いろいろ接続方法はあるけど、汎用・簡単なのは iBUFFALO USBシリアルケーブル (BSUSRC0610BS) とメスメス変換コネクタを使って無線機のCAT端子とコンピュータを接続する方法っぽい。ストレートに普通に接続すればいい。コネクタ一緒に買っても2000円ぐらい。

iBUFFALO USBシリアルケーブル(USBtypeA to D-sub9ピン)1.0m ブラックスケルトン BSUSRC0610BS -

3.0 / 5.0

BSUSRC0610BS は FTDI チップを使っている。Mac はバッファロー公式にはサポートされてはいないけど、FTDI のサイトで Mac 用のドライバも提供されていて、普通に使える。

ドライバをインストールした上で、接続すると、/dev/tty.usbserial-FTB3L9UG とかデバイスファイルができる。

Ruby で呼び出してみる。

Ruby でシリアルポート (RS-232C) を扱う場合、gem install serialport を使うと簡単なようだ。以下のようなコードでなんとなく操作できる。

プロトコルのマニュアルは八重洲のページからダウンロードできる。特に pack/unpack をする必要もないし、ASCII データのやりとりだけなので、プロトコル自体は難しくなく、そのまま読むことができる。

この例では、

  • VFO-A に切替え
  • AI をオン (こちらから要求しなくてもリグの状態が変化すると通知される)
  • VFO-A の周波数を設定
  • 上方向にスキャン開始
    • AI で送られてくる FA (周波数変化情報) が指定した周波数以上になるまで待つ
  • スキャンを停止
  • AI をオフ

ということをしている。

class CAT
	BAUDRATE    = 4800
	DATABIT     = 8
	STOPBIT     = 2
	PATITYCHECK = SerialPort::NONE

	Message = Struct.new(:cmd, :params)

	def initialize(args)
		@port = SerialPort.new(
			args[:port],
			BAUDRATE,
			DATABIT,
			STOPBIT,
			PATITYCHECK
		)

		@read_queue  = Queue.new
		@read_thread = Thread.start do
			while message = @port.gets(";")
				_, cmd, params = *message.match(/^(..)(.+);/)
				@read_queue.push(Message.new(cmd, params))
			end
		end
	end

	def command(cmd, param="")
		@port.write "#{cmd}#{param};"
		sleep 1
	end

	def scan(start, finish)
		# SELECT VFO-A
		command "VS", "0"
		# AUTO INFORMATION
		command "AI", "1"
		# SET FREQUENCY
		command "FA", "%08d" % start
		# START SCAN
		command "SC", "1"

		while m = @read_queue.pop
			next unless m.cmd  == 'FA'
			if finish < m.params.to_i 
				break
			end
		end

		# STOP SCAN
		command "SC", "0"

		# DISABLE AUTO INFORMATION
		command "AI", "0"
	end
end

cat = CAT.new({ :port => '/dev/tty.usbserial-FTB3L9UG' })

cat.scan(7_000_000, 7_030_000)

このように、連続してコマンドを送ったりする場合、適当に sleep を入れないとだめとか、そういうのがあるようで、ちょっと面倒くさい。うまくできるまで試行錯誤が必要そう。何かもっと正しいやりかたがあるかもしれない。

あと、応答が存在するコマンドを、こちらから一方的に連続して送りつけると、受信できるデータがまざっておかしなことになる。どんな実装になってんだよ、って感じだけど、コマンドを送るときは1つずつ確認しながら送る必要がある。ただし、応答がないコマンド (単にセット) は、応答がないので、いかんともしがたい。よくわからん!

さらにいえば、このような一連のコマンドでオートコントールしようとするなら、無線機側の操作を全 LOCK する必要がありそう。LOCK コマンド自体はあるけど、部分的にしかロックできなかったりするのでめんどい。

  1. トップ
  2. アマチュア無線
  3. Mac OS X でリグコントロール 基本 (YAESU FT-450D)

中学生のときに1度行ったきりだったけど、改めて行ってみた。特に知り合いとかがいないので、アイボール (ネット用語的にはオフ会のことです) の楽しみはなく割とアウェイな感じだったけど、思ったよりも全然人が多くて、ハム人口は減った減ったと言われてるけど、自分は今回あんまりそういうの感じなかった。ただ、年齢層はかなり高く感じた。

やはりこういうところも、自分でいろいろ作っている人の話を聞くのがおもしろく、いい感じのおじさんが目をキラキラさせて自作品のいいところを喋ってるのを見るのはこちらも楽しいです。

あとは普通にコネクタとかフェライトコア、コモンモードフィルタとか安くなっていていろいろ買った。アンテナアナライザ (AA-54) は安くなってはいなかったけど買ってしまった。

  1. トップ
  2. アマチュア無線
  3. ハムフェア2013