これを試しにブレッドボードでやってみた。

  • 上側の「T型」がローパス、下側の「T型」がハイパスフィルタとして働き、ツインT型部分でバンドリジェクトフィルタを構成する?
  • 上側は位相が遅れ、下側は位相が進む
  • トランジスタのコレクタ側から負帰還させて発振させてる

定数決定がむずかしそう。いまいちよくわからない。

Wikipedia によると

R1 = R2, C2 = C3, R3 = R1 / x, C1 = C2 * x で x 倍以上増幅すれば発振器になるとのことらしい。このとき、周波数は以下の式

手元のやつでやって実際計ってみた。電源電圧は 3V ぐらい。電圧をあげると周波数もあがるっぽい…

R1=10k, C2=0.012u

C1 は 0.1u

R = 10e3; C = 0.012e-6; 1 / (2 * Math.PI * R * C )
//=> 1326.2911924324612

実際は 1650Hz ぐらいで発振してる。このぐらい誤差なのかがよくわからない。

R1=22k, C2=0.012u

C1 は 0.1u

R = 22e3; C = 0.012e-6; 1 / (2 * Math.PI * R * C )
//=> 602.859632923846

しかし発振せず。

R1=10k, C2=0.027u

R = 10e3; C = 0.027e-6; 1 / (2 * Math.PI * R * C )
//=> 589.4627521922049

786Hz

R1=10k, C2=0.1u

C1 も C2 も 0.1u

R = 10e3; C = 0.1e-6; 1 / (2 * Math.PI * R * C )
159.15494309189535

244Hz

この状態で C1 に 0.1u 並列でつないで 0.2u にすると、210Hz 付近に発振周波数がさがる。

  1. トップ
  2. tech
  3. ツインT型発振回路
  1. トップ
  2. ham
  3. ツインT型発振回路
  1. トップ
  2. 発振回路
  3. ツインT型発振回路

現状、あんまり効率的な開発手法みたいなことに興味が沸いていない。自分が楽できるように効率的にすることには興味があるけど、チーム的にこう進めたほうがいいみたいなことには興味がない。自分でいくらそれを考えても、どうも意味がないようだという感じだからだと思う。

[avr][raspberrypi][ham] Raspberry Pi を中心にやってみようとしているところ | Mon, Jan 20. 2014 - 氾濫原 を実現しようとケース加工して、ひとまず収めた。ただしもやもやと考えていた以下の機能を実現せず、基本機能に絞って実装した。

  • センサー類
    • 外に出すべきか悩んで結局やめた
  • 無線機の操作性改善的なこと
    • たとえば width を変えられるボタンをつけるとか

モデリング

どのぐらいの大きさのケースが必要か? というレベルから検討が必要だったので、Raspberry Pi 及び周辺回路のくみあがりをおおよそで SketchUp でモデリングして配置を検討した。

これはそこそこ意味があったと思う。組みあがった基板をちゃんと計ってフロントパネルの穴開け部分を事前に書いたりしてる。

回路全体を実装

一部ブレッドボードになっていた部分をユニバーサル基板に全ての機能を実装しなおした。一発で動かなかったけど回路図を間違えて作っていて、回路図を間違えていると実体配線図も自動的に間違えるので残念な感じの間違いになっていた……

ケース加工

モデリングしたデータを等倍印刷して、普通の紙用のスティック糊ではりつけて、穴開けをした。

フロント

ボタンとLEDあたりが一番位置決めがシビアでうまくいくか不安だったけど、モデリングして印刷作戦がうまくいってピッタリにできた。

四角の穴をあけるのも初めてだったので不安だったけどなんとかあけられた。



ぴったりサイズの線ではなく、1m ぐらい大きい枠線を書くべきだったのが反省点だった。しかし四角の穴あけるの大変すぎて二度とやりたくない感が強い。

バック

裏側は Raspberry Pi の USB 端子を出す穴 (Wi-Fi があるので外に出す必要がある) と、RS-232 コネクタを取り付ける穴、DC ジャックの穴が主で、Raspberry Pi の USB 端子の穴だけ、位置が決まっているので気をつける必要があった。結果的にはうまくいったけど、取り付け穴がぎりぎりの位置になってしまって作業しにくかった。

RS-232 コネクタは最終的に穴の形がわからなくなるので適当にあけた。

完成

液晶の表示内容は考え中で、ソフトウェア側は (だいたいできてはいるけど) ちょいちょいいい感じにする。

  1. トップ
  2. tech
  3. ケース加工してハードウェア部分をフィックス
  1. トップ
  2. ham
  3. ケース加工してハードウェア部分をフィックス

アルゴリズムを原理から実装するみたいなのが相変らずできないわけだけど、そうでないものなら比較的すぐに実装を書けるようになってはきているので、普段の生活でちょっとしたハックみたいなのはコストパフォーマンスが非常に高く、やっていて面白い。

なんとなく以下らへんのスキルを Lv 7/10 ぐらい (Lv5 でギリギリ実用、みたいな) まで上げれたら上から下までできます!!って言えそうだけど、だいぶ遠く感じる。書いたレベルは現状の甘めの自己評価です。スキルポイントが足りてないんで、スキルシミュレーターとかが欲しいですね。

  • ウェブのフロントエンド (JS, HTML, CSS)
    • Lv7
  • ウェブのサーバーサイド (Ruby, Perl, JS)
    • Lv7
  • サーバーミドルウェア (httpd, memcached etc...)
    • Lv5
  • ネットワーク (ルーティングとか、ネットワーク冗長性とか)
    • Lv3
  • OS (マルチタスクとかメモリ管理とか)
    • Lv2
  • ハードウェアドライバ (OS 上で USB のドライバを自力で書くとか)
    • Lv2
  • ハードウェア組み込み (OS なしでハードウェアIOを叩くとか)
    • Lv2
  • 電子回路 (特にデジタル回路・デジタル回路実装に必要なアナログ回路の知識)
    • Lv2

ネットワークとかミドルウェアあたりは、会社にいると専門の人がいるから自分でほぼやることはなくて、あんまりスキルあがっていかない。それと独学だと解決すべき大きな問題が発生しないので、スキル上げしにくい。パーティプレイ必須はぼっちプレイヤーにはつらい。

ハードウェア以下の低いレイヤーは、全く仕事の役には立たないけどモチベーションは比較的高く、解決したいちょうどいい問題が結構ころがっているのでソロプレイでもスキル上げしやすい感じがする。ただ、一定以上からパーティプレイ必須で、ソロだと決して上がらなそう。

ウェブよりのレイヤーはソロプレイでスキル上げしやすい。わからないことは結局ソース見たら解決するし、バグってるの見つけたら pull-req する、みたいなのでレベルが上がっていく。

なので、ソロで上げれる限界的には Lv10, Lv10, Lv7, Lv5, Lv6, Lv5, Lv5, Lv6, Lv7 みたいな感じになりそう。