2016年にウェブ縄文時代がどうこう書いたけど最近どうやらウェブ縄文時代が本当にきつつあるみたい、と書こうとしたら既に morygonzalez さんが書かれていた のであまり書くことはない。縄文時代というか、個人サイトへの回帰という話だけど、観測範囲のブログやら日記がASPホスティングから個人サイトに移行したりしている。

知り合いとチャットしていて教えてもらったけど、国内だけの事象というわけではないみたいで、今年の6月には The Return of the 90s Web という記事が書かれていた。不思議な潮流。

2017年に個人サイトは終わってしまったのかと書いたことがあるけど、終わってないかもしれないので嬉しい。このエントリでも触れてるけどASPホスティングの個人ブログも、セルフホスティングの個人サイトも境界は技術的には曖昧で、しいていえばコンテンツを自分で所持しているといえるかどうか。「個人サイト」は閲覧者的には技術的に区別はつかず、どちらかといえば誰のブランドで発信されているかという印象的なものと思う。

  1. トップ
  2. tech
  3. ウェブ縄文時代への回帰

NanoVNA V2 という名前で開発されているが、ややこしいので開発コードである S-A-A-2 (Simple Antenna Analyzer 2 の略らしい) と呼ぶことにしておく。NanoVNA に触発されて開発されていて (開発者は別)、操作性やファームウェアコードの一部は NanoVNA と一緒だが、ハードウェアは再設計されている。

NanoVNA ではクロックジェネレータ1つを5次高調波まで使って 900MHz まで実用的なダイナミックレンジを実現しているが、S-A-A-2 ではここが違っていて、クロックジェネレータに加えてPLLシンセサイザ(ADF4350)を使って高調波を使わない設計になっている。ADF4350 は 137.5MHz~4,400MHz の範囲を出力できるため、基板がしっかりしていればこの範囲を測定範囲にすることができる。140MHz以下はクロックジェネレータの出力をそのまま使う。S-A-A-2 はハードウェアバージョン V2_3 までで 3GHz まで対応している。

ファームウェアはUIや計算まわりで NanoVNA を引き継いでいる部分もあるが、C++11 で書かれており、特に USB 通信まわりはまったく別のプロトコルになっている。MCU は STM32 の互換品の GD32F303CCT6 ARM Cortex-M4 で DSP/FPU/SIMD がついている。

既にこれのクローンも Aliexpress で売られていたりする。扱う周波数が高くなるほどクローンも怪しくなるので、自分は tindie で注文した。

使い勝手

操作性はほとんど NanoVNA と変わらない。充電回路はついているが、バッテリ本体が付属しないので適当なのを選んでつけてやる必要がある。

ケース

- https://www.thingiverse.com/thing:4592730

これがいい感じだった

  1. トップ
  2. tech
  3. S-A-A-2 (NanoVNA V2) を手に入れてみた

Robotime 3D立体パズル DIY組立 ギア 宝箱 パーペチュアルカレンダー クラフト 123PCS 子供 おもちゃ おもちゃ オモチャ 知育玩具 男の子 女の子 大人 入園祝い 新年 ギフト 誕生日 クリスマス プレゼント 贈り物(振り子) - ROBOTIME

ROBOTIME

4.0 / 5.0

↑ と同じだと思うけど Aliexpress 経由で買ったので作った。箱が潰れてたり板が反ってたりで厳しいので、あまり Aliexpress で買わないほうがよいかも。

ゼンマイ動力振り子式脱進機のちゃんとした機械時計で結構おもしろい。組立方法もよくできてるし、ギアを1つ1つ塊にしてく工程も楽しかった。

24時間動くわけではないようなので実用ではなく、あくまで動く模型という感じかな。それにしては振り子にしっかりネジとスプリングをつかった時間の補正機能がついていたりして凝った設計。ちょっと調整すれば1〜2時間ぐらいは大きな狂いなく動いてるのが観察できる。

単に可愛い女の子のレベルをあげるだけのハクスラ系… | Wed, Sep 23. 2020 - 氾濫原 とか書いたけどエピックセブンというスマフォゲーを最近やってる。スマフォゲーにしては割と続けられている気がする。

最近のゲームは課金体系が複雑で、エピックセブンもこれに漏れない。ピックアップと呼ばれる特定キャラクター(火氷木属性のみ)の出現率があがるガチャは無課金でも天井(確定でひけるという意味) までいけるぐらいゆるい。一方で光と闇という2属性に関しては別扱いされており、かなりえげつない設定がされている。

とはいえ特定のキャラがどうしても欲しいみたいなこだわりさえなければ気にする必要はなく、光と闇のキャラも課金せずともそこそこひくチャンスはある。PvP をやるなら別だけど、PvP は完全に廃課金煽りのためにあるコンテンツで、特定キャラクターを持っていることがまずスタートラインなので、あんま頑張っても際限がない。

結構ゆるくやっててもそこそこ楽しめるようになってて、要求を通そうとすると急激にお金がかかるというのは最近のスマフォゲーらしい設計に感じる。

個人的には何も考えずただ育成して強くしていくのがやりたいことなので、コストかけずに楽しめているかな。

ちなみにキャラよりも装備のほうが強さに支配的で、最良を目指すとキャラガチャよりも遥かに厳しい。


最近上方修正が入ったセレストさん。このキャラが一番すきだけどあんまり強くはない。☆3キャラ

天メルさん。手持ちでいちばん全体攻撃が強い。最近の周回でよくつかってる。手持ちの☆4☆5の中で唯一15までスキル強化した。



ワイバーン13で使ってる4人。11まではカリンとか水キセとかルルカとか他適当なのを使ってたけど、13では通用しなかったのでいろいろ育ててみた。デバフが綺麗に入るならバリア前に倒せるけど自動戦闘で安定するというレベルにはなってない。

アンジェリカは防御が不足気味で運が悪いとバリア前後で死ぬことがある。

アレクサは装備があまり良くなくて攻撃が足りないけど十分強い。

ワイバーン専用セクレット。デバフと火力を両立しつつスピードも高めにしてて厳しい。スピード捨てて攻撃上げれるならいいんだけど、そういう装備が手持ちにない。

フューリオスが要、クリ率アップしつつ常時防御デバフ(当たれば)つけれる。このゲーム、全てのデバフが15%外れることが保証されているのでそう狙ったようにはならない。

ワイバーン13みたいなのは面白いけど結局特定のキャラしか使えないのが残念。

Aliexpress で「15W 5-6dB 1.35GHz-9.5GHz UWB Ultra Wideband Log Periodic Antenna」と称して売っていたもの、せっかく NanoVNA V2 (S-A-A-2) で 3GHz までリターンロスが見れるようになったので見てみた。

測定点を増やして見たかったので NanoVNA-QTを使って USB 接続で計測

こんな感じで、確かに 1.35GHz ぐらいから SWR=2.0 以下ぐらいになっている。

  1. トップ
  2. tech
  3. 1.35GHz-9.5GHz 基板ログペリアンテナ

RIGOL ミックスドシグナルオシロスコープ MSO5074 70MHz 4ch 8GSa/s 10月限定無償提供キャンペーン【88,800円分のバンドルオプション+最大レコード長200Mポイント拡張】3年間保証付き - RIGOL

RIGOL

5.0 / 5.0

今まで使っていたもの

今まで使っていたのは2014年1月に買ったOWON SDS7102。安くて使えはするけど、ロータリーエンコーダーに不具合があったり、ノイズに弱いのを感じたり、全体的におもちゃっぽいので若干不満だった。

SDS7102 は帯域が100MHzな一方、MSO5074 は 70MHz なので若干スペックダウンしているが、実際 100MHz まで必要な測定はそれほどしてこなかったので、まぁいいかな。付属プローブや、ハードウェア的には MSO5074 は 350MHz モデルと全く同じらしく、ソフトウェアで制限がかかっているだけなので、最悪オプションでなんとかできる。

なぜ MSO5074 か

  • 4ch (2ch だと足りないなと思うケースが何度かあった)
  • I2C SPI RS232 がデコードできる (ロジアナも持ってるけど、出してきて接続するのが面倒くさい)
  • カラーグレーディングできる
  • メモリ長が非常に長い
  • 表示が綺麗
  • チャンネルごとに独立操作できる
  • 25MHz までのシグナルジェネレータがついている

Rigol は手持ちに スペクトラムアナライザ DSA815-TGを持っているけど、ネットワーク関係が割と良かったり、比較的堅牢で使いやすかったので、そこそこ印象が良い。

MSO5000 シリーズは Rigol の中でもミドルレンジなのでそれほど安くはない。が、オシロは電子工作する上でどっちにしろ一番使う測定器には違いないので多少お金かけてもいいかなと思う。

ちなみに 16chロジックアナライザ機能もついてるけど、専用プローブが普通に高いのでたぶん買わない (5万円ぐらい)。I2C SPI RS232 ぐらいなら 4ch アナログで十分かな

最初の印象

まだあまり使ってないので細かいところはわからないが以下の点の印象が良い

  • LAN 経由でブラウザから操作できたりキャプチャしたりできる
  • タッチ液晶 (思ったより良い)
  • ズーム機能

今のところよくないなと思う点

  • 起動が遅い (1分ぐらい)
  • レスポンスはそれほど良くない

経緯

プライムデーにあやかって?代理店が独自にキャンペーンしてたみたいで、バンド幅拡張以外のオプション全部付きで12万弱になっていた。すこしまえから気になってチェックしていたので、この機会にということで購入。

  1. トップ
  2. tech
  3. オシロスコープ Rigol MSO5074 を買った

ZeroPlus LAP-C と sigrok pulseview の組合せについては書いたことがあるけど、ビルドする必要があったり、UI 的にいまいち使い勝手がよくなかった。

けどそれは2014年の話で、それから6年が経ち、改めて PulseView を使ってみたら大変進化していて、普通に使えた。各プラットフォームでビルド済みのものがダウンロードできる し苦労する点はない。

試しに STM32 の SWD を解析してみたがうまく動いている。トリガのかけかたも簡単 (A1 の右側についてるアイコンがトリガのマーク)

プロトコルアナライザも豊富にみえる。設定も簡単で何も悩むところはなかった。

  1. トップ
  2. tech
  3. ロジックアナライザ sigrok PulseView + ZeroPlus LAP-C



バッテリーが付属していなかったので、別途買った保護回路付き 1000mAh のバッテリーをインストールした。XH コネクタで、極性は見ての通り基板に印刷されているのでよい。

S-A-A-2 はバッテリーの状況は画面に表示されない。基板裏の赤い4つLED(裏返してコネクタを下にしたとき右端にある)が充電管理ICと直結しており、残量や充電状況を示すようになっている。充電中は点滅する。

  1. トップ
  2. tech
  3. S-A-A-2 (NanoVNA V2) にバッテリーをインストール

久しぶりに動かしてみたシリーズ。STM32F103C8 + ChibiOS の環境でやってみた。

基本的に ST7735 を使った液晶 などとプロトコルそのものは一緒なので、コードは流用できる。が、ハマってしまった。

  • SCL: SCK
  • SDA: MOSI
  • RES: RESET
  • DC: Data/Command
  • BLK: Backlight control (float で良い)

ハマったところ: CS (チップセレクト) がない

写真を見たらわかるが CS 信号がピンヘッダに出ていない。どうやら GND に接続されているらしい。この状態だと CPOL (極性) を 1、CPHA を 1 (いわゆる SPIMODE=3) にしないとダメなようだった。

そして CS の制御ができないと何が困るか、というとクロック信号を不要に発生させるとグリッチが発生してしまう。

今回はSPIデバイスのオン/オフを都度都度行っていた関係でどうしてもクロックに余計な信号が入っていたので、それをなくしたら動いた。

参考文献

  1. トップ
  2. tech
  3. 1.3inch ST7789 240x240 SPI TFT 液晶