こういう雰囲気の女の子はいいですね。(トゲがどうとかという話ではなく、全体的な雰囲気として)

  1. トップ
  2. photo

やっぱ黒を背景にするのと白を背景にするのとでは写真の雰囲気が全然違うよなぁ。

なんであの人は、あんな浮かれているというか、言い捨て的というか、もっといえば、つまらないんだろう。ああいうのに不快感を覚えるということは、自分の中にもまた、そういう可能性があるということだから、気をつけないといけない……

はてグにはトラックバック拒否ユーザの設定がないのよね

おれ……これががもしうまくいったら……ヘッドフォンのコード買うんだ……

ねむい。でもねむい、とだけ書くような日記になんの価値があるのだろうか。それでも、ねむい、とだけ書いて寝たい気分だった。途中でそれになんの価値があるのかを考えたくなった。でもやめた。ねむいからだ。

Ruby を中途半端に感じるのは、Ruby がいろんな言語のいいとこどりをしてバランスをたもとうとしてるからで、嫌な人は嫌なんだと思う。極端な感じの人はたぶんあわない。

これ使っとけばマジカンペキー、なんていう言語は全然ないと思うけど、Ruby みたいに、いろんな言語からいろいろとりいれている言語をメインにすると、他の言語を学ぶときのハードルが低くなる。オブジェクト指向言語を学ぶときも、関数指向の言語を学ぶときも、「Ruby では……」を考えると良さが見えてくる (共通しているならそこは重要だってことが想像つく)。

僕にとっては Ruby はそれ自体がプログラミングの先生だ。雑誌の記事をいくらよんでもよさを実感できなかったオブジェクト指向を教えてくれたし、高階関数のエッセンスも教えてくれた。そういう機能を、コードを綺麗に書こうとしようとするだけで、自然と使わざるを得ないような感じになっているのがいいんだと思う。