Category xslt.

全部 XML から XSLT プロセッサを通して XHTML やらなにやらを生成してる。日記部分は動的に、/about とかは静的に、それぞれ別のスクリプトが変換を担当している。日記は taglibro と呼ばれるスクリプト。静的リソースは名前のない build.rb というスクリプトが変換してる。build.rb は Makefile の類でもよさそうだけど、Ruby で書いておいたほうがなんでもできるのでいいや、みたいな。

common.xsl
サイト共通のテンプレートが書いてある。例えば head 要素内やつ。CSS とか、スクリプトを加えたいときはコレだけ編集してサイト全体を再変換させている。XHTML 用。
2html.xsl
静的リソースを変換するためのファイル。ソース XML はちょっとキモイんだけど、実用上問題ないのでいいや、みたいなヤッツケ的スタイルシート。だいぶ前に書いた。
logs/common.xsl
taglibro (日記) 用の共通部分。各種変数 (Content-type 非依存) なものがまとめて書いてある。flavor.(\w+).xsl から include されてる。
logs/flavor.xhtml.xsl
taglibro の XHTML 用テンプレート。

本当なら、taglibro は Accept ヘッダを解析してそれにあったやつを返すべきなんだけどめんどっちくて実装してない。これを実装すると IE に application/xhtml+xml を送らないようにする処理がなくせていいんだけど……(text/html を受け付けるなら flavor.html.xsl を読み込むようにする、flavor.html.xsl は flavor.xhtml.xsl なり、共通部分を分離した他の .xsl を include してやる、みたいな。)

  1. トップ
  2. web
  3. このサイトの構築構造
  1. トップ
  2. xslt
  3. このサイトの構築構造
  1. トップ
  2. taglibro
  3. このサイトの構築構造

ちゃんとエラークラス吐くバージョンがリリース。kiyoya さんのパッチ。

ruby extconf.rb --enable-error-handler して Makefile 作成。ちゃんと exslt もリンクさせるため、OBJS に /lib/libxml2.dll.a /lib/libexslt.dll.a /lib/libxslt.dll.a を追加。なんか知らんけど明示的に指定しないとリンクされなくて ld が怒る@cygwin (このバージョンに限らず)

XML::XSLT::XSLTError と、そのサブクラス XML::XSLT::ParsingError, XML::XSLT::TransformationError が追加される。変換用 XML ファイルのエラーなのか、XSLT ファイルのエラーなのかはわからなく。そのかわりエラー発生のタイミングが変わった。serve 時ではなく、xml= のときに出るようになった。だから問題ない。

エラーの message の意味がないっぽいので、--enable-error-handler 時には rb_raise 第2引数を STR2CSTR(rb_ary_to_s(rb_cvar_get(cXSLT, rb_intern("@@errors")))) とかにしたほうがいい感じ。--enable-error-handler は errors が定義されるのがキモイけど俺はそんなに気にならない。

第二引数を変えるだけだと以下のコードがダメ。

xslt = XML::XSLT.new()
xslt2 = XML::XSLT.new()
begin
xslt.xml = File.read("examples/fuzface.xml")
xslt.xsl = File.read("examples/fuzface.xsl")
out = xslt.serve()
print out;
rescue XML::XSLT::XSLTError => e
p XML::XSLT.class_eval("@@errors") #=> (1)
p e.message #=> (2)
end
p XML::XSLT.class_eval("@@errors") #=> (3)
begin
xslt2.xml = File.read("examples/fuzface.xml")
xslt2.xsl = File.read("examples/fuzface.xsl")
out = xslt2.serve()
print out;
rescue XML::XSLT::XSLTError => e
p e.message  #=> (4)
end

(3) で (2) のときと同じ (4) のとき前のエラーメッセージが紛れ込む。クラス変数使ってるからだろうけど、単純にインスタンス変数にしないのにはなんか理由があるんだろうからとりあえずそのままにして、

void xslt_raise(VALUE cError) {
#ifdef USE_ERROR_HANDLER
VALUE errors = rb_cvar_get(cXSLT, rb_intern("@@errors"));
VALUE error_str = rb_ary_to_s(errors);
rb_ary_clear(errors);
rb_raise(cError, STR2CSTR(error_str));
return;
#endif
rb_raise(cError, "");
}

とか作って経由させ、リセットさせてみる。XML::XSLT.errors は常に空の配列が返るようになって無意味になる。

ruby-xslt.0.9.1.error_message.patch

スレッドの切り替えってどういうタイミングなんだろう。

  1. トップ
  2. xslt
  3. ruby-xslt 0.9.1
  1. トップ
  2. ruby
  3. ruby-xslt 0.9.1
  1. トップ
  2. xml
  3. ruby-xslt 0.9.1

新しくなっているのに気付いた。 ruby extconf.rb --enable-error-handler (off by default) とか書いてあるのでちょっと期待しつつ。

とりあえず cygwin で make できんので Makefile 修正。OBJS に /lib/libxml2.dll.a /lib/libxslt.dll.a を追加して強制リンキング。exslt ははずす。

いろいろやってみたんだけど、よくわからん。USE_ERROR_HANDLERXML::XSLT.errors が定義されるんだけどエラー起こしても特に何も入ってない。/* this is really quite inelegant */ とか書いてあって苦労してんなぁとかなんとか。

とりあえずさらに really quite inelegant なコードで解決を図る。Ruby 側で…

require '../xslt'
xslt = XML::XSLT.new
xslt.xmlfile = "fuzface.xml"
xslt.xslfile = "fuzface.xsl"
begin
err = STDERR.dup
pipe = IO.pipe
STDERR.reopen(pipe[1])
out = xslt.serve # raise RuntimeError
rescue RuntimeError => e
p XML::XSLT.errors #=> []
if e.message =~ /^(XSL|XML|Stylesheet) /
p e
p pipe[0].readpartial(4096) #=> エラーメッセージ
else
raise
end
ensure
STDERR.reopen(err)
end
__END__
起こりうるエラーたち (grep)
parser.c:53:      rb_raise( rb_eRuntimeError, "XSL parsing error" );
parser.c:59:      rb_raise( rb_eRuntimeError, "XSL Stylesheet parsing error" );
parser.c:65:      rb_raise( rb_eRuntimeError, "XSL Stylesheet parsing error" );
parser.c:84:      rb_raise( rb_eRuntimeError, "XML parsing error" );
parser.c:90:      rb_raise( rb_eRuntimeError, "XML parsing error" );
parser.c:97:      rb_raise( rb_eRuntimeError, "Stylesheet transformation error" );

tests/fuzface.rb の改造。xmlfile= は使うなという警告がでるけどとりあえず放置。$stderr じゃなくて STDERR にメッセージを吐くらしくめんどっちいことをやってる。readpartial は cygwin の ruby が 1.8.3 になったから使ってみた。便利よねコレ

ごちゃごちゃやってみたけど使わない。XREA に入れるのめんどいし……

これでドウダ

class XML::XSLT
class XSLTError < StandardError; end
class XSLParsingError < XSLTError; end
class XSLStylesheetParsingError < XSLTError; end
class XMLParsingError < XSLTError; end
class StylesheetTransformationError < XSLTError; end
alias __org__serve serve
def serve
ret = nil
err = STDERR.dup
pipe = IO.pipe
Thread.critical = true
STDERR.reopen(pipe[1])
begin
ret = __org__serve
rescue RuntimeError => e
STDERR.reopen(err)
Thread.critical = false
message = pipe[0].sysread(4096)
error_class = XSLTError
case e.message
when "XSL parsing error"
error_class = XSLParsingError
when "XSL Stylesheet parsing error"
error_class = XSLStylesheetParsingError
when "XML parsing error"
error_class = XMLParsingError
when "Stylesheet transformation error"
error_class = StylesheetTransformationError
end
raise error_class.new(message)
ensure
STDERR.reopen(err)
Thread.critical = false
end
ret
end
end
xslt = XML::XSLT.new
xslt.xmlfile = "fuzface.xml"
xslt.xslfile = "fuzface.xsl"
begin
xslt.serve
rescue XML::XSLT::XSLTError => e
p e
end

将来完璧な実装になっても消すだけ! これなら使えそう? ごめん嘘。エラークラス云々があるのでそのままじゃ無理。

  1. トップ
  2. web
  3. ruby-xslt 0.8.2
  1. トップ
  2. ruby
  3. ruby-xslt 0.8.2
  1. トップ
  2. xslt
  3. ruby-xslt 0.8.2