とりあえず実装してみた。http://lowreal.net/rpc/xmlrpc に ping 送ると表示されるように。実装は Ruby。logs の各日付への ping しか受け付けてない。そのうちそれ以外のリソースにも対応させてみたい。ようは受信したら trackback と同じように書き込めばいいだけだし、この日記のデータは XML だから扱う言語が Ruby だろうが PHP だろうが関係なくてよろしい。XML 操作するのは割と面倒臭いんだけど。

作ってて何となく感じたのは、ちゃんとツールが実装すれば tDiary のリファラのように働くなぁと。トラックバックは明示的にで、ピングバックはそうじゃない感じ。Auto Discovery だったらどっちも大差ないか。

Ruby で作られた blog から Pingback を送るためのモジュールがっ。

しかしデータ直書きの場合はいかにして自動で送ればいいだろう。a 要素抽出してキャッシュ。前回のキャッシュと比較して追加されていたら pingback ってあたりかなぁ……

あぁ……Faults Code って XMLRPC::FaultException.new で作るのか……

自動で Pingback するようにしてみた。'http://' で始まる attribute::href を探して撃つ。撃ったらキャッシュに突っ込む。次から追加されたのだけ撃つ。いちいち全部のファイルをスキャンするのはアレだけど仕方ない。少しずつ更新するの (C-c C-c) に時間がかかるように……

  1. トップ
  2. web
  3. Pingback 実装
  1. トップ
  2. prog
  3. Pingback 実装

writeback ファイルが巻き戻ってる……おかしいな。消えるかさっきバックアップとったぶんに戻るならまだしも微妙な時間に巻き戻ってる。なぞすぎる。

  1. トップ
  2. web
  3. 巻き戻り?

SP2 入れてからまたウィンドウ最小化したときとかに完全に Windows が応答しなくなるようになった。マウスもキーボードも一切聞かなくなる。本体からピと音が鳴る。あとはもうリセットボタン押すのみ。

前回のときはサムライ消したら直ったから、原因は違うかもしれない。でも症状は全く同じ。っつうか一日に二度も三度も完全にハングされたらやってらんねー。

  1. トップ
  2. soft
  3. 再描画。完全フリーズについて

time.rb が xmlschema でパースしたときタイムゾーンを無視しているみたい。いや、無視じゃなくて Ruby オブジェクトにするとき地方時間になってないのか。

Time.now.xmlschema
#=> "2004-10-23T03:27:57+09:00"
Time.xmlschema(Time.now.xmlschema)
#=> Fri Oct 22 18:28:11 UTC 2004
Time.xmlschema(Time.now.xmlschema).xmlschema
#=> "2004-10-22T18:28:25Z"

あらまぁ。

Time がゾーンとマイクロ秒を同時に扱えないのか。何かよくわからない。地方時ってシステムの時計のことなのかな。それ以外の地方はどうやってセットするんだ。てか Time.to_s のフォーマットって読み難い。

  1. トップ
  2. prog
  3. time.rb タイムゾーン

Pingback 1.0

何が違うんだろう? XML-RPC かどうかの違い? それだけ?

excerpt がないのと、どんなリソースにでもバックできるってのが Pingback かなぁ。それだけかね。

でも TrackBack よりは送信先の URI が一定で、パラメータ取得するのが容易な Pingback のほうが好きだな。

不正な ping 調べるのが結構面倒だ…… sourceURI に自分のホストを含まず targetURI に自分のホストを含むときに受付ですかね。

  1. トップ
  2. web
  3. TrackBack? Pingback?
  1. トップ
  2. prog
  3. TrackBack? Pingback?

ネゴシエーションで CGI ファイルが選択されたとき、拡張子無しのファイル名がインタプリタに渡されて Script File Not Found! になるっぽい。どうしたらいいかな。いや原因は違うのかもしれない。

XREA SUPPORT BOARD で発見 MultiViews設定時のCGIWrap Error

  1. トップ
  2. web
  3. Negotiated Script
  1. トップ
  2. prog
  3. Negotiated Script

update.mozilla.org をセーフリストに入れてるのに .xpi をインスコできない。いみふ。当たり前だけど他のサイトからはできる。HTTPS だから?

それと、mozdev.org はサブドメインに拡張のアレふってるからいちいちセーフリスト加えるのがメンドイ。ワイルドカードとかできないのかなぁ。

  1. トップ
  2. soft
  3. Mozilla Update

これ全く使えないんですけれど、何か他にモジュールとか、もしくはバージョン制限とかあるんですかね。

p REXML::Version
#=> "3.1.2" or "2.7.3"
src = REXML::SourceFactory.create_from("<a attr='val'>text<b/></a>")
puts (e = REXML::Element.new(src))
#=> </>
puts REXML::Element.new("child", e)
#=> <child/>
puts e
#=> <><child/></>
puts REXML::Element.new(e)
#=> </>

これは 私家版REXML APIリファレンス のやつをそのままコピって実行してみた結果。

自力でエレメンツちまちま追加してくとか DOM 並に面倒臭いのですが!

rexml/element.rb の initialize に Source クラスのインスタンス渡したときの処理が 3.1.2 でも 2.7.3 でも見当たらない。コメントにはちゃんと書いてあるんだけど、未実装なのかな。

それと REXML::Element.new("<ele>") の結果が <<ele>/> なのはどうなのよ。使用できない文字渡されたら例外のほうがいいと思うんだけど。

Document と同じ build メソッドを作ってやればいいのかな。あとで試そう。

module REXML
class Element
def initialize( arg = UNDEFINED, parent=nil, context=nil )
super(parent)
@elements = Elements.new(self)
@attributes = Attributes.new(self)
@context = context
if arg.kind_of? String
self.name = arg
elsif arg.kind_of? Element
self.name = arg.expanded_name
arg.attributes.each_attribute{ |attribute|
@attributes << Attribute.new( attribute )
}
@context = arg.context
elsif arg.kind_of? Source
build arg
self.name = @elements[1].expanded_name
@attributes = @elements[1].attributes
@elements = @elements[1].elements
@children = @children[0].instance_eval("@children")
end
end
private
def build(source)
Parsers::TreeParser.new(source, self).parse
end
end
end

無理やりなんだけどこれでいいのかなぁ。表示的には思い通りだけど何か穴がありそうだ……

  1. トップ
  2. prog
  3. REXML, SourceFactory, Element

テスト終わったはずなんだけど終わった感じがしない。始まってもいない。

模試の結果が返ってきた。なんか普通だった。さらにやる気がなくなった。

  1. トップ
  2. life
  3. テストの終り。寝る。