PCB上にピンヘッダ(未実装)がある。

  • SWDIO
  • SWCLK
  • GND
  • NRST
  • VCC (使わない)

SWD (Serial Wire Debug) 用のもの。ここに ST-Link を繋ぐ。ST-Link といっても中華 ST-Link だけど、こういう感じになる。

VCC 以外を接続する。VCCは普通に電源をオンにして供給する。

事前条件

普通に make して build できる環境にしておく。arm-none-eabi-gcc が入っていればよい。

open-ocd は brew で入るデフォルトではなく、head を入れる必要がある。なぜか texinfo が要求されて死んだので前もって入れたほうがよさそう。

brew install texinfo
brew install open-ocd --HEAD

VSCode

普段は vim を使っているが、CUI デバッガは個人的にはつらいので、こういうときは VSCode を使う。

VSCode を入れたのち Cortex-Debug extension を入れて使う。VSCode を開いて、Extensions から検索して Install するのが最速。

tasks.jsonを書く

make を呼ぶようにしておく

{
    "tasks": [
        {
            "type": "shell",
            "label": "build",
            "command": "make",
            "args": [
            ],
            "options": {
                "cwd": "${workspaceRoot}"
            }
        }
    ],
    "version": "2.0.0"
}

launch.json を書く

stlink を使って stm32f0x をデバッグするので以下のようにする。また、デバッグ前に build するようにする。

{
    "version": "0.2.0",
    "configurations": [
        {
            "type": "cortex-debug",
            "servertype": "openocd",
            "request": "launch",
            "name": "OpenOCD-Debug",
            "executable": "build/ch.elf",
            "configFiles": [
                "interface/stlink.cfg",
                "target/stm32f0x.cfg"
            ],
            "cwd": "${workspaceRoot}",
            "preLaunchTask": "build",
        }
    ]
}

デバッグ開始する

Debug を開いて Start Debugging (F5) をする。ビルドしたのち、しばらくする (デバイス側にビルドしたファームが転送される) とデバイス側の画面は白くなり、リセットハンドラでブレークするので、適当な場所にブレークポイントを置いて resume する。

備考

OpenOCD の cfg の場所

/usr/local/share/openocd/scripts/

にある。結構 deprecated になっているものも置いたままだったりする。stlink.cfg は ST-Link のバージョンに関係なく共通で使えるものになっている。

リソース

ref

  1. トップ
  2. tech
  3. NanoVNA を VSCode + ST-Link + OpenOCD でオンチップデバッグ
▲ この日のエントリ