ちょっと前に掘った

SketchUp と、歯車描画プラグインで書いて SkechUCam で gcode にしたけど、ぴったりサイズにしたらハメるのが硬すぎて厳しかった。細かい凹部はエンドミルでは削れないというのもありそう。

歯車描画プラグインは、ものによって SketchUCam と相性が悪くて使えなかったりする…… 機能がすくなそうなやつのほうがうまくいくっぽい。

  1. トップ
  2. tech
  3. CNC フライスで遊星歯車装置を掘った

複数シャンク径を使いわけたい場合、都度コレットを交換する必要がある。ググってみてもいまいち正しいやりかたが出てこなくて歯痒いが、以下のようにすると交換できる。

コレットナットを軸からはずす

普通に緩めて外すだけ

ナットからコレットを外す

コレットをちょっと押してみると、ナットの位置によって傾むくほうと傾かないがあることがわかる。

傾むくほうを下にして、そのまま下に少し強めに押すと外れる

傾かない状態

傾いた状態

ナットにコレットをつける

ナットの内側をよくみると、コレットの溝にはまるようにリングがついていることがわかる。そしてそのリングが一方が深く、一方が浅いようになっている (偏心している)

なので、深いほうを先に入れ、浅いほうに向けてコレットを押しこむとつけられる。

ナットを軸につける

普通に締めるだけ

いちいちナットにコレット脱着するのが面倒だ!!

ナットだけ追加で買って、1コレット1ナットをセットにしてしまうのが早い。これなら、緩めて別のナットをつけるだけですむ。

  1. トップ
  2. tech
  3. ER11 コレットの交換方法