モバイバッテリーは低電流時、充電完了と判断してパワーオフする(出力回路の動作をやめる)が、これをやらせたくない場合どうすればいいか。現時点でのメモ

Arduino に適当なプログラムを書きこんで、ポートに抵抗を繋ぎ(複数ポートにわけて) パワーオフするかどうかを調べた。測定時は電源供給経路途中に1Ωの抵抗をいれ、オシロでこの抵抗の両端電圧を測ることで間接的に実測の電流値を求めている。

Arduino のベースの消費電力は40mA程度。なので以下でさらに大きな電流を流しているが、40mA との切り替えということになる。

Anker

Anker は製品説明書に最低限充電電流が書いてある (50mA)
しかし連続で流し続けなければならないのか、パルスでいいのかはわからない。

A1208

【Amazon.co.jp限定】Anker Astro E5 第2世代 16000mAh モバイルバッテリー&Anker 20W 2ポート USB急速充電器 充電セット iPhone/iPad/iPod/Xperia/Galaxy /Nexus 他対応 【PowerIQ搭載 x2】 A120802A -

3.0 / 5.0

検知できないと30秒ぐらいでパワーオフする

  • 50mA 50ms / 1s → ダメ
  • 100mA 50ms / 1s → ダメ
  • 100mA 100ms / 1s → ダメ
  • 100mA 100ms / 10ms → ok
  • 100mA 100ms / 100ms → ok

すくなくとも短いパルスではリセットできないっぽい

  • 100mA 1s / 5s → ok
  • 50mA 1s / 5s → ng
  • 60mA 1s / 5s → ok
  • 60mA 1s / 10s → ok
  • 60mA 1s / 30s → ok
  • 60mA 500ms / 30s → ok
  • 60mA 250ms / 30s → ng

一定時間内の平均消費をみている?

Aukey

PB-T1

[Qualcomm認証済み]Aukey モバイルバッテリー 大容量 10400mAh スマホ充電器 [Quick Charge 2.0対応] 急速充電可能 (シルバー)PB-T1 -

3.0 / 5.0

説明書には特にオートパワーオフの閾値の記載なし。

約3分後にパワーオフ。電流を検知している間はバッテリーランプが点灯するっぽい?

  • 60mA 250ms / 30s → ng
  • 100mA 250ms / 30s → ng
  • 100mA 50ms / 1s → ok
  • 100mA 50ms / 10s → ng
  • 100mA 50ms / 5s → ng
  • 100mA 50ms / 2.5s → ok

ランプが5秒ぐらいで消灯するが、その前にパルスを検知すればいいっぽい… 謎

その他

100mA ぐらい常時流しといたらいいんちゃう?

→ 5V 100mA (0.5W)

3.3V 10000mAh のやつは26Whぐらいなので、とても厳しいという状態でなければそれでもいいかもしれない。

Quick Charge バッテリの場合、電流値で検出しているのか電力値で検出しているのかで大きくわかれる。12V 100mA 流すことになったら常時 1.2W 消費ということになりつらい。

  1. トップ
  2. tech
  3. 今夜は寝かさないぞモバイルバッテリー

[tech] Quick Charge 2.0 電源から 9V をとる (任意の電圧をとる) | Mon, Dec 14. 2015 - 氾濫原 で、だいたいこれで良さそうと思ったので ATTiny13A 使ってユニバーサル基板にまとめた。

できたもの

風景

回路図

3端子レギュレータの S-812C33AY は安い (12.5円/個) から以外の意味はとくにない。ピン配置が GND IN OUT と 78* 系と違うので注意

Tiny13A は8pinなのでIOが最大で6pinしかない。そしてRESETをIOにするとISP書きこみができなくなるので、ISPを使うなら、実質5ピンのIOになる。

ファームウェアなど

レポジトリ https://github.com/cho45/QCdirect

コードは Arduino 版とほぼ同じだが、AVR ネイティブで書きなおしてある。

main.cpp https://github.com/cho45/QCdirect/blob/master/firmware/main.cpp

ボードレイアウト例

ISP ピンヘッダの位置でいつも困る。AVRISP mkII の直で繋げられるようにしようとすると、意外と干渉するので、ピンヘッダまわりに十分スペースが必要

  1. トップ
  2. tech
  3. Quick Charge 2.0 から 9V/12V を出力させるデバイス (ATTiny13A)

esptool が以下で死ぬ。

warning: espcomm_send_command: didn't receive command response
warning: espcomm_send_command(FLASH_DOWNLOAD_DATA) failed
warning: espcomm_send_command: wrong direction/command: 0x01 0x03, expected 0x01 0x04

シリアルダウンロードのモードにはなっているがうまくいかなかった。

解決方法

書きこみに使う USB シリアル変換を別のもの(FT234X使用のもの)にしたらうまくいった。

使えなかったのはFT4232Hを使ったもので、このチップは4chを1つのUSBポートで通信できるものだが、どのチャンネルを使ってもダメだった。

ドライババージョンは現時点で最新

$  kextstat  | grep FTDI
   86    0 0xffffff7f80f6c000 0x7000     0x7000     com.FTDI.driver.FTDIUSBSerialDriver (2.3) ECC3AF36-431D-370D-86F2-5237785E9CF8 <85 39 5 4 3 1>

いまいち原因がわからない。

メモ

各チャンネルをループバックして screen を使って手動で通信テストする限りはうまく動いているようにみえる。壊れているわけではないっぽい。なぜこんなことになるのかわからない。

  1. トップ
  2. tech
  3. ESP-WROOM-02 書きこめなかった

Over The Air で (すなわち Wifi 経由で)、ファームウェア書きかえをするやつ。

コード

https://github.com/esp8266/Arduino/blob/master/libraries/ArduinoOTA/examples/BasicOTA/BasicOTA.ino

これの通りにすればコード的にはとりあえずうまくいく。

platform.ini

board は esp12e にしとかないとだめ。generic と書いてあるからといって、esp01 とか esp01_1m とかは flash のサイズが小さいので OTA_BEGIN_ERROR と言われる。

OTA の場合使える容量は半分以下になる。というのも、既存領域の余った部分にとりあえず書くからっぽい。

ref. https://github.com/esp8266/Arduino/blob/master/doc/ota_updates/ota_updates.md#update-process---memory-view

OTA

まずアドレスを mDNS からひいてくる (シリアルに表示させてもいいけど)

$ dns-sd -B _arduino._tcp
Browsing for _arduino._tcp
DATE: ---Wed 23 Dec 2015---
17:49:14.912  ...STARTING...
Timestamp     A/R    Flags  if Domain               Service Type         Instance Name
17:49:14.913  Add        2   4 local.               _arduino._tcp.       esp8266-ee8488

$ dns-sd -G v4 esp8266-ee8488.local
DATE: ---Wed 23 Dec 2015---
17:48:48.955  ...STARTING...
Timestamp     A/R Flags if Hostname                               Address                                      TTL
17:48:48.958  Add     2  4 esp8266-ee8488.local.                  192.168.0.11                                 120

platform.ini の port に、この ip address を書いておく。これだけで自動的に OTA 経由と判別して書きこもうとする。

書きこみ時間

222K のbinファイル書きこみに4秒ぐらい。

$ ls -altrh .pioenvs/esp12e/firmware.bin 
-rw-r--r--@ 1 cho45  staff   222K 12 23 21:05 .pioenvs/esp12e/firmware.bin

$ time "/Users/cho45/.platformio/packages/framework-arduinoespressif/tools/espota.py" --debug --progress -i 192.168.0.11 -f .pioenvs/esp12e/firmware.bin
18:55:58 [DEBUG]: Options: {'esp_ip': '192.168.0.11', 'image': '.pioenvs/esp12e/firmware.bin', 'auth': '', 'esp_port': 8266, 'spiffs': False, 'debug': True, 'progress': True}
18:55:58 [INFO]: Starting on 0.0.0.0:24984
18:55:58 [INFO]: Upload size: 227280
18:55:58 [INFO]: Sending invitation to: 192.168.0.11
18:55:58 [INFO]: Waiting for device...
Uploading: [============================================================] 100% Done...

18:56:02 [INFO]: Waiting for result...
18:56:02 [INFO]: Result: OK
"/Users/cho45/.platformio/packages/framework-arduinoespressif/tools/espota.py  0.06s user 0.05s system 2% cpu 4.417 total

その他

UART Download で書きこんだ直後の起動中に OTA 書きこみをした場合、ESP.restart() が失敗するっぽい。UART Download したあとは、一旦 reset してから OTA すればいいっぽい。

  1. トップ
  2. tech
  3. ESP-WROOM-02 OTA firmware update / platformio