はてダって favicon 変えられたんだ。知らなかった

Analytics が使えるのも知らなかった。今日からとってみる。

「批判に耐えられないならブログ書くな」的なのがうざくて仕方ない。

何でうざいかっていうと、「ま、おれは批判に耐えられるんだぜ? かっこいいだろ?」ないし「おれは批判に耐えられないからアウトプットなんてしないぜwww 賢いだろ?www」みたいな顔が浮かぶとかだったり、僕が普段批判に耐えられなさそうだなぁという人達の日記を、そうでない人のブログよりも多く読んでいて、前者のほうが圧倒的に面白いことを書いているなぁと感じているからかなぁ。

「お金かけないとわかるようにならない」っていう類は全部苦手だ。どっからその金がでてくるんだ。楽しいか楽しくないかもわからないというのに

はぁもうなんで全くセンスというものがないんだろうか…… 形を捉えることができないし、想像力がないし、色を選べないし

THE JETZEJOHNSON の Discoveries の裏になんか XML っぽいものが書いてあるけど解像度ひくくてよくわからない……

数値っぽいのがカンマ区切りで並んでるから SVG っぽい何かみたいに見える。PDF っていうシグネチャが読めるけど PDF って XML っぽい感じになるっけ……

たぶんこのジャケットの表紙のデータかジェッジジョンソンのロゴのデータなんだと思うけどよくわからない。

例えばおれが他人が欲しがるような何か (価値) を持っているかっていうと、全然持ってないわけですよね。コード書くとか (それさえも不完全であるけれど) も、殆どの人はそんなこと別にできなくてもいいとか思っているし「コード書ければ世界が変わるのになぁ」なんて思ってる人はとても少ない。

「絵がうまくかけたらいいなぁ」とか「文章をうまくかけたらいいなぁ」とか、とても普通にどこでも見るけど、「コードがうまくかけたらいいなぁ」なんて全然見ない。

いやいいんだべつに…… 読めないものは評価しようがないんだ。たまに無性にもやもやした気分になる。大多数をちゃんと無視できていないのだ。

英語がんばって日本を出よう!ってことか。なんか窮屈だ……

ある言語を習得するっていうのは、それを実装言語として候補にあげられるってことなんだと思う (というかそれ以外なにがあるっていうんだ?)。「これ実装するにはこの言語が最適である」ってのがすぐ浮かばないと習得したとはいえない。そういうことができるようになるためには、言語仕様だけじゃなくて、周辺文化も知らないと、「あのライブラリがあるからすぐ書ける」とか「将来性とか実績がないので使えない」とか浮かばないのでダメだ。

またおれ「オーダーを考えてない」とかDISられるん? されたことないのに「また」っておかしいけど