電工ペンチ (圧着とかストリップとか一通りできる便利道具) を捨てて、ちゃんとした圧着ペンチとストリッパーをそれぞれ買った。

ホーザン(HOZAN) 圧着工具(裸圧着端子/裸圧着スリーブ用) 圧着ペンチ コンパクトタイプ サイズ1.25/2 P-732 -

5.0 / 5.0

ベッセル(VESSEL) ワイヤーストリッパー No.3500E-1 -

5.0 / 5.0

もうほんと、全然使い勝手が違う。最初からこの2つを買うべき。

電工ペンチのストリッパーは全然切れなかったけど、専用ストリッパーは無理矢理ひっぱらなくても綺麗にストリップできる。

圧着ペンチはもう全然違う。電工ペンチではいくら力を入れても一定以上圧着できないうえに、端子を噛みこんでしまって外すのが大変だったけど、ホーザンのこれだと全然力は必要ないし、綺麗にはずれる。電工ペンチで圧着したものを再度新しいもので圧着してみたけど、力はそれほど入れてないのに、さらに強く圧着できた。

  1. トップ
  2. tech
  3. 電工ペンチを捨て、専用ストリッパーと圧着ペンチを買った

しばらく(2年ぐらい?)ELECOMの難燃のケーブルボックスを使ってみた使い勝手がよかったので、うちで使ってるものをこれに統一したり、使ってないところでも使うようにした。

ELECOM ケーブル収納ボックス 6個口電源タップ収納 ブラック EKC-BOX001BK -

5.0 / 5.0

まず難燃ってのが良い。ケーブルボックスで明確に難燃とうたってる製品はあんまりないのでありがたい。

素材の質感もなかなか良い。スチロール系のテカテカしたプラスチック感はなくて梨子地のいい感じのもの。

そのうえで使い勝手がなかなか良い。蓋はのっかるだけのものだけど、意外と綺麗にしまる。少し高さ(深さ)があるためだと思う。これのおかげで溝からケーブルを出しやすい。

内径で一番狭いところは 365mm x 128mm x 125mm。6個口用と書いてあるがその通りで、6個口のOAタップでちょうどいいサイズ。

Before

  • ONU (GE-PON<M>A GE-PON-ONU<1><2>)
    • 光ルータ (RT-200NE) のハブ
      • 光ルータ (RT-200NE) のWAN
        • ひかり電話 RJ-11
      • PPPoE ルータ (MR-OPT100E)
        • LANコンセント
        • 無線LANルータ (WHR-G54S)

光ルータのハブに一回繋いでからWANに繋いでるのでかなり不安になる感じ (ONU直下のハブとして光ルータのハブ部分を使ってる)。まぁ動いてはいる。そして無線LANルータがブリッジではなくルーターとして接続されているので二重ルーター状態だった。意図がよくわからない。ブリッジの概念を知らなかったのかも。

2006年ごろに構成したので意味不明なのは仕方ない。

After

  • ONU (GE-PON<M>A GE-PON-ONU<1><2>)
    • 光ルータ (RT-200NE) のハブ
      • 光ルータ (RT-200NE) のWAN
        • ひかり電話 RJ-11
      • PPPoE ルータ + Wi-Fi (Aterm WR9500N)
        • LANコンセント

素直な構成としては光ルータに PPPoE 設定をして無線LANルーターはブリッジにすることだけど、設定画面が2つになるのが面倒だし、光ルーターが100Mbpsだし全体的にあんまり変えたくないので、単純に PPPoE ルータ+無線ルータを新しい無線ルータに変えた。ONU直下のハブだけ更新すれば IPv6 は 1Gbps 出せるような気がする。

備考

「GE-PON<M>A GE-PON-ONU<1><2>」は12年前に設置した ONU だが、名前 (Gigabit Ethernet-Passive Optical Network) の通り実はギガビットらしい。

100Mbps 契約なので 100BASE-T でしかリンクしないのだが、契約変更するとNTT側からの遠隔操作で 1000BASE-T でリンクアップするようになるらしい。おもしろデバイス……

(写真は練習の別の候補問題のもの)

日曜日が試験日だった。どうやら筆記試験と違って、試験会場が県あたり1つしかないようで、試験会場の最寄りのマイナー駅がものすごい混雑だった。こんなに受験者がいるのかーとびっくり。

追記:神奈川県の場合、試験会場は2つだったみたい。

候補問題が13問なので2週間ぐらい前から1日1問ずつ消化していった。練習してみると結構欠陥 (不合格) を出してしまう。特に電線の種類・長さを間違えると、他の欠陥に比べて取り返しがつかないことになる。ということで当日は特にこのへんを気をつけようという心掛けをした。

出題問題は候補問題7の4路スイッチを含む回路だった。

あんまり好みの問題ではなかったけど一通りやるだけやったという感じ。電線色が任意の箇所が多いので逆に不安になる。約15分ほど残して終わり。見た目的には教科書通りという感じだけど、一通りチェックはしても細かい欠陥があるかどうかは、勘違いとかもあるのでよくわからない。合格発表は8月20日。合格していなかったら下期に再受験。

  1. トップ
  2. tech
  3. 第二種電気工事士 技能試験