標準添付の rexml は軽くやるぐらいなら十分だけど、名前空間関係がちょっと怪しい。今時 XML を真面目に使えないとなるとやばい。

RAA を検索してみると libxml-ruby がよさげなので試してみる。extconf.rb がなんだかしらんが全く通らないので該当部分でばっさりコメントアウト。extconf.rb の存在意義なし!!!

リファレンスの類が見当たらない。要素は ele = XML::Node.new(element_name[, content]) で作るみたい。便利だけど Node っていう名前にちょっと違和感が……属性は ele["attr_name"] = attr_valueDOM 実装を期待してたんだけど違うらしい。getElementsByTagName は Node#find みたいだし (find の引数は XPath なので全然違うが) あーやばい。コンテキストノードとカレントノードの違いを忘れそうだった。Node#find はトップレベルのコンテキストノードにレシーバを設定して云々、でいいのかな。カレントノードが XSLT のものだよなぁ。

名前空間関連はまだ調べてない。libxml だから大丈夫だと思う(てきとう。とりあえず学校へ。眠いっつうの。

  1. トップ
  2. xml
  3. Ruby で XML をまじめに使いたい
  1. トップ
  2. ruby
  3. Ruby で XML をまじめに使いたい

どういうのが切ないのかを考える。どういう風に表現すれば切ないっぽいのかを考える。ちなみにただのメモだから結論なんて出ていないし、そもそも考えるまでいってない部分だってありますよと。うるせーよ。

切なさがの正体がよくわからないので、正体不明のままにしとく。

  • 伝えたいのに伝えられない。(なんらかの約束が邪魔をする / 自分が素直になれない (ツンデレ))
  • 伝えたのに伝わっていない。(字がかすれて読めない手紙 / 喧騒にまぎれる声)
  • 解決方法がどれも問題を含む。(所謂友達か恋人か)
  • 解決方法がそもそもない。(死んでいく近しい人 / 過去の選択ミス)
  • 自分が無力。(明らかに周りとの差を感じる / 助けてあげたいが助けを求められていない) 広くとると一個上と同じ。
  • 現実と理想とのギャップ。(美しい音楽を聴くとき、絵を見るとき) 上二つとだいたい同じ。

効率的、とか書いたけどまずムリだ。頭痛くなってきた。とりあえず日本語かけるようになれよ俺。な?

  1. トップ
  2. life
  3. 効率的に「切ない」を実装したい
  1. トップ
  2. thinking
  3. 効率的に「切ない」を実装したい

新しくなっているのに気付いた。 ruby extconf.rb --enable-error-handler (off by default) とか書いてあるのでちょっと期待しつつ。

とりあえず cygwin で make できんので Makefile 修正。OBJS に /lib/libxml2.dll.a /lib/libxslt.dll.a を追加して強制リンキング。exslt ははずす。

いろいろやってみたんだけど、よくわからん。USE_ERROR_HANDLERXML::XSLT.errors が定義されるんだけどエラー起こしても特に何も入ってない。/* this is really quite inelegant */ とか書いてあって苦労してんなぁとかなんとか。

とりあえずさらに really quite inelegant なコードで解決を図る。Ruby 側で…

require '../xslt'
xslt = XML::XSLT.new
xslt.xmlfile = "fuzface.xml"
xslt.xslfile = "fuzface.xsl"
begin
err = STDERR.dup
pipe = IO.pipe
STDERR.reopen(pipe[1])
out = xslt.serve # raise RuntimeError
rescue RuntimeError => e
p XML::XSLT.errors #=> []
if e.message =~ /^(XSL|XML|Stylesheet) /
p e
p pipe[0].readpartial(4096) #=> エラーメッセージ
else
raise
end
ensure
STDERR.reopen(err)
end
__END__
起こりうるエラーたち (grep)
parser.c:53:      rb_raise( rb_eRuntimeError, "XSL parsing error" );
parser.c:59:      rb_raise( rb_eRuntimeError, "XSL Stylesheet parsing error" );
parser.c:65:      rb_raise( rb_eRuntimeError, "XSL Stylesheet parsing error" );
parser.c:84:      rb_raise( rb_eRuntimeError, "XML parsing error" );
parser.c:90:      rb_raise( rb_eRuntimeError, "XML parsing error" );
parser.c:97:      rb_raise( rb_eRuntimeError, "Stylesheet transformation error" );

tests/fuzface.rb の改造。xmlfile= は使うなという警告がでるけどとりあえず放置。$stderr じゃなくて STDERR にメッセージを吐くらしくめんどっちいことをやってる。readpartial は cygwin の ruby が 1.8.3 になったから使ってみた。便利よねコレ

ごちゃごちゃやってみたけど使わない。XREA に入れるのめんどいし……

これでドウダ

class XML::XSLT
class XSLTError < StandardError; end
class XSLParsingError < XSLTError; end
class XSLStylesheetParsingError < XSLTError; end
class XMLParsingError < XSLTError; end
class StylesheetTransformationError < XSLTError; end
alias __org__serve serve
def serve
ret = nil
err = STDERR.dup
pipe = IO.pipe
Thread.critical = true
STDERR.reopen(pipe[1])
begin
ret = __org__serve
rescue RuntimeError => e
STDERR.reopen(err)
Thread.critical = false
message = pipe[0].sysread(4096)
error_class = XSLTError
case e.message
when "XSL parsing error"
error_class = XSLParsingError
when "XSL Stylesheet parsing error"
error_class = XSLStylesheetParsingError
when "XML parsing error"
error_class = XMLParsingError
when "Stylesheet transformation error"
error_class = StylesheetTransformationError
end
raise error_class.new(message)
ensure
STDERR.reopen(err)
Thread.critical = false
end
ret
end
end
xslt = XML::XSLT.new
xslt.xmlfile = "fuzface.xml"
xslt.xslfile = "fuzface.xsl"
begin
xslt.serve
rescue XML::XSLT::XSLTError => e
p e
end

将来完璧な実装になっても消すだけ! これなら使えそう? ごめん嘘。エラークラス云々があるのでそのままじゃ無理。

  1. トップ
  2. web
  3. ruby-xslt 0.8.2
  1. トップ
  2. ruby
  3. ruby-xslt 0.8.2
  1. トップ
  2. xslt
  3. ruby-xslt 0.8.2

make がうまくいったっぽいのでメモ。ちなみに数度要望の末 ruby-xslt を入れてもらってある (この過程で別の鯖と違う点があるかもしれない)。でもやっぱり自分でビルドできないかなぁという試行。

#!/bin/sh
PATH="/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/X11R6/bin:$PATH"
export PATH
ruby extconf.rb #1
#make #2
# test
#cd tests
#ruby fuzface.rb

みたいなのを make.sh として作って保存しとく。ちなみに AddHandler cgi-script-debug .sh してある。念のため一発でやらずに一行ずつ実行させる。

ruby extconf.rb は Permission Denied がでつつも一応通るので問題なしということにしとく。んで、make なんだけど libxml/* が見つからないとかいわれる。しかたないのでローカルの /usr/include/libxml2/libxml を同じディレクトリに転送する。エラー一切なく make が通った。テストもしてみたけど大丈夫っぽい。微妙だけど。

関係ないけど XREA に拡張ライブラリ置くとき怪しいことをすることにした。/virtual/username/lib/ruby/RUBY_PLATFORM を掘ってその中に入れる。ローカルは cygwin なので /virtual/username/lib/ruby/i386-cygwin/xml/xslt.so、XREA は /virtual/username/lib/ruby/i686-linux/xml/xslt.so。んで使う場合は $LOAD_PATH.unshift("/virtual/lowreal/lib/ruby", "/virtual/lowreal/lib/ruby/#{RUBY_PLATFORM}") しとく。もともと XREA 上の RSS パーサが古いのでアレしてコレした感じ。

s63.xrea.com 上で作った xslt.so。ちゃんと動くかは知らない。

ちなみに上のセクションのスクリプトは動かないです。1.8.2 なので。readpartial を sysread にすればとりあえず動きます。どっちでもよさげだから sysread にしとくのが吉か。

  1. トップ
  2. web
  3. ruby-xslt on XREA
  1. トップ
  2. xslt
  3. ruby-xslt on XREA
  1. トップ
  2. ruby
  3. ruby-xslt on XREA

IE で表示崩れていることには気付きつつ、あの例のリンクホバーで margin だか padding だかがぶっとぶバグなわけで、解決方法をバグリストから探して云々ってのがめんどくさくてめんどくさくて……

仕方ないから新しくスクラッチから書き直すか、とか思ってみたりもするんだけど、いやそれむしろもっと面倒くさくなっているよとも思うわけでして、あーしかしそろそろ今の CSS 飽きたなぁとか、なんかグッっとくるテーマが欲しいなぁなんて。なにがグッっとくるんだよって話だけど。

  1. トップ
  2. web
  3. やる気あるんだかないんだか