おれきづいたことがあるんだ。昨日夢で見た女の子のことが好きなんだ。

夢とグレープフルーツは情報で溢れている。
一昨日の深夜、コンビニにってグレープフルーツジュースを買い、帰り道にそれを飲んでいると、いろんなことが頭の中に流れ込んできた。あの夢はたぶんそのグレープフルーツジュースに含まれていた情報なんだろう。

唐突に夢の内容を思い出した。今日の朝の夢だと思うけれど、桜並木 (ただし夏で、葉が青い) で、jkondo 氏と会話する。たぶんすれ違いざまに一言二言だったと思う。内容は覚えていないし、なんですれ違いざまに会話するのかもよくわからない。ただ、やっぱり、自転車にのってた。
いやでも本当にこれは夢の内容なのだろうか。今「夢で見たことがある」っていう記憶が生まれただけではないのだろうか。でもなんで

これはいいと思う日記はだいたい非公開で読む。

今日は色です。ヒラギノって綺麗だなぁっておもいながら適当に文字うってたら配色したくなりました。(色関係ない)


さわやかなつ。ドミナントカラーと締め色 (なんていうんだ)


おーるどじゃぱにーず。ドミナントトーン (フォントは小塚)


もだーんじゃぱにーず


いうまでもない

なんていうか、だいたい、殆どみんなが、物心ついたころから、どこか学校とかそういう顔合わせのコミュニティに付きあわされて、ずっと、何か課題とか宿題とか、勉強 (強いられるもの)、に追われながら、就職して、定年するまで走り続けていられるっていうのが、おれにはどうしても、信じられない。なんでそんなことができるんだろう……
足を止めて、からっぽになる、みたいなのなしに、ずっとガチガチやっていって、定年してポカーンとして死ぬ。もしかして、人によったら、心の内壁 (自己/無意識から独立するための壁) ができないうちに死ぬのかもしれないなぁ。

高校生でいぢめとかって、実際あるみたいだけど、結構信じられない。個人間の軽い嫌がらせ (継続的でない) みたいなのならまだしも、複数人でいぢめって、レベルがあまりにも低すぎる。

そういうことがあっても、逃げ道がない学校教育ってほんとクソだ。ひたすら我慢しろ、逃げるな、ばっかり。そうやって教育されるから、逃げかたがわからなくなって、死ぬ直前にやるべきなことができなくなってしまう。高校生の頭と体でごちゃごちゃやられたら、それこそどうしよもない。最悪だよ。そういうクソばっかり生き残って子供を作りまくるから、人類の未来なんてあるわけない。どっかにある閾値を超えたら一気に衰退する。

都心に近い学校みたいなところ。家から1時間以上かけないといけない。なにかのせいで集まらなくちゃいけない。男が2人、女が2人ぐらいいる。ひとりはあまり喋らなくて、背が小さい女の子。手が小さくて、髪が細い、セミロング。落ち着いているけど、無表情ではない。スカート。目があう。
一度家に帰る。でもすぐに戻らなくちゃという気持ちになる。乗り換え駅で間違えて改札を出てしまう。PASMOの残金が減る。どっちの方向にのればいいかわからなくなる。降りるとどっちの方向だかまたわからない。よくわからない男にそのヘッドフォンはなんだときかれる。一旦別の場所につく。誰かに「はやくいかなくていいのか」と言われる。「そうだ。はやく行かなくちゃ」と答える。
どうにかして戻ると、最初のメンバーがまたいる。少し問題が発生したけれど、誰かが解決していた。背の小さい女の子は少し寂しそうだった。幸せになって欲しいと思う。たぶんつらいことがたくさんあったはずだ。

朝見た夢の女の子がもやもや。なんていうかかなりリアルだったんだよなぁ。手とか髪の感触とかがあったかんじで、もうちょいアレしたらむこうにいけそうだなとおもった。

結局、もっかいその子に会えないかなぁと思い、部屋を真っ暗にして、天井の一点を見ながら眠ってみたけれど、会えなかった。
幸せになれただろうか。

本文と見出しの割合をジャンプ率っていうんだ。知らなかった。


バランスわかんない。タイムリミット。だめだ。
イラレのスタイルの指定方法がよくわかんない。プレビューとかどうやるの……あと地味だけどカウントボックス(なんていうんだっけ……)でホイールが効かなかったり、右クリックしてもなんもでないのが健在なのがよくわかんないお……