BUFFALO 無線LAN子機 コンパクトモデル 11n技術・11g/b対応 WLI-UC-GNM -

2.0 / 5.0

WLI-UC-GNM を使ってたんだけど、24時間つけっぱなしのサーバみたいな用途だと、過熱しすぎて止まってしまうことが多々あり、ぶっちゃけ使いもんにならんよ! という感じだった。つけっぱにしないなら使えるんだけど……

ので、GW-USNANO2A を買ってみた。

PLANEX 無線LAN子機 (USBアダプター型) 11n/g/b 150Mbps MacOS X10.10対応 GW-USNANO2A (FFP) -

3.0 / 5.0

が、めちゃくちゃ接続が切れまくる。

ping を打ち続ければ大丈夫なので、またパワーマネジメント系の問題か…と思ったが、iwconfig の結果は Power Management:off となっており、よくわからなかった。

調べてみると、このドライバに関してはカーネルモジュールに対するオプションによってパワーマネジメントを決めるらしい……

現在の状態は sysfs を通し

$ cat /sys/module/8192cu/parameters/rtw_power_mgnt 
1

で確認できる。1 だとパワーマネジメントが効いている。

$ sudo su
# echo 'options 8192cu rtw_power_mgnt=0' > /etc/modprobe.d/8192cu.conf
# reboot

すると、パワーマネジメントを切って起動させることができる。

$ cat /sys/module/8192cu/parameters/rtw_power_mgnt 
0

これで切れることがなくなった。

  1. トップ
  2. tech
  3. RaspberyPi 用の WiFi アダプタ探し。または GW-USNANO2A が切れまくるのをなおす
▲ この日のエントリ