コラージュフルフル ネクストシャンプー すっきりさらさらタイプ 400mL (医薬部外品) -

5.0 / 5.0

コラージュフルフル ネクストリンス すっきりさらさらタイプ 400mL (医薬部外品) -

5.0 / 5.0

その手の人には有名?らしいけど「フルフルネクスト」というのがあって、これはマジで効く…… 今まで薬局で最安だし痒くなりにくいと謳っている「メリット」を使ってたけど、すぐ体感できるレベルで違う。

僕はストレス耐性が低く、頭をガリガリ掻きがちなので大変頭皮環境が悪く、

  1. ストレスで頭掻く
  2. 頭皮が弱る
  3. 頭が痒くなる
  4. さらに頭掻く

という悪循環に陥りやすく、一旦入ると抜けだしにくかった (季節が変わる・ストレスの原因がなくなるなどしないと抜けれない) けど、これのおかげでハゲへを道を遠ざけられた気がする。

Cable Matters 製造中止商品 -

5.0 / 5.0

これ最近6本ぐらい買った。1セット2本で900円なので、一本あたり450円、金メッキコネクタかつシールドケーブルなんだけど、自作しようとするとコネクタだけで700円ぐらい余裕でかかるので、かなりコストパフォーマンスが高い。


フォーンプラグが好きで、汎用のコネクタとしてさえも良く使う。なので無限にフォーンプラグのケーブルがあっても困らないし、無限にフォーンプラグのコネクタがあってほしい。以下のようなメリットがある

  • ケーブルが手に入りやすい
  • コネクタが手に入りやすい
  • ケースにジャックを付けたい場合でも比較的小さな丸い穴だけですむので楽

とはいえ、3線しか配線できないので、それ以上必要になると4極フォーンプラグとか少し特殊なものになってしまう。

自作していると、ケースに取り付けるタイプのコネクタで汎用性が高いものが欲しくなる。つまり

  • ケースに簡単に取り付けられる
  • 線の数が多い
  • 入手性が良い

を満たすようなコネクタが欲しくなる。

いろいろ調べてみたが結局のところあまり選択肢はない。

フォーンプラグ系

基本はミニプラグ3極が最も入手性が高い

メリット

  • 入手性が非常に高い
  • 扱いやすい
  • パネルに取り付けやすい

デメリット

  • 端子間がショートするとまずい用途では使えない
  • 3極しかない (4極もあるけどあまり入手性が良くない)

D-sub コネクタ

9ピン〜50ピンまで手に入る。9ピンものもは RS-232C ケーブルとして有名なので入手性が非常に良い

メリット

デメリット

  • 穴の形が変則的なのであけるのがちょっと面倒
    • とはいえドリルであけまくればすぐなので丸穴より楽かもしれない
  • コネクタ自体が場所をとる
  • 前時代的な臭いがする

DIN コネクタ

ノーマルのDINコネクタ、2ピンから9ピンまでの規格があるが、入手性的には6〜8ピンぐらいが使いやすい。価格が同じならピンが多くて困ることはなく、8ピン一択でたくさん買うと良い。

メリット

デメリット

  • 結構おおきい
  • 丸穴あけるにしても結構大きくあける必要があり面倒

mini DIN コネクタ

6ピンのものはPS/2 キーボード・マウスで使われているのでケーブルの入手性は高い

メリット

デメリット

  • ちょっと高価
  • ピンが細いので破損しやすい

その他

RJ45 (8P8C)

LAN ケーブルとかのやつ

メリット

  • 非常に入手性が高い

デメリット

  • パネルに取り付けるのが一般的ではなく、面倒

RJ-11

いわゆる電話線のモジューラジャック。最大6ピンなんだけど、実際は6ピンのものはあまり流通しておらず、LAN ケーブルよりも高価だったりする。

メリット

  • 特にない

デメリット

  • パネルに取り付けるのが一般的ではなく、面倒

所感

3極以下ならフォーンプラグ一択。極数が多い場合安くて入手性の良い D-sub 9ピンを検討するのが良さそう。ただ、D-sub はちょっとかっこわるいので、次点で DIN コネクタは良い。

 -

4.0 / 5.0

いくつかサーボモータを購入していたのだけど、ようやく試した。持っているのは上記 SG90 と GWS03T/2BBMG/JR。どちらも動かしてみた。

これらはどちらも JR というタイプ (ピンアサインの種類)。種類はこのページの線のタイプついてを見た。

典型的なプロトコルとしては 20ms ごとに 1000μs〜2000μs (1500μs が中立) のパルスを送るというものらしい (可動角度60度)。

とりあえず試そうと、16bit PWM タイマーを使ってやってみた。

#include <avr/io.h>
#include <avr/interrupt.h>
#include <util/delay.h>

#define clear_bit(v, bit) v &= ~(1 << bit)
#define set_bit(v, bit)   v |=  (1 << bit)

#define INPUT_NOR PB0
#define INPUT_REV PB1

static inline void setup_io () {
	/**
	 * Data Direction Register: 0=input, 1=output
	 * 必要なポートだけインプットポートにする。
	 */
	DDRB  = 0b11111100;
	DDRC  = 0b11111111;
	DDRD  = 0b11111111;

	PORTB = 0b00000011;
	PORTC = 0b00000000;
	PORTD = 0b00000000;

	uint16_t TIMER1_MODE = 14;
	TCCR1A = (0<<COM1A1) | (0<<COM1A0) | (1<<COM1B1) | (0<<COM1B0) | (((TIMER1_MODE>>1)&1)<<WGM11) | ((TIMER1_MODE&1)<<WGM10);
	TCCR1B = (((TIMER1_MODE>>3)&1)<<WGM13) | (((TIMER1_MODE>>2)&1)<<WGM12) | (0<<CS12) | (1<<CS11) | (0<<CS10);
	ICR1   = 20000; // Top
	OCR1B  = 1500;
	TIMSK1 = (0<<OCIE1B) | (0<<OCIE1A) | (0<<TOIE1);

	sei();
}

static inline void set_position(uint16_t angle) {
	int base = 600;
	int max  = 2400;
	uint16_t n = ((uint32_t)angle * max) / 180 + base;
	if (n < base) {
		n = base;
	} else
	if (n > max) {
		n = max;
	}
	OCR1B = n;
}

int main(void) {
	setup_io();
	set_position(0);

	for (;;) {
		if (bit_is_clear(PINB, INPUT_NOR)) {
			set_position(0);
		}

		if (bit_is_clear(PINB, INPUT_REV)) {

			set_position(180);
		}

		_delay_ms(10);
	}
}

ハマったポイント

可動角度

ググると 1000μs〜2000μs のパルスというサイトばかりヒットするが、これは可動角度60度の場合で、実際は 600us〜2400μs までのパルスを受け付け、180度可動可能なものが多いみたい? よくわからないけど、手元の2種類についてはだいたいこの範囲のパルスを受けつけた。範囲外のパルスを入力すると「ジジジジ」とか「ブブブブ」とかいって止まり、消費電力が多くなる。

電圧

電圧が足りないと、指定した角度付近まで移動したあと「ジジジジ」と止まってしまうことがあった。

制御方法

16bit PWM だと1つの AVR で2つまでしか駆動できないので、割込みを使った別の方法を検討してもよさそう。

Arduino だと特に何も考えなくてもたくさんサーボを制御できるみたい。

  1. トップ
  2. tech
  3. RC サーボの制御

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-08461/

最近「超小型USBシリアル変換モジュール」というのが秋月から出たみたいで、買ったのはいいけど、そのままだとちょっと使いにくいわけです。 ケースに組込むにしても MicroUSB だし取り付け用の穴もあいてないので難儀する。ブレッドボードで使うのがメインの用途なんでしょうけど…

なんかいいのないかと思いましたが、タカチ SW-20 (15x15x20) を買ってみたら完全にピッタリだったのでオススメです。ケースの蓋についている溝にピッタリハマってくれるサイズなので、ケースを少し削るだけで MicroUSB にアクセスでき、適当にエポキシで固めてしまえば便利。一応電源LED用の穴もあけたけど、なくてもよさそう。

  1. トップ
  2. tech
  3. 秋月の小型 USB Serial 基板とタカチの小型ケースがぴったり

KX3 と PC だけで SWR グラフにできたら便利なのになー と思っていたけど、少し前に調べたところ SWR を直接読む方法がなく、諦めていた。

しかし、KX3 Utility で Power Calibration を実行すると、SWR を読んでいるっぽい挙動が確認でき、読める方法があるということがわかった。KX3 Utility は親切にも全部のコマンドを出力してくれてるので、それを読んだだけでうまいこといけた。

やりかたとしては

  • TUNE ボタンを押す (SWH16; スイッチホールド)
  • ディスプレイに現在の SWR が表示される
  • DS; で「ディスプレイに表示されている内容」を取得する
  • SWR とれる

という感じだった。いろいろとコードを追加して、現在周波数の±を指定してSWRを取得するコードを書いてみた。結構いい感じ

#!ruby

require 'serialport'

@port = SerialPort.new(
	"/dev/tty.usbserial-A402PY11",
	38400,
	8,
	1,
	0
)
@port.set_encoding(Encoding::BINARY)

TEXT_MAP = {
	'<' => 'L',
	'>' => '-',
	'@' => ' ',
	'K' => 'H',
	'M' => 'N',
	'Q' => 'O',
	'V' => 'U',
	'W' => 'I',
	'X' => 'c-bar',
	'Z' => 'c',
	'[' => 'r-bar',
	'\\' => 'λ',
	']' => '',
	'^' => '',
}

def get_swr(step=3)
	ret = 0
	step.times do 
		@port << "DS;"
		data = @port.gets(";")
		t, a, f = *data.match(/DS(........)(.)(.)/).captures
		t = t.split(//).reduce("") {|r, i|
			chr = (i.ord & 0b01111111).chr
			r << ( ( (i.ord & 1<<7) != 0) ? ("." + chr) : (chr) )
		}.gsub(Regexp.new(TEXT_MAP.keys.map {|i| Regexp.escape(i) }.join("|")), TEXT_MAP)
		# KX3 displays SWR to main display as following : "1.2-1"
		if m = t.match(/([\d]+.[\d]+)-I/)
			swr = m[1]
		else
			return nil
		end
		ret += swr.to_f
		# p [t, a, f, swr]
	end
	ret / step
end

def get_freq
	@port << "FA;"
	res = @port.gets(";")
	freq = res.match(/FA(\d{11})/)[1].to_i
end

def set_freq(freq)
	@port << ("FA%011d;" % freq)
	get_freq == freq or raise "Failed to set freq"
end

def bypass_atu(&block)
	@port << "MN023;"
	@port << "MP;"
	current = @port.gets(";")
	current =~ /^MP\d{3}/ or raise "Unknown Responde #{current}"
	@port << "MP001;MP;"
	res = @port.gets(";")
	res == "MP001;" or raise "Failed to set KAT3 bypass: #{res}"
	@port << "MN255;"
	block.call
ensure
	@port << "MN023;"
	@port << current
	@port << "MN255;"
end

def tune(&block)
	# Switch Hold Emulation 16 = TUNE
	@port << 'SWH16;'
	sleep 0.5
	@port << 'TQ;'
	@port.gets(";") == 'TQ1;' or raise "Band END"
	sleep 0.3
	block.call
ensure
	@port << "RX;"
	sleep 0.5
	@port << "TQ;"
	@port.gets(";") == 'TQ0;' or raise "Failed to back to RX"
end

def scan_swr
	result = []
	@port << "PC;"
	current_power = @port.gets(";")
	@port << "PC001;PC;"
	@port.gets(";") == "PC001;" or raise "Failed to set power"
	bypass_atu do
		freq = get_freq
		step = 20e3
		range = Range.new(freq - 100e3, freq + 100e3)
		
		catch(:done) do
			begin
				set_freq(range.first)
				tune do
					range.step(step) {|n|
						set_freq(n)
						swr = get_swr(3)
						if swr.nil?
							throw :done
						end
						r = [n, swr]
						p r
						result << r
					}
				end
			rescue => e
				if e.message = "Band END"
					range = Range.new(range.first + step, range.last)
					retry
				end
			ensure
				set_freq(freq)
			end
		end
	end
	result
ensure
	@port << current_power
	@port << "PC;"
	@port.gets(";") == current_power or raise "Failed to back to power"
end

p scan_swr
  1. トップ
  2. tech
  3. KX3 でシリアルポートから SWR を読み出す