続きをかきました [tech] Quick Charge 2.0 電源から 9V をとる (任意の電圧をとる) | Mon, Dec 14. 2015 - 氾濫原

仕様はちょっと前に調べて、先日対応バッテリーがきたので試してみました。

[Qualcomm認証済み]Aukey モバイルバッテリー 大容量 10400mAh スマホ充電器 [Quick Charge 2.0対応] 急速充電可能 (シルバー)PB-T1 -

3.0 / 5.0

回路図

12V を出す場合必要なのは D+ 0.6V / D- 0.6V なので、非常に簡単な構成。

VBUS には QC時に 5V〜12V の電圧がかかる。直接 Arduino の VIN に繋いでいるが、Arduino 側で 5V レギュレータが入っているので問題ない (ref. https://www.arduino.cc/en/uploads/Main/ArduinoNano30Schematic.pdf )。当然 5V ピンに直接繋いではならない (燃える)

コード

#include <Arduino.h>
#include <avr/sleep.h>

const int D_PLUS  = 11;
const int D_MINUS = 12;

/**
 * Arduino nano has 5V regulated power, so required voltages are generated with:
 * 3.3V: 4.7kΩ / 9.1kΩ
 * 0.6V: 1.1kΩ / 150Ω
 *
 */

void setup() {
	// wait until stable connection
	delay(1000);

	// reset line
	pinMode(D_PLUS, OUTPUT);
	pinMode(D_MINUS, OUTPUT);
	digitalWrite(D_PLUS, LOW);
	digitalWrite(D_MINUS, LOW);
	delay(100);

	// D+ and D- to 0.6V for 1.25s
	digitalWrite(D_PLUS, HIGH);
	digitalWrite(D_MINUS, HIGH);
	delay(1500);

	// D- to 0V for 1ms
	digitalWrite(D_MINUS, LOW);
	delay(2);

	// Set voltage
	digitalWrite(D_MINUS, HIGH);

	set_sleep_mode(SLEEP_MODE_PWR_DOWN);
	sleep_mode();
}

void loop() {
}

結果

12V とれたよ〜 (赤が VBUS、黄は D-)

備考

9V に対応する場合 D+ を途中から 0.6V -> 3.3V とする必要があるので、もう少し回路とコードが必要。

  1. トップ
  2. tech
  3. Quick Charge 2.0 電源から 12V とる
▲ この日のエントリ