前までできなかったと思うんだけど、比較的簡単にできるようになっていた。

QuickTime Player に「ファイル」→「新規画面収録」というのがあり、これを使うと音声入力を含めてスクリーンキャストを録画できる。

外部カメラも同時にとる場合は「ファイル」→「新規ムービー収録」を選択するとカメラの状態が画面にでるようになる。この状態でも「新規画面収録」を行うことができ、カメラとスクリーンを同時に録画可能になっている。

収録しおわったら「編集」→「トリム」で不要な前後も簡単に削除できるので、あせって録画する必要はない。

試しに録画したもの


一つ欠点があって、できるあがるファイルが .mov なので、どっかにアップロードするなら

ffmpeg -i input.mov output.mp4

とか適当にしたほうがいいっぽい。

  1. トップ
  2. tech
  3. Mac で外部カメラとスクリーン録画を同時にやる (カメラ+スクリーンキャスト)

直近の Mac OS X Mavericks アップデートの直後あたりから (これが直接の原因かはわからないけど)、例え HID デバイスではなくても chrome.usb を単体で動かすことができなくなった。

今まではデバイス接続後に Chrome 全体を再起動することで openDevice が成功するという挙動だったのだが、今ではデバイス接続後に他の libusb を使ったプログラムを走らせて一旦 device を OS に認識させ、そのプログラムを終了し Chrome を起動する、という手順が必要になった。

つまり単体で再起動を繰替えしたりしてなんとか動かすということが不可能になり外部プログラムへ依存が必要になった。Chrome はどのようなコンテキストでも外部プログラムを実行することはできないので、打つ手はなくなった。

chromium のイシュートラッカーを usb 関係で検索してみると


あたりが関係していそう。 Canary を入れたくないので 35.0.1916.153 でしか試してない。stable で動かないものは「ない」と同じ。


このほか以下のようなバグがありそう

  • コントロール転送で8バイト未満をデバイスから返すと、データが化ける (こちらから送ったリクエストのバイナリ列になってしまう。謎)
  • インタラプト転送でずっとレスポンスしないでいると、デバイスにアクセスできなくなる。定期的に必ずなにか返答しないとだめ。

それとバグではないが、コントロール転送を out する場合、何も data を送りたくなくても、data : new ArrayBuffer(0) を渡さないと実行されない。罠。