スパイスとふりかけが入ったふくろがあるけど、キザキザのはいっている位置が違うことがある。いっきに二つともあけられる方向のほうがアタリだと思う。

窓からはいってくる風の匂いが素敵すぎる

  • サボッター
  • ヤボッター

学校がつまらないと、書きたいことが多くなる。良いことだろうか。良いことだということにしよう。つまらないことも役に立つことがあるんだろう。それでも、できるだけ、つまらないことはやらないで生きなければならない。

今だに、

表現を考えるのを忘れてたようだ。だめだめだなぁ。
綺麗なものを忘れている気がする。心を穏やかに、日々の善行を考えよう。日々の善行って、意識して実践したことないやそういえば

論理学の講義がいまだに記号の説明だったので寝てしまったのだけれど、途中でおきると、小さい音でらきすたのアレが聞こえてきて、後ろのヲタっぽい人たちがニヤニヤしているのを見た。PC の音量を確認したけどミュートになっていたし、ヘッドフォンも頭につけない限りミュートになっているので俺じゃないはずだ。


とかやってまた寝たりしたのだけれど、どうやら講義がおわってみると、それは夢だったらしかった。その講義でおれはそもそもPCを開いていなかったし、後ろの席にすわっていた人たちは別にヲタじゃなかった。さらに、おきる直前に黒板を見たときは、小さな文字でいろいろごちゃごちゃと書いていたのに、起きたあとに黒板をみてみると、文字が大きく、みやすかった。そういえばあの先生はわりと読みやすくかくよなぁと思ったので、起きる直前に見た黒板も夢だったらしい。夢と現実が混ざりすぎて混乱した。

レポートを書いているときは、なんかすごく嫌なことを考えていると思う。「まあこんなものでいいだろう」みたいな。

ウェブサイト作成とかだと「こんなもの」の基準が少し違う。どうしてもやらないといけないことが課題と別にある。

レポートを書いて、それが既存の知識とか応用にリンクしない。だからつまらない。

ユングのアレみたいな考えかただと、自分たちは既に繋がりあっているはずだけれど、そういう無意識方向に掘り下げていくのではなく、自分たちが作りだしたもの(例えばインターネット)を使って高レベルに繋がろうとしているのは、なんだか無駄な気がして面白い。