撮りたい写真とは別に、写真撮るときの、被写体を感じてから、見て、カメラを構えて、ピントをあわせて、呼吸をおいてシャッターを押すときの感覚は割と好きで、これは、腹の底に溜ってるぐでぐでしたものを、うまく外に出せるスキームとしては自分の中で唯一確立しているもので、そのために、そういったものが溜っているなあと感じると、シャッター押す回数自体が増えます。

ミラーレス一眼悪くないと思うし、一眼レフをある程度置き換えるだろうけど、サイズや重さをのぞけば一眼レフはミラーレス一眼の上位互換なので、アナログからデジタルへの移行みたいに完全置換にはならないだろうなあと思った。