雑然としていて美しいというのは、なんか興味を惹かれるものがあって、天龍寺の庭とかがそうだと思うけど、ああいうのじゃなくても、ただ部屋の中を写した雑然とした写真でも、なんかこう、良いなあというのがあって、よく根拠がわからないけど、好きです。

REGZA Phone T-01C ネットで見る画像とかだと、メローボルドーがかなりビビッドで、ないわーと思っていたけど、モックを見てみるとかなり落ち着いた色で、しかも、表面も全体的にグレアかと思いきや正面以外はマット加工で大変気に入ってしまった。

REGZA Phone がそんなによさそうじゃなくて、LYNX 3D が在庫があったら、LYNX 3D を買ってもいいかという気持ちだったけど、REGZA Phone 予約しておいて待つことにした。(LYNX 3D はホットモックもあって触ったけど思ったより悪くなかった)

Galaxy S は買わないのかとか、そういう話もありますが、せっかく国内のメーカーが出してきたので、できればそっちを買いたいなあという気持ちがあります。ガラケーのソフトウェアの糞っぷりに嫌気がさして Nokia に機種変したのが2007年3月。Android が乗っている時点でソフトウェアに不安がなくなったので、大変に良い環境になったなあと思います。

「ユーザー視点」という言葉、割とひっかかりを覚えることが多くて、なんでだろうと数ヶ月考えていたけれども、ユーザーが喜べばなんでもしていいという、例えばユーザーを騙しきって金を盗ってもいいことの理由付けにいいように使われるからなのだと思った。

自分が正確にユーザー視点に立ちたいなら、ユーザーになるしかない。ならいちいち「ユーザー視点で」なんて言う必要性はどこにもない。他人に言うときも「ユーザー視点を持て」ではなく「ユーザーになれ」でいいんじゃないのか。想像力に余りがあるなら別だけど、そんなに想像力あるんでしょうか、別の部分に想像力を使ったほうがいいんじゃないでしょうか。

当然場合によるし、全うなコンテキストというのはあるけれども、そうじゃないときに、変に聞こえのいい言葉を使うのは嫌だなあと思った

「騙しきってユーザーが幸せならいいじゃん」という考えかたもありますが、すなわちそれは新興宗教と全く同じ理由付けですし、自分はそれにあまり同意しません。