よくある攻撃手法で、スルー力がない自分が最も嫌いなもの

> よくある攻撃手法で、スルー力がない自分が最も嫌いなもの

きめぇ文章だなw 日本語書けよw スルー力いいたいだけなんじゃねぇのっっw

とか引用して適当に書くやつ。こういうのを透明にする GM スクリプトを書こうと思ったけどうまく書けないので諦めた。


攻撃対象になった時点で負けである。負けを認めて引きこもって対象が変わるのを待つしかない。これがひたすら気持ち悪くて嫌いなのは、反論を許さないことにある。何言っても無駄にも関わらず、向こうは何を言っても、こちらがそれを読んでいる限り攻撃が有効だ。

回避方法はとにかく無視するしかない。脳内フィルタでうまく排除できないのなら機械的に排除するしかない。機械的に排除できない部分は (例えばコンピュータを介さないとか) 耳や目を塞ぎ、相手の手が及ばないところに逃げるしかない。


コメント欄があるブログなら、匿名で「きもいですね」と書いたら十分だ。コメント欄は性質的に SBS より無視しにくいので攻撃するにはうってつけ。バナナフィッシュに

少し前まで、書きたい事がたくさんあったけれど、最近はなんだか減ってきてしまった。そもそも自分の「書きたい欲求」は「不満」からくるものであったか、何かに対する言い訳だったと思うのだけれど、最近そういうのが減ってきたのかもしれない。諦めが良くなったのか、それとも本当に減ってきたのかはわからない。

それと、こうやって詳しく誰かに何かを伝えようとする、みたいなことがだんだん意味があることなのかよくわからなくなってきている。結局どんな言葉であっても、伝わらないものは伝わらない。ついでに言えば、最も伝えたい人には殆ど伝わらない。

だいたい自分が不満に思うのは、前提/思考レイヤーが違う人たちに対してなので、そもそも話が通じないのだ。だからそういう人たちに何かを言って伝えようとしたって、伝わらなくてみじめな思いをするだけだ。結局自分に何か嬉しいことがない。

何か嬉しいことや、楽しいことがしたいと思う。それはまずはじめに自分のためであって、誰かにためじゃない。ただし、その自分が楽しくなるための過程で、他人が楽しくないといけないならば、それを実行したいと思っている。最終的な目的を見失わないようにしたいし、変な言い訳をしないようにしたい。

いつまでたっても「したい」とかそういうのばっかりだ、なぁ。

前より少しいいのは、「なりたくない人」だけじゃなくて、「なりたい人」みたいなのが少しずつ見えてきていることかもしれない。漠然とじゃなくて、いろんな人から、自分がいいと思う部分をかき集めた感じの何かがなんとなくあったりする。

前より悪いのは、また構築したものがベリベリとはがれ落ちている感じがすること。いつだったか、球体の穴を埋めて行くとかなんとか書いたけれど、あれがまた元に戻っている。もしこれが他人に対して「オープンになる」という感覚だったとしたら、自分は一生クローズでありたいと思う。地に足がついている気がしない。落ち着かない。いやしかし単に読書不足かもしれない。最近ラノベぐらいしか読んでない。


学校がちょっと本当に楽しくないので、やめることを一応半分本気で考えているけれど、今のままでは無理なので、どっちにしろやめられないという結論はでてる。ただ今のまま学校をつづけても、そして今のまま学校をやめてもほぼ確実に後悔するだろうと思う。学校を今のまま続けたら、数年後に「あれは時間の無駄だった」と思うだろうし、今学校をやめれば「学校を出ておけばよかった」と思うだろう。

で、どっちもだめなのだから、ここは変えるべきポイントじゃないんだと考えることにする。いや、今そう考えることにした。タイピングしながら考えている。HHKB 素晴らしい。関係ない。

さてじゃあ何を変えるべき? 自分が今不満なのは何? やる気が出ないのはなぜ?

とか考えてみるけど現実的な解がいまいち見つからない。とりあえず可愛い女の子といちゃいちゃしたい。そんな子がいて、例えば冬の日に「寒いね」って言うその子の口からでる霧が綺麗で、逆光の中で髪が輝いてて、僕は眼を細めて、「ああ、幸せだなぁ」なんて思いたいんだよ。そんな夢を壊さないで!

学校の何がつまらないんだろう。一通り考えたけど、結局「学校だから」つまらない気もする。例えば学校が「校内全て禁煙」で「全てのトイレが綺麗」で「クソくだらない講義をする教授」がいなくて「svn, svk するために ssh -D しない」でよかったら楽しいかっていったら楽しくない気がする。

というかクソ講義をする教授は論外だとしても、自分が一番なんかひっかかるのは、学生のほうだと思う。しかし自分自身学生であるから、他の学生について書くのは難しいし、だいたいは人の事を言えないのがアレすぎる。ベンチとか出入り口とかで偉そうにタバコ吸って粋がっている学生とかはほんとに死んで欲しい(灰皿があるのがそもそも間違っているとは思うけど)。最低限考えられている暗黙のクオリティをすっ飛ばしてるとか、そのくせ効果を言わずに意見だけいうとか。


はいはい人の事言えない。

何にしても、結局いろんなことは全部自分に帰ってくるんだよなぁ。だから自分がちゃんとしないといけない。ちゃんとするの難しい。誰だってそうだ。考えよう。

他人のことが不満なら、自分で全てやってしまうしかない。自分でやれば解決する。


もう、いいや。

寝まくってたらまた学校関連の夢を見た。

  • 大学のようだ(みんな私服/いつも五月蝿い)
  • 9階建ての建物がある。一番上に広い講義室がある。
  • その講義室で変な講義
  • グループワーク内の一人のやつがお茶をもってくる。しかし既にある。
  • そろそろやばくね。とかいう話をする
  • 解散する
  • よくわからん教授と話す。よくわからん話をする。
  • 階段を下りたりなにかしたりする。覚えてない
  • いつの間にか数名で行動している。
  • 大学の裏手のちょっと日陰になっているところを散策する
  • フェンスで囲まれたところに少年がいる
  • 幽霊らしい
  • 一緒に歩いてた年上の人が反応する。
  • 少年が近づいてくる
  • その岩は大事だから踏まないように とかいう
  • 岩の影に赤くて細長いラッパ状の花が咲いている。
  • プリンがどう とかいう
  • よく聞き取れなくて「プリン?」と聞き返すと「プリンじゃねぇよ」と言われる。
  • 答えを聴こうとしたところで昼食のため強制起床される。