このエントリは古いのでアテにしないでください。新しいスクリプトは userscripts.org で公開され、CodeRepos で保守されています。

mallowlabsの備忘録 - ポップアップ型英英辞書 見てて選択したらすぐ検索できるのっていいなぁと思ったので似たようなのを作ってみた。

fastlookupalc.user.js

相違点

  • 英和 (alc)
  • 一個ひいた後に、さらにひける。(こういう機能は英英のほうが便利だけど)

結果のタイトル (赤い部分) をクリックするとその結果だけ消えます。ドキュメント内のどっかをクリックすると全部消えます。

ダブルクリックで単語を選択するのでどんどんひける。

C 言語を最初に知ったぐらいの時、C 言語は自分にとって楽しい言語じゃなかった。ポインタを理解していなかったし、そもそもコンピュータの仕組みを理解していなかったし、ついでにいえば「下手すればコンピュータが壊れるコードを書く」みたいなことを思っていたので手を出せなかった。

何か知らないうちに Ruby をいぢって、Ruby の拡張ライブラリを読んだり、ちょっと作ってみたりするうちにポインタを理解していることに気付いて、最近 C 言語のキャストについてふとした拍子に理解して、だんだん C がわかるようになってきた。

機械語は読めないものだっていう先入観があったけど、Binary 2.0 あたりの流れでそうじゃないことに気付いた。読む人が読めば読めるもののようだ。なんとなく画像処理について気付いた時と同じ気持ちになった。

頭が悪くても、ゆっくりやっていれば結構どうにかなるのかもしれない。急ぐ事を強要されているけど、無視してもいい気がしてきた。

Ruby はなんとなくで「できそうなもの」だったから、やる気が沸いたんだよなぁ。C はそのとき「できなさそうなもの」だったからやる気が沸かなかった。Perl もそうだ。PHP はまだ「できそうなもの」だった。

どっかとっかかりがあればいいんだよなぁ。電子回路設計とかってどっから入ればいいんだろう。

IIrcv - 汎用通知サーバ with dRuby

Windows には Ircv というイカしたメッセージを表示するものがあるのですが、Mac だとこれっぽいのがないので作ってみました。Growl だと時系列が乱れたりするのでなんかだめだってときに便利かもしれません。

これを作るにあたりいろいろ学んだので楽しかった。

  • Cocoa 全般の構造
  • アプリケーションバンドルの作り方
  • バンドル内のファイルのアクセス法
  • NSLayoutManager の使い方少し
  • .icns ファイルの作り方 (/Developer/Applications/Utilities/Icon Composer.app)
  • dmg ファイルをコマンドラインから作る方法 (hdiutil create)
  • 拡張ライブラリの実装法とドキュメントの書き方
  • 拡張ライブラリ rubygems の作り方
  • ユーザ入力が必要な実装のテストの書き方

あと言語依存を解決したい。Interface Builder で nib 作って読み込む方法がいまだにわからないのでどうにかしたい。

Universal Binary 云々は確認がめんどい割に面白くないのでやる気がおきない。