なんか想像以上によかった。ちょっとおかしいぐらい好きなことに打ち込んでる感がやっぱすばらしい。分野の違い、みたいな、うまくいえないけど、そういうのを感じた。なんとなく梅田もちおを想起した。

おれは、どうも、中身より、API のデザインのほうが気になるみたいだ。中身はもちろん、すごくおもしろいけど、中身がどうよくても、API がよくなければ使えない。そのうえで、中身、と、それと API をふくめた哲学が一体となって、美しいライブラリ/フレームワークになるんだなぁ。

これは別に比喩でもなんでもなくて、他のことに言いかえると意味が剥れてしまうようだ。中身より外見のほうが気になるってのはちがうし


そして、頭がわるいこともあって、できるだけシンプルなデータ構造と、できるだけシンプルな動作がすきだ。だから、そのために多少の高速性が犠牲になっても、べつにいいと思ってる。そうもいかないこともかなり多いけど、やっぱりそういうところをいじろうとすると、戸惑う。むずかしい。高速性より、理解のしやすさ、読みやすさ、がおれのなかでは、かなり優先順位が高い。綺麗なソースがすきだ。どうしてもそうだ。

もっとあたまがよければ、もっとよくいきれたのになぁ……

生姜の匂いを「冬を感じる優しいかおり」と表現しているのを見てなんかぐっときた。

3部作の完結のフルアルバムがでた。数日聴きこんでみたけど、「Groria Street から愛を込めて#3 」(原文ママ) が素晴らしい。「ただ生きるよりルール」

「Apple star storyS」 はヘッドフォンで聴くと面白い。ライブ音源もいいけどこれも好き。Most beautiful in the world にはASの歌詞がついてなくて、聴きとってテキストにしといたのだけど、何いってのかよくわかんなくてなんとなくで書いたりしたところがあった。でも答えあわせをしたら割とあってた (鍵カッコつけた部分まであってて笑った)。(「星空」を「この空」とまちがえてた (シャウトしててききとれない)。「たまにわからなくなるけど」を「たまにわからなくなるねと」とまちがえてた (なんで間違えたのかわからないけどw))

「そして列車は行く」はなんか長い部分を見ていろいろカッコいい。うまくいえない。曲としてめっちゃカッコいいのもそうだし、「今 拍手喝采とか涙よりもっと」とか、いちいちかっこいい。

「記憶と記録」は四人のゴブリン大いに踊るに収録されていた「微笑とメロディー」のリアレンジなんだけど、このアレンジがなんか想像の斜め上をいきまくってておもしろい。

でもって「黄金の鐘」なんだけど、最初の歌詞から大分歌詞が変わってて残念なところがあったりするけど、聴いてるとどうでもよくなってきた。これはたぶん聴きこむともっとじわじわきそうだなぁ。

ツインドラムがかっこいいからライブでききたいなぁ……

the GOLDENBELLCITY