MH-Z19 という格安 CO2 センサを読んでみた | tech - 氾濫原 を書いたあと、追加で3つ買って、4つ手元にある状態ですべて繋げて値を読んでみると、でてくる値がとんでもないのが2つあった。窓全開で十分に換気されている状態でも 800〜900ppm になってしまう。

センサの種類 (2000ppm or 5000ppm) が違うのか? と思ったけど、UART の値も PWM の計算値も同じ (UART では ppm が直接出力されるので、計算値の答えあわせになる) なので関係なさそう。

その後よくよく比較してみると、どれも全く動きかたがちがう。傾き(感度)も違う。やっぱこれはキャリブレーションをなんとかしてやるしかない気がする。うーん。

ゼロ点とスパン点どっちも難しい。なんか簡単にできる方法がないか考え中

  1. トップ
  2. tech
  3. MH-Z19 の個体差とキャリブレーションの必要性

超薄型 1Gsサンプリング100MHzFFT機能付カラーポータブルデジタルオシロスコープフルセット SDS7102 -

3.0 / 5.0

OWON SDS7102 大変つかってるが安いだけあって品質が微妙な点がいくつかある。特にロータリーエンコーダーがひどくて、ちゃんとレンジ切り替えができないことが多くあってイライラする。同様の現象が起きてないか検索したところいくつかヒットしたのでやってみた。

おおむね Candrian – Haris Andrianakis » Owon DS7102 – Rotary Encoder Noise Malfunction Fix を参考にすればいいのだが、ちゃんと外れないところがあった。

分解

裏蓋

  • 周囲のビス4本
  • アースのビス
  • 下側の接続ポートのビス

をはずす。裏蓋はハメこみなので、カードとかで隙間をひろげながらはずす。

電源スイッチがひっかかるので、これは押しながら抜く。

開きつつあると、裏蓋に繋がる電源線が3つあるので、基板側のコネクタとビスをはずす。

ロータリーエンコーダの基板まで

  • 写真のうち7つのビス (赤丸)
  • コネクタ1つ (紫丸)

をはずす。これでモニタも含めてすっぽり外れる。フラットケーブルとかで繋がってるので慎重にやる。

キャパシタの追加

赤丸部分がロータリーエンコーダなので、ここに 1608 サイズの 0.1μF を2つずつはんだづけする。

戻す

はずしたコネクタを通すところを間違えるとハメられないので気をつけてハメていく。それ以外はとくに問題ないはず。

効果

全体的に変な動きは減った。しかし中央(2ch) のレンジをかえるロータリーエンコーダはそもそも不良っぽくて完全には治らなかった。

ref.

  1. トップ
  2. tech
  3. OWON SDS7102 のロータリエンコーダの不具合をなおす