Ajax るようにした。UI がイマイチ。

  • Comments を押したらとりあえず消えて欲しい。
  • 投稿したあとガックンってなるのがちょっとキモイ。

なんかいい方法はないかなぁ。

Opera でおかしい。めんどいので Opera はじく。

なんだか、この今のスタイルがまずだめみたいで、Opera だと挙動不審になる。

クッキーに保存を実装しろといいたい。誰に。俺に。

Ajax のほうのフォームはクッキーに保存するようにした。Singleton Cookie オブジェクト

  1. トップ
  2. js
  3. コメントのポスト方法をちょっと変更
  1. トップ
  2. ajax
  3. コメントのポスト方法をちょっと変更
  1. トップ
  2. site
  3. コメントのポスト方法をちょっと変更
  1. トップ
  2. web
  3. コメントのポスト方法をちょっと変更

CGI 設置するのとかめんどいので xpost-del-hatena.user.js, GM スクリプトにした。

はてなの認証方法がややこしいので、はてなをメインにして、del.icio.us をスクリプトで同期するように。新規ブックマーク, 編集, 削除がそれぞれ del.icio.us にも反映される。ただ、編集の場合、del.icio.us で上にあがってしまう問題がある (はてなの編集画面にはポスト時刻が表示されないのでめんどい)。

最初なぜか API 使わないで実装してた。頭が悪い

ちょっと補足します。

Fx 1.5.0.1 + GreaseMonkey 0.6.4 ではとりあえず動いています。中身で無駄に E4X 使っているので、1.5 未満では絶対に動かないです。

ついでに動いてても何も言われません。淡々と del.icio.us に追加されたり削除されたりします。(最初の一回は del.icio.us の API Basic 認証がでます。これには del.icio.us のユーザ名とパスを入れます。)

del.icio.us 側の操作ははてブに反映されません。「はてなをメインにして」はそういう意味です。

  1. トップ
  2. js
  3. はてブと del.icio.us を同時に使うように
  1. トップ
  2. gm
  3. はてブと del.icio.us を同時に使うように
  1. トップ
  2. net
  3. はてブと del.icio.us を同時に使うように
  1. トップ
  2. web
  3. はてブと del.icio.us を同時に使うように

はてダ の2カラムさえなんか邪魔になってきたので ignore-hatena-2c.user.js 書いた。

GM ばっか書きまくり!!

GM の Edit ボタンが効かなかったんだけど、改めて about:config で設定しなおしたら使えるようになった。前より簡単につくれる><

  1. トップ
  2. web
  3. はてダ の2カラムさえ

どうにも使い道が少ない E4X をちょっとメモる。

基本的に XPath (の省略記法) に似ているので、相違点とかあげつつみたいな。XPathE4X に似せるため省略記法を使います。省略しないと全然違う

var doc = <root>
<foo>hoge</foo>
<bar>huga</bar>
<baz>
<foo name="neko">
<bar>pqpq</bar>
</foo>
</baz>
</root>;
doc.baz..foo
/root/baz//foo
E4X ではルートノードがない。
doc..foo.(@name == "neko")
//foo[@name = 'neko']
E4X では括弧の前にドットがいる。括弧の中は ECMAScript の式そのまま。すなわち or||, and&&
doc.*
/root/*
* はそのままの意味。@* もそのまま書ける。
doc..foo[0]
//foo[1]
数値は普通の ECMAScript 配列とかとと同じように 0 基準。
doc..foo.length()
count(//foo)
XPath の例はどうでもいいけど、数を知りたいときは length() を使う。括弧をつけず length と書くと length 要素を選択しようとするので注意が必要。

for each とかいう構文がある (構文?)

for each (ele in doc.*) {
// hoge
}

XMLList とかいうオブジェクトがある。無名の要素をルートにして作る。ちょっときもい。

// XMLList (DOM の DocumentFragment みたいなの)
var xmlList = <>
<li>1</li>
<li>2</li>
<li>3</li>
</>;
var doc = <root>
<li>999</li>
</root>;
doc.appendChild(xmlList);
doc.toString() //=>
<root>
<li>999</li>
<li>1</li>
<li>2</li>
<li>3</li>
</root>

名前空間

var rssDoc = <rdf:RDF
xmlns="http://purl.org/rss/1.0/"
xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
xmlns:rdfs="http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#"
xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/">
<channel rdf:about="http://example.com/">
<title>Example</title>
<link>http://example.com/</link>
<items>
<rdf:Seq>
<rdf:li rdf:resource="http://example.com/3"/>
<rdf:li rdf:resource="http://example.com/2"/>
<rdf:li rdf:resource="http://example.com/1"/>
</rdf:Seq>
</items>
</channel>
<item rdf:about="http://example.com/3">
<title>ex3</title>
<link>http://example.com/3</link>
<dc:date>2006-03-01T13:52:32+09:00</dc:date>
</item>
<item rdf:about="http://example.com/2">
<title>ex2</title>
<link>http://example.com/2</link>
<dc:date>2006-03-01T13:52:30+09:00</dc:date>
</item>
<item rdf:about="http://example.com/1">
<title>ex1</title>
<link>http://example.com/1</link>
<dc:date>2006-03-01T13:52:24+09:00</dc:date>
</item>
</rdf:RDF>;
var rdf  = new Namespace("http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#");
var rdfs = new Namespace("http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#");
var rss  = new Namespace("http://purl.org/rss/1.0/");
// var dc   = new Namespace("http://purl.org/dc/elements/1.1/");
for each (i in rssDoc.rss::channel.rss::items.rdf::Seq.rdf::li) {
var item = rssDoc.rss::item.(@rdf::about == i.@rdf::resource);
alert(item.rss::title);
}

見ればわかるように Namespace オブジェクト作って :: を解決に使うみたい。使わないなら別に宣言しなくてもいい。あくまで E4X でアクセスするために名前をつける (=変数に代入する) ので、別にどんな名前でもいい。

var h = new Namespace("http://www.w3.org/1999/xhtml");
default xml namespace = h;
var HtmlDoc = <html>
<head>
<title>E4X</title>
</head>
<body>
<h1>for (;;)</h1>
</body>
</html>;

みたいなこともできるみたい。

XPath における following-sibling 軸のようなメソッドはないっぽい?とりあえず眺めてみたらないっぽい。よくわからん。

しかし、GreaseMonkey で E4X を使うにしても、XMLHttpReqeust のハンドラぐらいでしか使えなくてなんともかんとも。もちろん生成するのは自由なんだけど……

@ の働きがいまいちわからない。ちゃんと仕様読もう

  1. トップ
  2. e4x
  3. てきとう E4X
  1. トップ
  2. js
  3. てきとう E4X