今週もモチベーションを回復するための試みを多少したが、思うような結果が得られない。毎日一定削がれる量が多すぎて何も追いつかないようになってる。

一旦やることを変えたのは多少結果がでただけマシだったがやる気が復活しているとはいえず、ただし目的がはっきりしており道筋がわかりきっていればやる気が殆どなくてもできることは確かめられたのでその一点だけましだった。

何か外に出そうなものに乗っかってやる気を補充しようということもしたが、本題と違うところでハマって、かえってやる気がなくなった。

強制力をより強くして、一旦もっと負荷をかけてモチベーション感覚を破壊するしかないのかもしれない。毎日「真面目」にやってる人がいかにしてモチベーションを発揮しているのか全く理解できない。

インターネットとかよく知らんときからの知り合いで、対話の方法とか、距離のとりかたとかが自分の感覚にすごい近い人がいて、びっくりするほど面白いんだけど、全くバックグランドが違うし、普段やってることも全く違うのに、そういう部分があるのがすごい不思議に思う。そろそろかなと思ったときにまさに考えていたことが起きるみたいな、コミュニケーションが予定調和みたいになってるときがある。

非常に小さな希望があるのだけれど、仕事にも普段の生活にも全く関係ないのであんまり役に立ってない。けどないよりはいい……

これらが自分で何もしたくないことの言い訳だとしたら、おれはなぜ自分のために些細なコードを書いてリハビリのようなことをしているのか?

前にも書いたけど、強烈な幸せを感じるのは強いモチベーション(これはいいから早く作って出したいという気持ち)でアウトプットの辛さ(バカにされる想像やら何やらいろいろ)を抑えつけれているときで、結果として作ったものが誰かにうけいれられなくても、強いモチベーションがある限りは改善の余地があるのだから、その状態にいかにして持っていくかが大きな鍵になってる。

自分のためになって、エッジ向けのことをやればいいはず。そのために小さなことを積み上げてモチベーションを回復させていかないといけないけど、入れたそばから抜かれていく。とにかくまず小さなモチベーションを回復させないと次にいかない。

今時ソーシャルとか言ってるのは紛うこと無きアホ (「ソーシャル」がバズワードになって営業に使われてることからも明らかだし、というかSNSが流行って何年経った?) だし、次のことを考えないといけない。そんで、次のこともほぼ答えが見つかっている状態で推移してて、あとはどうやってそれを実現するかどうかで、ソーシャルやってた人は既にそこに注力して頭を捻ってる (前のなんかのカンファレンスでさえおおっぴらにそういう話がされていた) のに、一歩づつすすめるとでも思うだろうか。

スタートアップを今作るならどこに切り込むだろうっていつも考えてる。

そういやベーシックインカムが遠ざかったので心底凹んでます。生きてるうちに実現される可能性がない。

何しても茶番扱いだ。リソース分散は嫌だけどクソ日記は他へ移そう

こんなんやっても何の意味もない。淡々としてるしかない。

BIあれば何もかも好き勝手できるのに…… コミュニケーションをとりたくないから一律支給の他に適切な方法がない。

ちょっと他に集中できることに集中しないとダメだな

禁酒・禁コーヒーに続き、禁糖をしようと思います。非常に難易度が高いのでたぶんすぐ挫折すると思いますが…… (砂糖を含む甘いものの制限で、しょっぱいのは砂糖が入ってても可) というか家にヨーグルトが1パック (砂糖入れないと食べれない) があるので、リセットは既定です。無理なら諦めます……