前提知識:レスポンシブ広告といっても、既定の広告サイズからコンテナサイズによって選ばれて表示されるだけで、広告そのもののサイズは固定です。

そのまま使うと、広告がロードされた時にページの高さの再計算が入って、コンテンツがガタガタと動いて大層鬱陶しいです。とりあえず便利そうだから貼ってみると、この挙動でギョギョっとします。

しかし、レスポンシブ広告はCSSで設定する width/height によって正確に対応する広告サイズを入れることができ、この場合は高さが固定になるのでガタガタしません。CSSなのでメディアクエリでサイズを変えられ、レスポンシブサイトと大変相性が良いです。

公式のドキュメントに詳細な設定方法が書いてあります。といっても width/height をコンテナに設定しているだけです。

既にサイトがメディアクエリによってレスポンシブになっているなら、レスポンシブ広告にした場合、広告サイズもCSSで指定するだけでよくなってます。

余談:Adsense の広告コードの修正・改変

「広告コードには一切の変更が認められない」みたいなことが過去に書いてあったような記憶があるんですが (記憶違いかも)、現状では上記の通り、改変が認められるケースがあり、悪意をもってやるようなことじゃなければだいたい大丈夫そうな雰囲気があります。

  1. トップ
  2. tech
  3. Adsense のレスポンシブ広告の正しい使いかた

ティファール 電気ケトル 「ジャスティン プラス」 シンプルモデル サーブル 1.2L KO340177 -

3.0 / 5.0

これの古いモデルをずっと(7年ぐらい)つかっていたが、底のステンレス部分が緑色に錆びのようなものができていて、さすがにどうかと思ったので買い替えた。

緑色の何かの正体はよくわからず。こすっても落ちないし使用頻度が高いのでカビではないと思うが、クエン酸を入れて沸かしてもとれなかった。

ティファール 電気ケトル 「アプレシア プラス」 コンパクトモデル メタリックノワール 0.8L BI805D70 -

3.0 / 5.0

これにした。沸かせる量が減ったが、1.2L 沸かすことがまずなかったように思えるので小さいモデルに。外装がプラスチックのものは嫌だったのでステンレスのものにした。燃費を上げるためか全体を金属にしたものはないみたいだった。

電気ケトルの電気料金

メーカーのページを見てみると、同じメーカーのほぼ同じモデルでも微妙に電気料金が違く書かれている。

例えば、アプレシアプラス(プラスチックモデル)では約0.44円/カップ1杯と書いてあるが、アプレシアプラスメタリックでは約0.50円/カップ1杯となっている。といっても、この差だと365回沸かしてようやく約22円程度の差なので誤差ではありそう。

なお、このメーカーの場合だとスペック上で最も燃費が悪いもので約0.56円/カップ1杯、最も良いもので約0.44円/カップ1杯と、0.12円の差がある。