結論からいうと CAT6 か CAT6A を使う。33m までなら CAT6 でも良いことになっているので家庭なら CAT6 でも十分ということになる。ただ伝送帯域に余裕がないので、取り回しに問題がないなら CAT6A を使うほうが良さそう。

8P8C (RJ45) コネクタを使う CAT7 CAT8 規格は存在しない

簡単にいうと CAT7 CAT8 のコネクタは CAT6A 以前とは互換性がない。

ケーブルにいくら CAT7 CAT8 適合なものを使っても、コネクタに 8P8C (RJ45) を使う場合には CAT6A と同等の扱いとなる。ただの硬い CAT6A ケーブル。

また、CAT7 以上では STP なので、機器側でアースがしっかりとれていなければならない。家庭用機器でアースをとるものはほとんどない (接地用端子・接地極がついたコンセントがそもそも普及してない) で、この点でもやはり意味がない。

電位が浮いてる状態の導体があると、そこがアンテナになってしまう。また、適切に両端を接地したとしても、今度はグラウンドループが形成されるため、かえってノイズが増えることもある。接地すべきかどうかがケースバイケースで決まってしまう。この点でシールドケーブルは素人には光ケーブルよりも取り扱いが難しい。なので10Gbps以上になってくると本格的にファイバーに移行する必要が出てくるのではないかと思う

  1. トップ
  2. tech
  3. 10GBASE-T LANケーブル CAT6 CAT6A CAT7 CAT8
▲ この日のエントリ