「おれ……はてなさんのこと……好きだ」
「え…………」

少し前夢で見た好きな娘も、時間が経てば顔や、雰囲気も忘れてしまうものだ。残るのは、明確に文字に起こせる所謂属性のようなものだ。かなしい。

おれは言語によって思考が制限されるとは考えていない。これは高校のときに結論を出してから変わっていない。結論を出したのは改装工事中の小田急成城学園前駅の改札 (当時は片方しか改札がなかった) を入り、階段を降りていく途中だった。

さらに言えば、このことは人間が想像できるもので創造できないものはないというのと繋り、最終的には、人間ごっこに繋る。僕らが生きているのは想像の世界であって、それに感覚がついてきている。感覚は想像によって創造されている。御互いの影響、関係は無意識下で機械的に行なわれる。ある意味ではプログラム済みだ。メモリエラー (突然変異) が起きないかぎり (パリティチェックとエラー訂正がついていたらそれも起きないだろう)、定められたアルゴリズムで伝播がされ、未来へ動いていく。しかしながらその次元での影響は僕らが感じている時間に因っているわけではない。僕らの時間もまた、僕らが想像し、感じとっている要素の一つであり、その無意識下の影響の進みとは違う。

僕らは僕らが想像する「人間像」によって制限されている。所詮ゲームにも関らず、昔に誰かが必死wwwになったせいで、まきこまれ、人間ごっこ (=人間であることを演じること) をせざるを得なくなった。しかも長い時間をかけてそれがあたりまえになり、現代の人々、すなわち僕らは人間ごっこをしていることに気付けず、やめる方法を忘れている。

僕らは今、どちらかと言えば感じている所謂「現実」ないし「物質」をより重要視している。けれどもちろんそれは本来間違いである。僕らが想像した「人間」なるものがそういう世界で生きるゲームをしているだけで、本来そういったものはそのゲームを制限する要素でしかないからだ。ゲームマスターはなんでもできてつまらないから、ある程度制限を設けてその中でゲームをしているわけだ。僕らがストーリーを考え、想像し、設定によって制限するとき、そこには僕らのような存在ができる。同じように、僕らはメタ世界の住人によって作りだされている (この表現は適切ではない、そのメタ世界の住人と僕らは同じ存在だからだ)。

君がこの文章を読むとして、読めるとするなら、この文章を書いて、ここでの「僕ら」を想像したものがどこかにいる。そして君がこの文章を読んだときに想像する「僕ら」がまた生まれ、君はメタ世界の住人として彼らに想像される。僕らは君と同じだが、他人の想像した僕らとは違う。

歌ってみた系とか好きだけどなぁ。ああいうのは嫌いな人ってニコニコで何見てるんだろ。

法律に疑問を抱かない人っていっぱいいるんだなぁ。現状の法律に疑問を持たなければ、良い方向への改善なんてするわけない。法によって罪が作られる国なのだから、罪人がたくさん出る法はおかしい。そこにひずみがある証しなのだから、そのもとを正さず表向きに法律だけ変えてもしかたない。罪人をつかまえまくってもしかたない。

議員は目の前の利益しか考えず、バカな法律を作って、法の信頼度を下げていってしまう。国民が「もう法律は信用できない」といって、法治国家が壊れていくのが一番怖い。今声がでかい古い人たちが勝つならば、考えているより早くそういう自体が起こるかもしれない。そういう人達がみんな死ぬのが先なのか、だめになるのが先なのか。

そういえば一昨日?届いた。なんか一日過ぎるのがはやすぎる……まじこまる。
見返しにかぶってるジャケットに描いてあるはてなちゃん (背表紙もおなじ) がてかてかきらきらでなんかぐっときた。

id で掲載の人は id: がついてるとよかったなぁ (一律敬称略だから敬称 (謎) である id: はつけられない説)。最後の id 一覧で「見たことある人いねぇがなぁ」ってのはやっぱやる。

P.23, P.92, P.103

それはともかくこれからはパーカーの季節ではないですか。外出ないけど楽しみだ。

やっぱり秋が一番好きな季節だと感じる。夏がはじまるときの不安や、もやもやしたのがやわらいで、涼しい風に溶けていくみたいな。窓から入ってくる風とか、雲りだったり晴れだったりの移り変わりが早くて、急がしい。窓は開けすぎると寒く、締め切ると暑く、カーテンで調節したりする。毛布をかぶるのが気持ち良くなったり、温かい飲み物を自然に飲みたくなる。雨が降るごとに冬になっていく。充実から無実へ変化していく、そして充実を求めようとする切ない感じ、そういうのが好きすぎる。

ってすきだな。でもミステリはあんまり好きじゃない。
ああいうの実際書こうとするとむずいよなぁ……中途半端だとトリックに気付かないし (ミスリードを正しいと思ってよんで「意味不明」って感想になる)、あからさまだと前もってトリックっぽいなとか思ってしまうし、読者のレベル (どんだけ深く読もうとしてくれるか) みたいなのをちゃんと計れないと書けないだろうなぁ……気付かない方向に倒しておくのが安全なのかなぁ。

やっぱバーガーのミナソコは神がかりすぎている……これは別格だなぁ。再生数自体は Last.fm で確認してみるとトップではない (アコースティックバージョンとあわせたらトップではある) んだけど、印象度では抜きんでてる……
作業しててもミナソコかかると情景が浮かぶから、作業しながらこれを聞くってのはあんまりできない。相当集中していないと、ミナソコの世界に引き込まれる。鮮明に情景が浮かぶ。

愛だとか哀だとかは直接ごちゃごちゃ言うようなものではないと感じる (悪くはないんだ、でも) 何かを鮮明に描写することを通してみるのが好きだ。


なんでこういうバンドのCDが買えなくなってしまうんだろう。今の流通は腐っているにもほどがある。

おっとり娘 さわやか青年
体育会系女子 むさい男
切なげガール 思い出ボーイ
無表情ガール/ボーイ

d2.hatena.ne.jp でコメント記法が見れたらどうしようかと思ったけど、普通にちゃんと見れなくて安心した(謎)

ログインしてないユーザが見ようとすると必ず 502 吐くのが気になる。編集ボタンは有効じゃないなら表示しないほうがびびらなくていいなぁ


セクションタイトルってどうやって編集するんだろ

なんか嫌な感じの夢を見た。内容がよくおもいだせない……車と、家と、クモがでてきた。なんか誰かが特別な才能を持ってて、それが悪い方向に作用している。

fotologue の写真は空の写真ばっかなイメージ (観測範囲狭い)