なんとなく RDF が解ってきていい感じ。オブジェクト指向って感じですか。って言ってもオブジェクト指向をちゃんと理解してるわけじゃなくて、Ruby のクラスとかに当てはめてみたりしたら、こんな感じじゃね?っていうのが思いつくだけだけど。

  1. トップ
  2. web
  3. RDF

なんとなく RDF が解ってきていい感じ。オブジェクト指向って感じですか。って言ってもオブジェクト指向をちゃんと理解してるわけじゃなくて、Ruby のクラスとかに当てはめてみたりしたら、こんな感じじゃね?っていうのが思いつくだけだけど。

  1. トップ
  2. web
  3. RDF

大体正確な(矛盾している)場所がわかったので、自分の覚えてる限りの知識を総動員して、前に住んでいたところを Mapion で探してみたけど分からなかった。

というか、Mapion でのその周辺の情報はそれなりしかないし、自分の覚えているのが自分の家のごく周辺だけで、通っていた幼稚園への道のりも全く覚えていないので見つからないのは当たり前……

何か、覚えてる記憶が夢で見たやつなんだか現実で見たやつなんだかよく分からない。駄目だこりゃ

  1. トップ
  2. self
  3. 生まれ

大体正確な(矛盾している)場所がわかったので、自分の覚えてる限りの知識を総動員して、前に住んでいたところを Mapion で探してみたけど分からなかった。
というか、Mapion でのその周辺の情報はそれなりしかないし、自分の覚えているのが自分の家のごく周辺だけで、通っていた幼稚園への道のりも全く覚えていないので見つからないのは当たり前……
何か、覚えてる記憶が夢で見たやつなんだか現実で見たやつなんだかよく分からない。駄目だこりゃ

  1. トップ
  2. self
  3. 生まれ

今更どこの学部学科がいいんだろとか考えてるわけでして、全く目標大学なんて考えてねーって感じ。

たぶん興味があるとこ行かないとキツそうだから、情報かデザインか外国語だけど、外国語があるのは文学部で、文学部の受験科目は大体地歴だから公民しかやってない俺には選択肢少なめ……情報は大学で何学ぶの?っていう普通の疑問があって、つーか情報っていっても Web 限定しか興味ないっていう。デザインは入れてもついていけなさそ。

どうすっぺ。高校入るときみたいに、どこでもいいやと入って後悔したくない。外国語やるなら英語以外のやつをちゃんとやりたい。

  1. トップ
  2. self
  3. がkのすゝめ

今更どこの学部学科がいいんだろとか考えてるわけでして、全く目標大学なんて考えてねーって感じ。
たぶん興味があるとこ行かないとキツそうだから、情報かデザインか外国語だけど、外国語があるのは文学部で、文学部の受験科目は大体地歴だから公民しかやってない俺には選択肢少なめ……情報は大学で何学ぶの?っていう普通の疑問があって、つーか情報っていっても Web 限定しか興味ないっていう。デザインは入れてもついていけなさそ。
どうすっぺ。高校入るときみたいに、どこでもいいやと入って後悔したくない。外国語やるなら英語以外のやつをちゃんとやりたい。

  1. トップ
  2. self
  3. がkのすゝめ

なんか一部のサービスで URL 入力するときにサフィックス付けないで入力すると駄目だったり、ローカルでテストするときも IE でサフィックス無しのほう開くと何故かダウンロードしようとする。(指定するとちゃんと表示してくれる)

んなわけでとりあえず foaf については適当にサフィックス有りで記述しようと思う。コンテンツネゴシ用のやつを無理やりやってるからなのかなぁ……

  1. トップ
  2. web
  3. Options +MultiViews

なんか一部のサービスで URL 入力するときにサフィックス付けないで入力すると駄目だったり、ローカルでテストするときも IE でサフィックス無しのほう開くと何故かダウンロードしようとする。(指定するとちゃんと表示してくれる)
んなわけでとりあえず foaf については適当にサフィックス有りで記述しようと思う。コンテンツネゴシ用のやつを無理やりやってるからなのかなぁ……

  1. トップ
  2. web
  3. Options +MultiViews

FOAF の bio:keywords (csv) のそれぞれにぐぐるへのリンクを貼ってみるテスト。XSLT の練習。バカでもできる再帰処理(謎
IE の文字の扱い方がちょっと変な気がする。” をぐぐるに渡す時に化ける。というかそもそも URI に日本語含めちゃうのがいけないんだな……でもどうやって XSLT で % 表記に変えろと……

同じ名前を持つ他のバインディングを参照できる位置に新たに現れたバインディングは、以前のバインディングを隠蔽する。あるテンプレート内部の xsl:variable エレメントまたは xsl:param エレメントが作成したバインディングが、同一テンプレート内の xsl:variable エレメントまたは xsl:param エレメントが作成したバインディングを隠蔽する場合はエラーである。

らしいから(そこの少し下に分かりやすい例があって、XSLT に代入演算子はないっても書いてある)、variable に代入できないのは本気らしい……どこが変数なんだ。

  1. トップ
  2. web
  3. XSLT

FOAF の bio:keywords (csv) のそれぞれにぐぐるへのリンクを貼ってみるテスト。XSLT の練習。バカでもできる再帰処理(謎

IE の文字の扱い方がちょっと変な気がする。ぐぐるに渡す時に化ける。というかそもそも URI に日本語含めちゃうのがいけないんだな……でもどうやって XSLT で % 表記に変えろと……

同じ名前を持つ他のバインディングを参照できる位置に新たに現れたバインディングは、以前のバインディングを隠蔽する。あるテンプレート内部の xsl:variable エレメントまたは xsl:param エレメントが作成したバインディングが、同一テンプレート内の xsl:variable エレメントまたは xsl:param エレメントが作成したバインディングを隠蔽する場合はエラーである。

らしいから(そこの少し下に分かりやすい例があって、XSLT に代入演算子はないっても書いてある)、variable に代入できないのは本気らしい……どこが変数なんだ。

  1. トップ
  2. web
  3. XSLT

XSLT とか FOAF とかそれっぽい仕様書とかと睨めっこしながらテキストエディタでシコシコ編集してるっていうのは軽く切ない。めっちゃ晴れてるよ。もったいないよ。
あーつーか FOAF auto discovery がここの FOAF 見つけてくれないくさいよ、なんでええ
tdiary-mode で xyzzy がよく暴走するので更新用のじじーだけ別に起動してるのさ!

  1. トップ
  2. other
  3. 晴れた風の強い日に

XSLT とか FOAF とかそれっぽい仕様書とかと睨めっこしながらテキストエディタでシコシコ編集してるっていうのは軽く切ない。めっちゃ晴れてるよ。もったいないよ。

あーつーか FOAF auto discovery がここの FOAF 見つけてくれないくさいよ、なんでええ

tdiary-mode で xyzzy がよく暴走するので更新用のじじーだけ別に起動してるのさ!

  1. トップ
  2. other
  3. 晴れた風の強い日に

さっき見た夢のエレベーターが怖すぎ。ねれねー

というか、日付は今日なのに昨日のところに書いてしまった。

  1. トップ
  2. self
  3. 黒いざんぱ

さっき見た夢のエレベーターが怖すぎ。ねれねー
というか、日付は今日なのに昨日のところに書いてしまった。

  1. トップ
  2. self
  3. 黒いざんぱ

帰ってきてリロードしたら env から起動できねぇようになってるし、普通いきなり仕様変更するかっつう。

  1. トップ
  2. net
  3. /usr/bin/env xrea

帰ってきてリロードしたら env から起動できねぇようになってるし、普通いきなり仕様変更するかっつう。

  1. トップ
  2. net
  3. /usr/bin/env xrea

Audioscrobbler って曲かけた回数で統計とってるけど、時間でとったほうがいいような……短い曲ばっかのアーティストと長い曲ばっかのアーティストで差がつくし、ある一点をリピートして聞いてるときはカウントされないし。

  1. トップ
  2. net
  3. Audioscrobbler

Audioscrobbler って曲かけた回数で統計とってるけど、時間でとったほうがいいような……短い曲ばっかのアーティストと長い曲ばっかのアーティストで差がつくし、ある一点をリピートして聞いてるときはカウントされないし。

  1. トップ
  2. net
  3. Audioscrobbler

スキーマ書けばいくらでも誰でも語彙拡張ってできるんだろうか……できたら、どうやってそれ解釈すればいいんだろ。今のところ実装はないけどとりあえず作っとけみたいな感じになるのかな。

  1. トップ
  2. web
  3. SW RDF

スキーマ書けばいくらでも誰でも語彙拡張ってできるんだろうか……できたら、どうやってそれ解釈すればいいんだろ。今のところ実装はないけどとりあえず作っとけみたいな感じになるのかな。

  1. トップ
  2. web
  3. SW RDF