やーほんと、いいモノをみると、素で泣けてくる

mabinogi の初期チュートリアルクエストってよくできていて、実際のシステムとちゃんと連動していろいろ嬉しいことがある (結構長くて、慣れてないと3日ぐらいかかりそうな内容、慣れれば1日で十分、っていう適切なバランス) んだけど、ああいうのってなんでネットサービスにあんまないんだろうなぁと思う。mabinogi に限らず、ネトゲはだいたい割と複雑なシステム上で、割とアレなユーザがたくさんいる、みたいな構成だから、チュートリアルが結構まともになってることが多い。

もっと徐々にできることが増える、っていうスキームができててもいいのになぁ。例えば、nowa のノワエンとか、それ自体には何も意味ないけど、なんかして増えると嬉しいし、あとシャウトとかで消費できるとか、おもしろい。でもそれ自体が何なのかわからない。チュートリアルがない。例えばはてなダイアリー市民の30日書き続ければキーワード編集権限、みたいなのを、もっと細かくして、カスタマイズ項目が分離されててもいいよなぁ。1エントリ書けば簡単デザインが変えられて、7日書けば CSS いじれて、みたいな。それ最初っからカスタマイズすればできるよ、とか、意味がない。ユーザがその存在しれないと意味がない。

背景を #000 普通のテキストの色を #ccc ぐらいにして、キーワードを #fff にするとキラキラした感じがしていいなぁ。

下書き機能まじ便利だなぁ。日付指定で公開できたらいいなぁ。日付指定できたら、微妙な日記は、書くだけ書いて下書きに保存しておいて、一ヶ月ぐらい経ったら公開する、みたいなのができる。

おれがなー女の子だったらなー 「あのポスター素敵ですね! もしまだ余っているようでしたら頂けませんか?」とか電話ってもキモがられないのになー

おれがなー女の子だったらなー 「あ、すごい素敵な笑顔ですね!」とかいいながら写真ってもキモがられないのになー

なにごとにもいい面とわるい面があるはずなので、もっといまの環境のメリットをかんがえよう

なんていうか、あることをしたことで、これから先一生できなくなることがある、みたいなことで躊躇が発生するけれど、そもそも生まれたときから、一生できないことなんて山ほどあるから、可能性を狭めることも、そんなに恐れてもしかたないのだと思った。もちろん無闇に狭めてもしかたがないけれど、無闇に広げてもしかたがないのだ。人生は有限だ。いつかは終わる。

何かしらの良くない流れを切るために、いつもぼくは日記を使うのだ。日記を繋げようとすれば、いつでもこのストリームに戻ってこれる。冷静な不安の日々を続けよ。

[asin:4775512153:image]

これはwww 欲しい。いつのまに三次元にまで……