挙動がおかしいとかあるけど、こういうのは簡単につくれた。今後ファームウェアアップデートで HTTPD がもうちょい安定するといいなあと思う。

なんとなく、スマフォのカメラの変わりに使えたらいいな、と思っていたけれど、ネットワークの関係でそうもいかない。FlashAir には AP として接続するため、その間、3G 回線など、Wi-Fi と排他的になっているネットワークが使用できない。FlashAir はもちろんインターネットには接続されないので、FlashAir に接続している間、スマフォはインターネットから切断されてしまう。picplz とかそういうアプリは、送信できない場合にキューに貯めるから、AP からの接続をきったあとにアップロードが開始されるだろうけれど、インターネットと同時に接続できないのは結構ストレスがあるので、用途によっては全く使えない感じになりそう。

あと Yahoo! トピックスに載ってた情報によると、SDK も配布されるみたいな話があるので、それはそれで楽しみです。

追記