Development Environment Conference に行ってきた。

  • vim text-objects
  • *, #
  • CSS 超高速リロード
  • svk, CPAN-Mini でオフライン化
  • バイナリパッチングカッコヨス
  1. トップ
  2. web
  3. Development Environment Conference に行った
  1. トップ
  2. prog
  3. Development Environment Conference に行った

この日記はローカルで XML 編集してアップロードして書いているのだけど、いい加減 XML 書くのが嫌になってきた。Markdown と Trac Wiki 記法とを混ぜたやつで書きたい。それとローカルでしか書けないのがだめすぎ。外出先から日記を書けない。

XML で書くのは、全て制御できるけれど、もうそれにいまいち魅力を感じなくなってしまった。別に Markdown だって HTML が書けないわけじゃないし、HTML を完全に思い通りに書いても、そんなに意味がない気がしてきた。well-formed なら十分なんじゃないか? って思い始めた。abbr はかけるコストの割りに役に立たない。ような。

URL はそのままで、うまく再構築したいなぁ。トラックバックはいらないし、久しぶりに Ruby だろうか。Rails 使ってみたいけど、CGI 動作じゃ死にそうだから使う気にならない。うーん

  1. トップ
  2. web
  3. taglibro 秋田

>>+++++[-<++++++>]<+[-<++>]<.>+++[-<------>]<-....
.....>++++++[-<++++++++>]<.>>+++++++++++[-<++>]<+[
-<-->]<.+++++++++++++++.-----------------.........
...>+++[-<++++++>]<+.>+++++[-<++++++>]<+.>++++++++
+++[-<--->]<.-----------------.+++.-........+.---.
..........>+++++++++++[-<--->]<.>+++++++++++[-<+++
>]<....+++.++++++++++++++++.>+++[-<------>]<-...>+
+++++[-<++++++++>]<.>>+++++++++++[-<++>]<+[-<-->]<
.+++++++++++++++.---------------......++++++++++++
+++++.>+++++[-<++++++>]<+.>+++++++++++[-<--->]<.--
-------------.+.++++++++++++++++.>+++[-<------>]<-
.............>++++++[-<++++++++>]<.>>+++++++++++[-
<++>]<+[-<-->]<.+++++++++++++++.---------------...
..+++++++++++++++++.>+++++[-<++++++>]<+.>+++++++++
++[-<--->]<.--------------.++++++++++++++++.>+++++
++++++++[-<---->]<.>+++++++++++[-<+++>]<..........
.......>++++++[-<++++++++>]<.>>+++++++++++[-<++>]<
+[-<-->]<.+++++++++++++++.-----------------..>+++[
-<++++++>]<+.>+++++[-<++++++>]<+.>+++++++++++[-<--
->]<.--------------.---....+++.++++++++++++++++.>+
++[-<------>]<-..........>++++++[-<++++++++>]<.>>+
++++++++++[-<++>]<+[-<-->]<.+++++++++++++++.------
---------.....>+++++++[-<----->]<.>+++++++[-<+++++
>]<.+++++++++++++++++.>+++++[-<++++++>]<+.>+++++++
++++[-<--->]<.--------------.>++++++[-<------>]<.

coloring-brainfuck.user.js

おまけ。昔書いたやつ。選択範囲内のbfを実行.js for JSActions

  1. トップ
  2. js
  3. 控えめな Brainfuck コードを色づけする GM

ごちゃごちゃやる用事があって MT を使っているのだけど、テンプレートを一括して作ってある場合インポートするのがひどく面倒くさいのでスクリプト化してみた。

make-import-mt-templates-bookmarklet.rb

開くと TEMPLATES の定義があるので、例にならって適当に書く。書いたら ruby make-import-mt-templates-bookmarklet.rb 出力ファイル名.js とかやると、本体ができる。ついでにブックマークレットの雛形を出力する。

なんか説明すると意味わからないな。できた JS は Fx1.5 以上で動く。

配布する人さえこれを使えば、そのテンプレートを利用したい人はブックマークレットを利用するだけ、という形をとる。

  • 利用者が Fx を使っている必要がある。
  • mt のバージョンが 3.2-ja. 3.3 だとたぶん動かないので注意。誰か試してgtlt3.32-ja でもいけるっぽいです。

サンプルとして、Web Standards with MT ver.3.2 Strict : ダウンロードページ のテンプレをパックしてここで再配布してみる (自分のやつはちょっと問題があるので)。パックしたやつはもとのライセンスにしたがい CC-by-nc-sa に。

テンプレートをインポートする : このブックマークレットを一時的にブックマークして、MT のテンプレ一覧ページで使うだけです。

書き換えて使った上のスクリプト pack_mt_3_2_strict.rb


バグっててテンプレが壊れても知りません。テストしてみようとして既存のテンプレ上書きしても知りません (自分がやった)

  1. トップ
  2. web
  3. MT のテンプレートをインポートする。
  1. トップ
  2. mt
  3. MT のテンプレートをインポートする。

少し前某所にいたとき、絶対パスを「http:// からはじまる~」と説明していたのを傍で聞いていて、なんか違うような (で、でも、わたし、正確に調べたわけじゃないし##) みたいな感じだったのでちゃんと調べる。

といっても、普通に RFC を確認するだけ。おなじみ RFC3986 を適当に調べる。と、該当部分は

  • 3.3. Path
  • 4.2. Relative Reference
  • 4.3. Absolute URI

なんだけど、こっちの RFC だと少しまわりくどいので、上書き前の RFC2396 を見てみる。もちろん若干違うのだけど、上書きされたのが最近ということを考えれば、もともとの由来はこっちにあったと考えられる。

absoluteURI   = scheme ":" ( hier_part | opaque_part )
hier_part     = ( net_path | abs_path ) [ "?" query ]
relativeURI   = ( net_path | abs_path | rel_path ) [ "?" query ]
abs_path      = "/"  path_segments
rel_path      = rel_segment [ abs_path ]

絶対 URI (absoluteURI) はスキームから始まるやつ。相対URIはパスにクエリー付けられるやつ。絶対パスは / からはじまるやつ。

URI 的にはこういうものらしい。

絶対 URI
http://example.com/
http://example.com/hogehoge.html
相対 URI
/hogehoge.html
./hogehoge.html
foo/bar.html
/search?q=%42oofy
絶対パス
/hogehoge.html
相対パス
./hogehoge.html
foo/bar.html

あと上書き後では次のようなノートが書いてあったり、定義が微妙に変わっていたり (フラグメントがどうとか) する。とりあえず相対 URI は今は正確には URI 相対参照みたいだ。

NOTE: Previous specifications used the terms "partial URI" and "relative URI" to denote a relative reference to a URI. As some readers misunderstood those terms to mean that relative URIs are a subset of URIs rather than a method of referencing URIs, this specification simply refers to them as relative references.

  1. トップ
  2. web
  3. 絶対 URI, 絶対パス