グラフ化した消費電力値。5:00 ぐらいにエアコンの電源が自動的に入るようになっていて急激に消費電力が増える。起床後は食洗機や洗濯乾燥機などが稼動してさらに増えていく。40A契約だが、一瞬ピークでそこまでいってる (これは原因不明)

節電モニター

節電モニター -

5.0 / 5.0

(国内だと節電モニター「はやわかり」という商品名のもの)

分電盤にクランプつけて使用中の電力がわかるようにするやつ | Fri, Apr 19. 2013 - 氾濫原 のとき買って、設置をしてはいたものの、十分に活用していたとはいえない状態でした。電気使いすぎのときにアラートを鳴らしていて、ブレーカーが落ちる1歩手前で気付けるというのが現状では最大の活用でした。

しかし、せっかく USB 端子があってデータが読み出せるのだから、自動的にグラフ化したくなってきました。ちなみにこの製品には Windows 版のかなりデキの悪いソフトウェアが付属していますが、正直常用できるようなものではありません。

製品の詳細を調べる

この製品はどうやら、以下のものと同一のようです。

USB 接続してシステムプロファイラでベンダIDなどを調べて検索すると、Silicon Labs の USB シリアル変換のチップのようでした。


実際プロトコルダンプして読みだしたりしている人がいます。

思ったより情報があったので簡単そうです。

Raspberry Pi で読みだす

ドライバの対応の関係上、Linux で読み出すのが一番簡単です。通常のドライバだと製品IDが登録されていないのですが、Linux の場合はこの製品のIDについても対応するドライバを使うようになっているので、特に苦労せずにシリアル通信ができます。

Raspberry Pi の場合、CP210x のドライバは最初から入っているようなので、特にインストールすることもなく、USB ケーブルを繋ぐだけでシリアルポートとして認識します。

シリアルフォーマット

ボーレート 250000 8bit stopbit 1 parity 0 となっており、ボーレートが特殊なので、場合によって工夫が必要です。

Ruby を使って読みだすことにしましたが、これのせいで自力で ioctl を呼ぶハメになっています。

データ形式

送られてくるのは常に、11バイト固定長で、こちらから送るのは \xA5 か \x5A だけです。解析結果のコードがあるので、その通り実装したらいいだけです。

ただ、フローコントロールをオフにせずに試していたところ、デフォルトだとソフトウェアフローコントロールが有効なようですが、データ欠けが発生して微妙に読みだせず4〜5時間ハマりました。どうやら必ずフローコントロールは完全にオフにする必要があるようです (ハードウェアフローコントロールだとデータ欠けは発生しないが、そもそも応答しなくなりました)

コード

という感じのを Ruby で実装しました。といっても、プロトコル解析はされているし、 Python 実装もあったのでたいしたコードにはなっていません。

https://github.com/cho45/CM160-rb

とにかくフローコントロールが最大のハマリどころでした。

備考

この製品は 315MHz帯の微弱電波機器 (免許・技適不要) となっていて、かなり電波が弱いです。うちはかなり狭い家(マンション)で、玄関上にある分電盤からリビングまで、10mもないと思いますが、これで電波がぎりぎり届きません。

なので、機器同士は比較的近くにおくようにして、Raspberry Pi などでネットに中継するほうが安定して便利そうです。広い家だとむしろ中継が必須な気がします。

とはいえ、そろそろスマートメータの設置もすすむので、こういうのも必要なくなるのかもしれません。

  1. トップ
  2. tech
  3. 市販の節電モニターから値を読みだしてグラフ化
▲ この日のエントリ