だいたい、ドラマとか小説なんかで「誠実」な人間が主役で頑張っているっていうのは、すごく共感するもんだ。でも現実は違う、誠実な人はうまく腐りきった「普通」に溶け込めず、周りはそれを悪意をもって笑う。(まぁ本当に完全に誠実な人なんて現実で見たことないけどね。)

この二つ何が違うってたぶん距離なんだ。ドラマとか小説っていうのはすごく遠くて傍観者としてそこに自分を重ねられる。でも現実として、そういう人が目の前にいても、自分はそれに向かい合っているいわば出演者で、しかも「脇役」になってしまう。だからその人に自分を重ねられないし、むしろ無意識に嫉妬したりして悪意を向ける。(実際はその時点で「脇役」にもなることができない存在であることを分からないことが多い)

普通の人は他人が共感できるような見かけの誠実さと、本音の悪意を同時に持っていて、使い分けている (それが悪いわけじゃない。程度の問題なんだ)。誰かがいなくなっていきなり饒舌になって悪意を出し始める人、そういう人たち。それが普通だから、そうしないとうまく生きていけない。でもたぶんその見かけの誠実さの中で何か感じてそういうモノガタリに共感するんだろうけど。

その上で、よくわからないことがいくつかある。なんでドラマとか小説なんかで、そういう誠実さが報われるストーリーが多いのか。つまりおそらく「望まれている世界」がそういうものにも関わらず、なぜ現実はそうじゃないのか。モノガタリのヒーローはできるだけ全ての人を救おうとするのに、なんで現実では誰かを蹴落としてヒーローになろうとするのか。

ずっと昔からこういう (こういう?) 悪意ドリブンなシステムがこの世界で動いているからには、おそらくそうなるのが自然だった、ということなのだろうけど、その自然さってどっからくるんだろうって思う。どっかで変えられなかったんだろうか。これから変わっていくだろうか。何千年たっても変わらない気がする。むしろ今より悪意に満ちるんじゃないかとか漠然と思う。


というか、モノガタリでも未だに「俺が一番になる」とか「屈辱を晴らす」みたいな悪意ドリブンでネガティブな動機なのも腐るほどあるから、あーというか、そういうののほうが多いのかもしれない。っていうが多いのかな。多いからこんなシステムなのかな。いや逆だけど

  1. トップ
  2. life
  3. 誠実さが報われない世界
  1. トップ
  2. thinking
  3. 誠実さが報われない世界

一通り weblogin.rb でも実装してみたけど、アイコンとプロフィールぐらいはかけるようにならないと使えない。

hmac_sha1 って何だよとか思った。他の実装をみながら以下のように実装 (拡張性皆無)。

def hmac_sha1(key, str)
key = Digest::SHA1.digest(key) if key.length > 64
key << "\0" * (64 - key.length)
ipad = "\x36" * 64
opad = "\x5C" * 64
(key.size - 1).times do |i|
ipad[i] ^= key[i]
opad[i] ^= key[i]
end
sha1 = Digest::SHA1.new
sha1.update(ipad)
sha1.update(str)
str = sha1.digest
sha1 = Digest::SHA1.new
sha1.update(opad)
sha1.update(str)
sha1.hexdigest
end
  1. トップ
  2. web
  3. JugemKey

なかなか実装できない。いろいろ考えすぎかなぁ。頭悪いからなぁ……


今日考えたメモ


人間から見た無脳の楽しさ

「人間」はつまらないが、「無脳」が面白いということ。なぜか?

  • コンピュータだから (硬いイメージと、バカバカしい発言とのギャップ)
  • ランダム性 (人間でいえば「天然」であること。また、「天然」に対して悪意がないこと)
  • 悪意のなさ。利害の排除 (人間が関わっていないことそれそのもの)
  • 人間の子供に似ている
  • 新しい視点の提供 (空気が読めない副作用)

知能のトップダウン開発ではなく、面白い「無脳」の開発

逆に、つまらないこと

  • 意味不明な発言 (そもそも理解できないことはつまらない。文法)
  • キャラクタの無さ
  • 文脈のなさ (ある程度は許容される)
  • 空気の読めなさ (発言数など)

意味不明な発言の徹底排除がまず重要

  1. トップ
  2. ai
  3. 人工無脳

get_video_youtube.user.js

普通に /watch のアクション部分に Save Video のリンクをつけるのと、/results の画面のビデオ一覧からも直接ダウンロードできるように。ポップアップ許可しないとだめ。

  1. トップ
  2. js
  3. Youtube get_video, GreaseMonkey
  1. トップ
  2. gm
  3. Youtube get_video, GreaseMonkey

諦め悪いのはよくない。


いまいちやっていることがよくわからない。全部やりたくない。でもやってる。

  • ステレオタイプ
  • キャズム
  • 偏見
  • 悪意

真面目な話は本当につまらない。このバカをちょっと見てみろ 俺は楽しけりゃいいんだ 頭のいい人たちの話にはまじでついていけない。そしてロジック中毒者の、とにかく理由を求める「普通さ」が気持ち悪くて仕方ない。


ACIDMAN の「今、透明か」がすごくいい。綺麗だなぁ。でもこれ最近の曲じゃないんだよなぁ。やっぱ結構勘違いしていたみたいだ。

置いて来た白 身についた黒 それを包みこむ青 太陽はふと目を閉じた

なんか、頭の中で映像がチカチカ高速にきり変わっていって、世界の終わりの少し前の光の中にいる感じだ。

  1. トップ
  2. life
  3. 諦め・遊体離脱・ロジック中毒者
  1. トップ
  2. music
  3. 諦め・遊体離脱・ロジック中毒者

とかいう料理のレシピをデザインする課題なんだ。

母親に何かいいレシピはないかと尋ねたら「私が作るのは簡単なものだけだよ」と言われて、なるほどって思った。複雑なことを理解しようとするんじゃなくて、根本的に単純にしてしまっているようだ。


そして課題が進まない。眠い。すげぇ眠い。

  1. トップ
  2. life
  3. 複雑なものをデザインせよ
  1. トップ
  2. design
  3. 複雑なものをデザインせよ