捨てネコらしきネコが家の庭にきていすわって対処に困っているのだけれど、いろいろありつつ飼うことになりそうな流れになっている。とかいう感じで名前つけるならなんだろうなぁ、とか考えてマリーとかどうよとか思ってたんだけど、なぜか名前の話なんて全くしていないのに母親と案がまるかぶりした。

余談ですが、今メインでつかっている MacBook のマシン名が Mary です。母親はマリーゴールドからとったようです。

強いたげられて生きているほうがあってるみたいだ。慣れちゃったんだなこういうのに

よくわからない。ハマるとかハマらないとかいうものなのかな。例えば「はてダにハマる」とか「LDR にハマる」とかいわないように、「twitter にハマる」っていうのには違和感を感じる。「mixi にハマる」も違和感がある。なんだろう。何にハマるんだろう。

コピペメモ

今までの $X は evaluate を二回する問題があってダサいので、使い勝手をそのままにしつつ新しくして使いはじめました。

  • type 指定を導入
    • ECMAScript 側で受けとりたい型を指定する。 (Array, String...)
    • XPathResult.BOOLEAN_TYPE とか指定するのはめんどいし覚えられない。
  • type 指定なしの場合は UNORDERED_NODE_ITERATOR_TYPE をそのまま Array に変換してかえす
    • たぶんこれでも殆どの場合は問題ないと思う
    • ノード集合じゃない (number とか) ならそれぞれそのままかえす (いままでとおなじ)
  • type 指定で Array を指定した場合は ORDERED_NODE_SNAPSHOT_TYPE を Array に変換してかえす
    • UNORDERED なやつで特別問題がある場合つかう

あんまり type 指定するの好きじゃないので (めんどい) 基本的に指定しなくても問題ないように

(長いのでまだ変更するかも)

// $X(exp);
// $X(exp, context);
// $X(exp, type);
// $X(exp, context, type);
function $X (exp, context, type /* want type */) {
    if (typeof context == "function") {
        type    = context;
        context = null;
    }
    if (!context) context = document;
    var exp = (context.ownerDocument || context).createExpression(exp, function (prefix) {
        var o = document.createNSResolver(context).lookupNamespaceURI(prefix);
        if (o) return o;
        return (document.contentType == "application/xhtml+xml") ? "http://www.w3.org/1999/xhtml" : "";
    });

    switch (type) {
        case String:
            return exp.evaluate(
                context,
                XPathResult.STRING_TYPE,
                null
            ).stringValue;
        case Number:
            return exp.evaluate(
                context,
                XPathResult.NUMBER_TYPE,
                null
            ).numberValue;
        case Boolean:
            return exp.evaluate(
                context,
                XPathResult.BOOLEAN_TYPE,
                null
            ).booleanValue;
        case Array:
            var result = exp.evaluate(
                context,
                XPathResult.ORDERED_NODE_SNAPSHOT_TYPE,
                null
            );
            var ret = [];
            for (var i = 0, len = result.snapshotLength; i < len; i++) {
                ret.push(result.snapshotItem(i));
            }
            return ret;
        case undefined:
            var result = exp.evaluate(context, XPathResult.ANY_TYPE, null);
            switch (result.resultType) {
                case XPathResult.STRING_TYPE : return result.stringValue;
                case XPathResult.NUMBER_TYPE : return result.numberValue;
                case XPathResult.BOOLEAN_TYPE: return result.booleanValue;
                case XPathResult.UNORDERED_NODE_ITERATOR_TYPE: {
                    // not ensure the order.
                    var ret = [];
                    var i = null;
                    while (i = result.iterateNext()) {
                        ret.push(i);
                    }
                    return ret;
                }
            }
            return null;
        default:
            throw(TypeError("$X: specified type is not valid type."));
    }
}