注意 これは間違ってるかもしれない。実際に実装を使って確かめたわけじゃない。今はめんどくさくて確かめたくないので覚書的なもの。

変数バインドエレメント (xsl:param, xsl:variable) では select でノードセット格納するときと、子要素にテンプレートを書いてごちゃるのとでは違うらしい。後者は結果ツリーフラグメント (Result Tree Fragment) になる。これはルートノードを含む。(select の場合でもルートノードを含むように選択すればルートノードは含まれる。例えば document() を単体で使えば必ずルートノードがノードセットの入る)

<xsl:variable name="foo" select="/bar"/>
<xsl:apply-templates select="$foo"/>
<xsl:variable name="foo">
<xsl:copy-of select="/bar"/>
</xsl:variable>
<xsl:apply-templates select="$foo"/>

前者の場合、ルートノードを含まないノードセットなので、無限ループに陥らずにちゃんとなる。後者の書き方によって $foo に格納されるのは結果ツリーフラグメントで、結果ツリーフラグメントはルートノードを含むので、(現在適用しているスタイルシートの match="/" にマッチして) 無限ループ。

結果ツリーフラグメントをノードセットと混同するとエラい目にあう。例えば Mozilla がクラッシュしたりとか。

  • 結果ツリーフラグメントは、結果ツリーの断片 (フラグメント) を表す。結果ツリーフラグメントは、ルートノードを1つだけ含むノード集合と同様に扱われる。
  • 変数バインドエレメントが select アトリビュートを持たず、コンテンツが空でない場合 (つまり、変数バインドエレメントが1つまたは複数の子ノードを持っている場合)、変数バインドエレメントのコンテンツが変数の値になる。変数バインドエレメントのコンテンツはテンプレートであり、このテンプレートをインスタンス化すると、変数の値が得られる。この値は結果ツリーフラグメントであり、このフラグメントはテンプレートをインスタンス化して生成した一連のノードを子に持つルートノードを1つだけを含むノード集合と同等である。

あっていれば xsl:param にノード集合を渡す。 はノード集合ではなく正確には結果ツリーフラグメントだ。まぁ扱い方的はあまり変わらないけれど……

ってことは <xsl:param name="ggg" select="'unke'"/><xsl:param name="ggg">unke</xsl:param> は違うんだ。実際これらを <xsl:value-of select="$ggg"/> とかやると文字列に変換されるので同じように見えるだけか。この場合前者の方が変換がなくてほんの少し高速かな。

  1. トップ
  2. web
  3. 結果ツリーフラグメント
  1. トップ
  2. xslt
  3. 結果ツリーフラグメント
  1. トップ
  2. xml
  3. 結果ツリーフラグメント

XPathXPath という名前だけでも誤解を招く。Path というだけにディレクトリパスとかを連想する。まぁ、ディレクトリパスとは類似点が多い。UNIX ファイルシステムにおけるルートディレクトリ (名前ナシ) と、ルートノード (展開された名前ナシ) とか、それに省略形による表記を使うとパット見ディレクトリを特定するためのディレクトリパスとなんら変わらない。‘/’ を区切りに使うのが紛らわしい。カレントディレクトリXSLT における カレントノード を混同しやすい。XPath にはカレントノードなんてものはない。コンテキストノード。

XPath は文字列とか数値も表現しえるので、ただたんにどっかのノードを特定する言語ではない。(とはいえ W3C 仕様書には XPath は、XML ドキュメントの一部をアドレッシングするための言語であり とか書いてあって紛らわしい)

だめだもう寝る。

  1. トップ
  2. xpath
  3. XPath の紛らわしさ
  1. トップ
  2. web
  3. XPath の紛らわしさ
  1. トップ
  2. xml
  3. XPath の紛らわしさ

IE (Gecko, Opera, etc) を無視するのと、音声ブラウザを無視するのはおなじ。

  1. トップ
  2. web
  3. IE

っていう感じでループさせて15枚セレクトを作ってみる。コメント書くのめっちゃ苦手だ(w

もうちょいページ自体どういう風にするかを考え中。

  1. トップ
  2. music
  3. Jackets 15
  1. トップ
  2. art
  3. Jackets 15

daimas の日記サンズを解雇になった田臥は、五十嵐くんに似てる気がするのだが間違ってる? ってのを、ミカン食ってるとき不意に見て鼻水でた。似てる。特にヒゲが。ヒゲ。

  1. トップ
  2. music
  3. 田臥 || 五十嵐

画像のナニがアレとかでと、規約読み直したらアソシエイト参加できそうジャマイカ的なので、amazon から画像ひっぱってるところ (現状 /jacket, /playing) はアソシエイト ID くっつけるようにしたので、そういうのウゼーよって人はてきとうにコピペすると良いと思います。謎すぎるなコレ。

  1. トップ
  2. web
  3. Amazon

正確にはまだ試験休みなのはいいとして、ここ数日ずっとハイテンション。ちょっと怖い。ずっとは続かない。

とにかく想像力を失くさないようにしようと思う。とりもどせない。既にあんまり無いところが厳しい! 経験的想像力 (?) は外をもっと歩いたり、憂鬱さの沢山味わわないとダメだから難しい。早く気付くべきだね。想像力について。

去年の自分のサイトを見てみたら今よりもっとすごく糞だった。おととしの見たらヤバすぎた。しかも XHTML とか、その他関連技術が自分の中である程度マトモになりはじめたのは今年だった。なんかもう学び始めてから二・三年たっている気がする。この一年はすごく長かったみたいだ。それと日記に書く文章が無駄に長くなったりもしてる。過去の日記とか読むのは微妙に辛い (わらい) けど面白いもんだ。ウェブに公開しちゃうと自分で捨てちゃったやつまで残っていて笑える。消してくれ!とか思う。どうでもいいな。

  1. トップ
  2. life
  3. 生活 of winter vacation

狂人日記 とか、ネット上にも載ってる各種インタビューとかで木下氏が ASIAN KUNG-FU GENERATION がどうとかっていう話が結構出てきて微妙に驚いた。意外だった。むしろ嫌いな系統だと思ってた。

どうでもよすぎてセクション切るか迷ったけど一応記録。

あーあと、LOST IN THE AIR っていうアルバムが出るらしくて楽しみだ。でも二月は永遠に来て欲しくないな。

  1. トップ
  2. music
  3. アート & ASIAN (ry

冬に想像する夏は素敵だと思う。その、夏の中にいるときとは違って、木の緑色だったり、いろんなもんの青さだったり、その他キラキラしたものしか浮かばないからいい。まーようは夏が涼しければいいんです。だよね?

つまりこういう幸せな世の中 (こう表現しざるをえないっていうかそうしないとアレ) では冬が一番素敵な季節なんですよ。秋とか春とか夏は花粉症 (ブタクサ, 杉, イネ) もあるしねー。

  1. トップ
  2. life
  3. 冬における夏
  1. トップ
  2. imagination
  3. 冬における夏