例えば本とかは完成済みなので変化しないものだ。特に作者が死んでいる作品は全く変化しない (作者が生きてると本人よる後追いの解釈が行われたりするのでよくない)。変化しないものの重要な役割は、時間を置いて触れることで、自分や環境の変化を知ることができるというところにあると思う。再読が大切だと思うのはこういうところです。

「ブログ」みたいな殆ど要件が決まっているものも、不変性があるのでおもしろい。定期的にブログシステムを書くのも本における再読と同じ効果があっていいと思った。

今時の唄にも「変わらないもの」をテーマにしたものがあるが、ああいうのを見ると「岩」や「山」に神性を見い出していた古代の人々の気持ちもわからないでもない気がする。(僕はよくわかってない)

画面の向こうに人がいることはどういうことで伝わるんだろうなあ

火曜日、血便関係で内科にいった。症状は改善していたので詳しい追加の検査はせず、ひとまず現在の処方で様子見になった。2週間分の薬 (漢方の先生なので漢方) が4000円ぐらいになって、手持ちのお金がなかったのでコンビニに走ったりした。

水曜日、歯医者通院。左側つめてもらい、予約のキャンセルがでたとかで右下も続けて治療になった。4000円ぐらいの治療費。

医療費が2ヶ月連続で多めになってる。節制しないといけない……アマゾンさん……