はじめてから約1ヶ月経過した。始めて数日で左足首を内側に捻ってしまってかなりやりづらい日々が続いたが直ってきた。だいたいずっと足も膝も痛くて大変。運動神経ない (イメージと筋肉が連動しない) ので成長がものすごく遅い感じ。同時に複数の動きを意識できないので、ベース動作の筋肉記憶が育たないと次のステップにいけないので時間がかかる。

練習時間は、雨以外で、平日は1~2時間ぐらい。休日は2~3時間ぐらい。もう50時間ぐらいはやった計算になるか…… 飽き性なのでいつまで続くかは謎

プッシュ

メインスタンス(グーフィー)でプッシュできるようになるまで1週間ぐらい。3週間ぐらいである程度路面変化があるところも滑れるようになった。

メインスタンスのプッシュが安定してできるようになってきて、すぐにスイッチでのプッシュもやりたくて練習しはじめて、1週間ぐらいでなんとかできるようになってきた。

なんで初心者なのにスイッチ?と思うかもしれないが、足の筋力が無さすぎて片方のプッシュだけだとすぐ疲れてしまうので、両足に負荷をかけたいのと、たぶん初心者のうちにやらないと一生やらない気がしたので。

チックタック

1週間ぐらい経過してからチックタックも平行して練習しはじめて、今はまぁまぁ振り幅おおく加速できるようになったけど、まだちゃんと蹴れてないときがあって完璧じゃない感じ。

3週間目ぐらいからスイッチのチックタックも練習しはじめて若干できるように。

ハーフアンダーフリップ

若干乗りなれてきたかな? ぐらいで挑戦したらできた。といってもこれも単に飛び乗るという練習を何度かやってから恐怖心を薄めてやった。ひっくりかえったら乗る練習と思って毎回やってる。前に飛びすぎる傾向があるので修正している。

ランニングプッシュ

当初まったくできる気もしないし怖すぎると思っていたが、3週目ぐらいから何度か歩きの練習してすこしずつできるように。まだ安定しないので全力では走れない。

エンドウォーク

ここ数日で急にフロントサイドを180まわせるようになった。ノーズ側を踏む動作が必要なのでスイッチのチックタックの練習と平行している。

まだ全く安定しないが「軸」の意味が若干わかるような動作。

テールもノーズもどっちも踏むし、軸がおかしいとあっちこっちに飛ばされるのでコケるバリエーションが多い。

横乗り

メインスタンスの横乗りはプッシュが安定するようになったぐらいで急に安定しはじめて、意図的に重心落としたりそこそこカーブができるようになってきた。

横乗りの逆走はそんなに順走と変わらないだろと思っていたが全然違って、スイッチだと自分は全く乗れなかったので、これもスイッチプッシュと平行して練習している。

あいかわらずプッシュを練習している。グーフィースタンスで始めてしまったので右足前が基本になっている。メインスタンスがグーフィーの場合、プッシュでのスイッチ(逆のスタンス=レギュラースタンス)・モンゴー(前足で蹴る) の組合せは以下の4通り

  • プッシュ
    • 右を前にセットして、左で蹴る
  • モンゴープッシュ
    • 左を後ろにセットして、右で蹴る (進行方向はプッシュと同じ)
  • スイッチプッシュ
    • 左を前にセットして、右で蹴る → フェイキー/スイッチ走行になる
  • スイッチモンゴープッシュ
    • 右を後ろにセットして、左で蹴る → フェイキー/スイッチ走行になる

プッシュとスイッチモンゴープッシュはデッキに乗っている足が同じなので、どっちかができればどっちもできる。(バランスの取り方は一緒)

モンゴープッシュ・スイッチプッシュは完全に左右逆なので、最初からバランスを覚えなおしぐらいの感じになる。この2つは明確に区別されてないことがある (これらも同様のどっちかできればどっちもできる)。

「フェイキー走行」と「スイッチ走行」は足の前後は一緒なので、プッシュのスタンスではほぼ違いがない (と思う)。デッキの前後をどう考えるかみたい。はじくトリックだと明確に違う。

モンゴーのダサさとは何か

スケートのコミュニティーに属してないので「モンゴープッシュはダサい」みたいな主張の意味がわからなかった。まともなスケーターは他人のスタイルにどうこう言わないみたいだし、実際見ても自分はダサさは感じないが、自分なりに解釈してみる。

プッシュとスイッチモンゴープッシュは板に乗せている足が変わらないため、スイッチプッシュができなくても、容易にスイッチ走行(またはフェイキー走行)に入ることができる。ここがたぶんキモで、スイッチ走行するならスイッチプッシュしろよ(どっちかしかできないのはダサいぞ)という感覚なのではないか。

つまりモンゴーそのもののダサさというよりは、スイッチなりフェイキーから入る普通より高度な技をやるのに、基礎のスイッチプッシュをやってないという精神性がダサいのではないかと理解した。ということで初心者には関係ない(どっちにしろ最初はどっちかしかできないものなので)

オーリーとかトリック系のイメージしかなかったので、できる気がしないスケートボードには興味がなかったのだけど、ふと調べたときクルーザーという楽しみかたもあることを知って急に興味が出てきた。自転車と徒歩の中間ぐらいの移動手段になったらいいなという気持ち。

調べてみると最低限で17000円程度っぽいので、そのぐらいのものを買って組み立ててもらった。普通のトリック用のショートボード (幅7.75) + 高めのトラック(ACE TRUCK CLASSIC 22/HI) + 54mm (幅38mm 78A) クルーザーホイールというもの。ペニーボードという小さいクルーザーも良さそうだと思ったけど、幅が狭いのは乗るのがさらに難しいらしいので、とりあえずやめた。

これがベストな選択だったかはわからない。

転ぶ

必ず転ぶものなので、上手い人が転んでる動画をみまくるとイメージがつきやすいし、メンタル的にも良い。転ばないことを目標とするより転んでもケガをしないことを目標とするほうが良い (受け身術など)

フラットな路面でやる場合でも、ヘルメットとリストガードを最低限つけると転んだときのダメージがかなり少ない。特にリストガードは転びかたをマスターするまで付けたほうがよさそう。自転車用の指ぬきグローブでも、ないよりは遥かにマシだが手首の保護にはならない。

ニーパッド・エルボーパッドはつけたほうが安全そうではあるが、フラットでプッシュの練習する分にはここをぶつけることは殆どない。

プッシュできるまで

まずプッシュを安定してやるのが想像以上に難しい。1日ぐらいでできますよ(笑)みたいなチュートリアルが多いが自分には全く無理だった。

ボードに乗っていいない状態で片足立ちして、膝を曲げてみると、これだけでも結構つらいことがわかる。この状態でボード上でバランスをとり、反対の足で地面を押すわけで、見た目以上に複雑。

軸足1本でバランスをとって完全にボードに乗れていないといけない。前荷重だと前につんのめって手首や足首がやられる、後荷重だとケツか、回避しようとした足首が死ぬ。

ボードにひっぱられたり、おいていったりせず、一緒に移動している状態じゃないとあぶない。

安全に練習するには軸足に荷重かけたまま、重心とともにボードを前にスライドさせ、プッシュするほうの足は地面につけたまま綺麗にフットブレーキできるようにするというのが良さそう。これができないうちに足乗せて横乗りにするのは早い。

ちゃんと片足でボードに乗れていれば、足を乗せるのは単に置くだけなので、このタイミングで不安定になることはない。足を乗せる瞬間に危険を感じている場合、うまくプッシュできていない。

プッシュ→横乗り→プッシュと戻すのも結構難しい。片足乗り状態にすると軸足が結構疲れるので、ここでプッシュしようと足をおろすとうっかり気が抜けて荷重を軸足から抜いてしまう。

プッシュ自体は横乗りしないので、チックタックとかとはかなり違うバランス感覚がいるように感じる。チックタックはまだできない。

路面

思った以上に路面の状態に影響される。時間が経過したアスファルトはだいたい難しい。

小石はかなり危険。横乗りスタンスなら前トラックの荷重を抜いておくと比較的つまづきにくい。ただプッシュ時は必然的に前荷重かつ片足乗りなので、路面が悪いところでプッシュはどうすればいいのかわからない。

ケガ

足首捻挫/骨折が発生する。非常によくあることらしく「ぐりっちょ」というスラングがあるぐらい。内反方向の動きを制限するサポーターとかつけておくと多少安心。飛ぶようなことしなくても、プッシュしてるだけでも起こる。

部品

すべてインチネジなのでかなりいじりにくい。トラックとデッキを固定するボルトは長さしか表記されてないことが多い (7/8インチと書かれていたら長さのこと。約22mm)

日本語だとマトモな情報がないのでまとめておくと

  • トラック: #10-32 (UNF) (太さ約 4.8mm / ナットは3/8"=9.525mm)
  • アクスル: 5/16”-24 (UNF) (太さ約 8.0mm)
  • キングピン: 3/8”-24 (UNF) (太さ約 9.5mm)

アクスル・キングピンのネジはどうしようもないが、トラックはミリネジの M5 で代用できる。代用できるがM5のナットは8mmなのに対し #10 のナットは 9.525mm で、オールインなツールだと回せない可能性がある。混在するよりは UNF で統一したほうがいいか

ref. https://www.maxdubler.com/blog/2021/1/6/these-are-the-standard-skateboard-nut-and-bolt-sizes

プロテクター キッズ 子供 大人用 手首/肘/膝セット 自転車 スケボー バイク【国内衝撃試験クリア】MoonWalk (大人用) - MoonWalk

MoonWalk

5.0 / 5.0

インラインスケート

元々インラインスケートに興味があったのだが以下の点で踏ん切りがつかなかった

  • 靴のサイズ (フィットが必要)
  • 取り扱い物理店舗が非常に少ない
  • 用具の共有ができない
  • 上達するまでブレーキングがかなり限られている(緊急避難が転ぶしかない)

で、調べているうちスケートボードなら上記問題がないじゃないかと気付いたので、よっしゃやるぞと、こちらを試してみることにした。