66EC(S) Ble 35g を買ってから自宅では結構ずっとこれを使っていてそこそこ満足している。これも含めて HHKB 風配列のキーボードを10年以上使っていて慣れているのだけど、不満がないわけではなく、それを解消するために自作キーボードしてみたりもしてきた。

ということで一旦普通のキーボードが欲しくなった。テンキーはさすがに必要ないので、

  • テンキーレス (87キー)
  • 英語配列 (Enter キーが変な形じゃない)
  • キーボード側で A の左隣のキーを Ctrl にできること
  • 35g 程度の軽いキータッチのもの
    • 一度軽いのに慣れると HHKB (45g) がやたら重く感じるようになってしまって戻れない……
  • 静電容量式

という条件で「普通のキーボード」を探した。静電容量式の時点で選択肢はほぼなくて、メーカーとしては国産であれば Realforce、中国産であれば NiZ の2択になる。

条件にあるモデルは Realforce だと R2TLS-US3-BK あたり。だいたい3万円弱

東プレ REALFORCE R2 TKL キーボード テンキーレス 英語配列87キー ALL30g かな無し 静音モデル(ブラック)リアルフォース R2TLS-US3-BK - 東プレ(Topre Corporation)

東プレ(Topre Corporation)

3.0 / 5.0

NiZ だと表題にある通り NiZ X87EC(S) (BTなしモデル) $165.00 で2万円弱

値段的には NiZ が少し安い。信頼性はさすがに Realforce にある。NiZ は Cherry MX 互換のキートップを使え、キーボード側ですべてのキーをリマップできる。

結論からいうと表題の通り NiZ を選んだが、決め手というのは正直あまりない。Realforce はさすがに普通に使えるだろうし不満もないだろうけど、あんまり面白くないかと思ったぐらい。

公式サイトから購入した。謎の輸送経路だったけど国内は佐川委託みたいで普通に受け取れた。

カスタマイズ

とりあえず A の左隣を Ctrl に。NiZ はどのモデルも「Officeモード」と「Customize モード」の切り替えがあり、Office モードだとキーコンフィグが効かないので気をつける。

今までずっと Mac だった関係で(仕事ではまだ Mac だし)、キーボード配列を Mac 風に入れかえ (WinキーとAltキーの入れ替え) ている。

なお、キー数が普通に多いので、特別キーコンフィグしなくてもキーボード組込みで Ctrl/Caps 入れ替え機能と、Win/Mac モード切り替え機能があるのであまり困らない。

  1. トップ
  2. tech
  3. NiZ X87EC(S) 35g (2021) を買ってみた

カフェインが入っていないOTCイブプロフェン

OTCのイブプロフェンにはだいたいコーヒー一杯分ぐらいのカフェインが入っていて「高熱のときにおとなく寝てる」みたいな用途に使いにくい。「頭痛薬」としてはカフェインが入ってるほうがいいかもしれないけど、ただ解熱鎮痛に使うには入ってないのがほしい。

【指定第2類医薬品】ナロンメディカル 16錠 - ナロン

ナロン

5.0 / 5.0

「ナロンメディカル」は明示的にカフェインフリーで比較的安い。100mg 24錠で650円ぐらい。ヨドバシにもある。(54円/200mg)

 -

4.0 / 5.0


「ノーシンエフ200」アマゾンで取り扱いがない (マーケットプレース)。ヨドバシにはある。200mg 16個入りで1000円ぐらい。(62円/200mg)

他にもあると思うけど

OTCは似たような名前(ブランド)でも成分が全然違う場合があるのでややこしい。バファリン系とかだと末尾のアルファベットで全然中身が違う。「バファリンルナJ」は「アセトアミノフェン」でカロナールの代わりに使えると思うけど「バファリンルナi」は「イブプロフェン・アセトアミノフェン・無水カフェイン」の複合でややこしい。

メモ:半減期

Wikipedia から

なかなかやる気が湧かなくてやってなかったが GPSDO のメトリクスをしばらくとってみることにした。そのへんに転がっていた NanoPI NEO2 と GPSDO を繋ぎ、NanoPI NEO2 上で GPSDO の出力をとりこんで Prometheus exporter を立ちあげるようにした。

構成のメモ

自宅内にはメインに使っている Raspberry Pi があり、そこに LAN 内の Prometheus exporter からメトリクスを収集する Prometheus サーバが立っている。QNAP や RTX1200 のメトリクスもこの Raspberry Pi が収集している。

ただ、これだと外部から見れずに面倒なので、VPS 上にも Prometheus サーバが立っている。VPS 上の Prometheus は自宅内の Raspberry Pi から federate によってメトリクスを収集している。

Grafana も VPS 上に設置しており、VPS 上の Prometheus からすべてのメトリクスを表示している。

  1. トップ
  2. tech
  3. GPSDO のメトリクス