ティファール 電気ケトル 「ジャスティン プラス」 シンプルモデル サーブル 1.2L KO340177 -

3.0 / 5.0

これの古いモデルをずっと(7年ぐらい)つかっていたが、底のステンレス部分が緑色に錆びのようなものができていて、さすがにどうかと思ったので買い替えた。

緑色の何かの正体はよくわからず。こすっても落ちないし使用頻度が高いのでカビではないと思うが、クエン酸を入れて沸かしてもとれなかった。

ティファール 電気ケトル 「アプレシア プラス」 コンパクトモデル メタリックノワール 0.8L BI805D70 -

3.0 / 5.0

これにした。沸かせる量が減ったが、1.2L 沸かすことがまずなかったように思えるので小さいモデルに。外装がプラスチックのものは嫌だったのでステンレスのものにした。燃費を上げるためか全体を金属にしたものはないみたいだった。

電気ケトルの電気料金

メーカーのページを見てみると、同じメーカーのほぼ同じモデルでも微妙に電気料金が違く書かれている。

例えば、アプレシアプラス(プラスチックモデル)では約0.44円/カップ1杯と書いてあるが、アプレシアプラスメタリックでは約0.50円/カップ1杯となっている。といっても、この差だと365回沸かしてようやく約22円程度の差なので誤差ではありそう。

なお、このメーカーの場合だとスペック上で最も燃費が悪いもので約0.56円/カップ1杯、最も良いもので約0.44円/カップ1杯と、0.12円の差がある。

▲ この日のエントリ