C0 → CAL0 の設定を読んでいる状態。
    c0 のように小文字の場合はエラー値の補完をしている状態
    (recall してから周波数範囲を変えた場合。厳密には uncal )
D → directivity エラー修正
R → refrection tracking エラー修正
S → source match エラー修正
T → transmission tracking エラー修正
X → isolation (crosstalk) エラー修正

それぞれの意味はエンハンストレスポンス校正あたりで検索する (自分はよく理解してない)

なお cal を done したときに、終わった calibruation menu のハイライトが一部消えるのは正常 (上記エラー情報を計算し終えると消える仕様)

  1. トップ
  2. tech
  3. NanoVNA 左側の文字の意味
▲ この日のエントリ