Category tech.

Original Prusa MK3 のプラットフォーム(磁石でつけるシート型)には両面PEIフィルムが貼ってあるのだが、片方のフィルムが破れて剥れるようになってしまった。一度破れてしまうと、そこからどんどん破れが広がってしまう。

ということでこのPEIフィルムを剥して別のを貼りなおすことにした。

PEIフィルムを剥す

交換方法のマニュアルがある。シートを剥すまではいいんだけど、接着剤を剥すのがとてつもなく大変だった。リモネンはいまいち買えないので市販のシール剥し剤を使うのが良さそう。今回はアセトンとアルコールでやってみたけどかなり時間がかかったのでこれはおすすめしない。

公式の代替PEIフィルムは$8.96とそれほど高価なわけではないが、送料が$20以上と高いのと、一度貼ると剥すのがとてつもなく大変なのがわかったため、気がすすまなかった。

磁石にくっつくことからして、普通の鉄のシートっぽいので露出して放置すると錆が心配になる。

交換

3M 3Dプリンタープラットフォームシート3099AB(3枚入り) 330mmx270mm ABS/PLA対応 -

5.0 / 5.0

3M の 3D プリンタ用プラットフォームシートを試してみることにした。一枚あたり1500円とあまり安いとはいえない。

貼るのは難しくない。ぴったりサイズではないので結構余りがでる。もったいないけどカットして捨てている。

貼ったあとに保護シートを剥すと、すべり止めがきいたような表面材質がでてくる。このため、保護シートを剥したあとにスキージで貼りつけなおすみたいなことはできないので注意。必ず保護シートを剥すまえに密着させる必要がある。

表面は白っぽくほぼ不透明なため、元のスチールプレートの文字や印刷範囲の表示はほぼ見えなくなる。

雑感

数回 PETG でプリントしてみたが、今のところはとてもいい感じ。ちなみに最初のレイヤーも 0.2mm でプリントしている。このシートの説明では 0.1mm でベストと書いてあるので推奨設定ではない。

食いつきはよく最初のレイヤーが失敗することはまずない。PETG は PEI フィルムだとくっつきすぎることがあったけど、このシートだとそこそこ広い設置面のオブジェクトでも剥すに苦労しなかった。

ただ表面がつるつるではないのでスキージはちょっと入れにくいように感じる。あんまり強力に貼りついた場合剥せなくなるかもしれない。

耐久性はまだわからない。プリントして剥すとシートの表面の何かが少しくっついて剥れていくようにも見える。

  1. トップ
  2. tech
  3. 3Dプリンタのプラットフォームシートのはりかえ


「無反射ガラス」って名前がかっこいいんだけど「ノングレアガラス」というともうすこし実体がわかりやすい。すりガラスの目の細かいもののことで、つまり表面が細かくざらついており光を散乱させるので反射が少なくみえる (全体としての反射の量には変化がないが、散乱させるので特定方向へ反射させる量は減る)

ガラスは割れる・切れるで若干扱いにくいので、あまり使いたくはない。ということでアクリルで似たようなものはないか?と探してみると、東急ハンズで普通にノングレア・つや消し加工されたアクリル板が売っていた。カナセライトの「クリア(つや消し)」というもの。

t=2mm のものを買ったけど、270x320mm でも思ったよりもたわむので 3mm ぐらいはあったほうが良さそう。

調べてみるとカナセライトはマット以外にノングレアというおそらくもっと細かい目のタイプも作ってるようだ。アクリル板マット板|アクリルケースやアクリル加工専門販売アクリルショップ|はざいや 通販をやってる切板屋さんもあった。

こういう感じ

ノングレアよりはすりガラスに近いのでほぼ透けないが、背景白だとあんまり変わらないでしょう。物撮り自体 (というか写真が……) 下手なのでもうちょい練習したさはある……

今回の写真は全部スマフォ (Huawei P20)。まじでコンデジはいらないですね……





  1. トップ
  2. tech
  3. 撮影用の無反射ガラスの代わり

KiCAD のフットプリントエディタはちょっと貧弱なので、ピン・パッドの設定をするだけのツールとして捉えたほうが良さそう。

自分は KiCAD のフットプリントエディタで作った結果、ピン配置がうまくできていなくて失敗した経験が2度や3度ではない。IC のパッケージで「四角とピンしかないじゃん」と思っても失敗するのでやめたほうが良い。LAN コネクタとかだともっと難しい。

基本的に、外形やピン位置などは外部のCADツール、ここでは Fusion 360 を使って書いて、DXF ファイルにしてインポートするようにする。

Import DXF File で位置が毎回ずれる

フットプリントエディタで Import DXF File をするとき、カーソルを動かしてしまうと、なぜか変なポイントがスナップされてしまってどうしよもうなくなる。

User Defined で 0, 0 に設定すると DXF の原点と footprint editor の原点があった状態で表示されるので、そのままクリックして位置を確定する。

Fusion360 のスケッチを書くとき、原点を外形ではなくピンの位置にしたほうが KiCAD で配置しやすい。(誤差0にしなくても、拡大して移動してだいたいあわせれば十分だけど)

DXF Import 時に線幅を設定したい

footprint editor では不可能っぽい。諦めよう

Fusion360 の補助線まで dxf に含まれてしまう

下書き用のスケッチと、エクスポート用のスケッチをわけて、エクスポート用のスケッチでプロジェクションするとよい

  1. トップ
  2. tech
  3. KiCAD でフットプリントを作るときに外部CADを使う