Capacitor をつかって NanoVNA-Web-Client を Android アプリ化してみた。

あんまりハマりどころはなかったのでそれほど書くことはないけど、いくつかメモ。

node_modules

アプリサイズを減らすためにできるだけリソースを減らす必要がある。node_modules 以下を雑に入れると数十MBになってしまうので、気をつける。

Web 版のリソースを完全にそのまま入れるより、必要なリソースだけをコピーするようなビルドスクリプトを書いたほうが良さそう。今回は Makefile でなんとかした。

splash 画像の生成自動化

Ionic のブログに Photoshop template があるので、これを利用させてもらう。

が、ブログの通り cordova-res を使うとうまくいかなかったので、Makefile と ImageMagick でなんとかした。

res:
	convert images/splash.png -gravity center -resize 480x320^ -extent 480x320 ./android/app/src/main/res/drawable/splash.png
	convert images/splash.png -gravity center -resize 800x480^ -extent 800x480 ./android/app/src/main/res/drawable-land-hdpi/splash.png
	convert images/splash.png -gravity center -resize 480x320^ -extent 480x320 ./android/app/src/main/res/drawable-land-mdpi/splash.png
	convert images/splash.png -gravity center -resize 1280x720^ -extent 1280x720 ./android/app/src/main/res/drawable-land-xhdpi/splash.png
	convert images/splash.png -gravity center -resize 1600x960^ -extent 1600x960 ./android/app/src/main/res/drawable-land-xxhdpi/splash.png
	convert images/splash.png -gravity center -resize 1920x1280^ -extent 1920x1280 ./android/app/src/main/res/drawable-land-xxxhdpi/splash.png
	convert images/splash.png -gravity center -resize 480x800^ -extent 480x800 ./android/app/src/main/res/drawable-port-hdpi/splash.png
	convert images/splash.png -gravity center -resize 320x480^ -extent 320x480 ./android/app/src/main/res/drawable-port-mdpi/splash.png
	convert images/splash.png -gravity center -resize 720x1280^ -extent 720x1280 ./android/app/src/main/res/drawable-port-xhdpi/splash.png
	convert images/splash.png -gravity center -resize 960x1600^ -extent 960x1600 ./android/app/src/main/res/drawable-port-xxhdpi/splash.png
	convert images/splash.png -gravity center -resize 1280x1920^ -extent 1280x1920 ./android/app/src/main/res/drawable-port-xxxhdpi/splash.png
	optipng $(wildcard ./android/app/src/main/res/*/splash.png)

Play Store のメモ

リリースしたことある気がしていたが、よく考えたら前職で数回やっただけなので個人のアカウントではやったことがなかった。いろいろストアの使い勝手が変わっていた。

  • 初回の審査は結構時間がかかる。一週間ぐらい? 更新の審査は割とすぐ。
  • 要求される画像がいっぱいあってだるい。全部埋めないとベータ版すらリリースできない
  • adb という仕組みができていた。(端末にあわせて必要なリソースだけを含む apk を自動生成する)

無料アプリの開発者視点からすると、別に Play Store に出すメリットはぜんぜんない。他の端末にさくっと入れたいときに便利かな、と思う。けど、それも普通にウェブサイト経由で .apk ダウンロードして入れればいいだけなので、それほど致命的に面倒くさいわけではない。まぁ Play Store のショバ代は初回に $25 なので Apple (毎年$99もとる) よりは格段に優しいといえる。

  1. トップ
  2. tech
  3. NanoVNA WebApp の Android アプリ化
▲ この日のエントリ