何度も書いているけど、新しい人とリアルで話すのは、果てしなく面倒くさい。相手がどのレベルでキレるか、相手がどのぐらいリテラシを持ってるかを、慎重に量らないといけない。こういうこと、どうにかできていたのが、その期限だったわけだけど、それがとっくに終わってしまってる。もう成り行き上仕方なく、という展開以外に、そういう作業はしない。というか、期限内でも、どうにかやっているというレベルではなかったように思う。慎重さに欠けてたように思う。もういいけど。

例えば大学で誰か知り合いを作るにしても、こういう手順を踏むのはなかなか難しい。たいして会うわけでもないし、しかも、量った結果が、望んだ結果であるとは限らない。というより、多くの場合期待は裏切られる。最初からないものに期待してる頭の悪さがここにある。

ネットリテラシの量りかたも、いまいちよくわからない。「これはひどい」の響き方が、タイプによって違うことに気付いたけど、どうも使い分けているような人もいてややこしい。ツンデレにしても萌えにしても、レベルというか、使い方の違いがあってわからない。フィードリーダーを使っていなかったりする。フィードリーダーを使っていてもあんまり購読していなかったりする。何か一個のことで、ちゃんと量れない。つまり、そこそこの長い時間をかけないといけない。どんだけ面倒くさいんだよ、って。かけた時間は殆ど無駄になる。そこまでして、いまさらリアルが必要か? リアリティで十分ではないか?


ネットで日記を読むのが面白いのは、画面の向こうの人の形を、こちらが自由に想像できるから。何か、自分の中のキーワードにひっかかる人の日記を見て、こういう人なんだろうか、こういう人なんだろう、とか、勝手に想像できる。自由に。ネットの中で完結している限り、自分の想像は守られる。

ここで、期待が膨らんで、コミュニケーションをとろうとしてみても、割と大丈夫だ。なぜかといえば、想像が侵されそうになったとき、自分からそのコミュニケーションをやめることができるから。自分の想像が、壊れない程度に、コミュニケーションができる。面倒くさそうなことになったら、回線切って寝ればいい。明日は曇りのち晴れ。


これが正しくない、と思うだろうかとか。実際、リアルでも同じようなプロセスが、より短時間により集中的により危険な状態で行われているだけ、だけど。一日の間に、何十もの勘違いをして、少しわかった気になって、次会うとき終わるような。しかも、何も全く知らないところから、手探りで。より無駄が多い。楽しみが少ない。よく考える時間がない。何より、コミュニケーションを強要されるのは面倒くさい。別に、そんな話聴きたくないよ。別に、こんな話、聴きたくないでしょう。


昨日は、9時間寝て、夢を見たけど、夢の内容を忘れた。いい夢だった気がする。けど、忘れた。忘れても、いい夢だった、と。雰囲気。でもたぶん、それじゃなくて、ちゃんと思い出しても、妄想なのかもしれないけど。

,
  1. トップ
  2. life
  3. 期限切れ
  1. トップ
  2. thinking
  3. 期限切れ

mixi-show-regist-date.user.js

他人のページを見たとき、その人がいつぐらいに mixi に登録したかを表示します。インストールすると最終ログインの下におおよその登録した月が表示されるようになります。

データは今日までのを適当に集計したやつで、今日以降登録した人は一括して 2006-08 以降と表示されます。メンテナンスする気はありません(てきとう

verbose 設定を追加しました。デフォルトでオン。オンのときはそこらじゅうの写真にいつ登録されたかが表示されます。

,
  1. トップ
  2. net
  3. mixi に登録した日を表示する GM スクリプト
  1. トップ
  2. web
  3. mixi に登録した日を表示する GM スクリプト

やたら好評で見たほうがいいよ!とかいう話だったので、ゆーさん (誰) と真雪さんと見てきますた。

また (謎) 時間跳躍系なんですが、これは SF っぽさは殆どなく、終始青春でした。やばい。青春やばい。青春系で、ただし切なさ多め、ぐらい、だった。

  • え? っていうシーンがあってあせる。
  • かなり展開がはやい。
  • 変に超人的な人がでてこなくてよかった。(おばさんがアレだけど、あんまり関係しない)
  • 空の描写が多かった。気がする。
  • 冒頭の図書室の女の子がやばい。と思いきや最後のほうでも出てきて嬉しい。
  • サブキャラの女の子かわいそう。
  • 人混みに紛れるシーンが好き。主人公もどっちも。ちょっと壊れ気味
  1. トップ
  2. life
  3. 時をかける少女 を見た
  1. トップ
  2. movie
  3. 時をかける少女 を見た

17歳に、なりたい。ただ、それが、高校で、オレが、オレでないことを祈って、あるいは、オレがオレであっても、オレ以外のオレが、オレの中にいるように、生きたい。

どうでもいいけど、自分が想像する、洗濯機からでてくる女の子は、ヘッドフォンをつけてない。なぜなら、彼女にはそれが必要ないからなんだけど、いや別についていたっていいんだけど、ついていない子を見るほうが、多い。洗濯機から出てくる女の子は、目立たない。違和感がない。日常に溶け込んで、洗濯機から出てくる。

普通さの正しさ、自分の考える完全な普通さは、洗濯機からでてくる女の子につまっている。その日常とか、透明さが普通で、でもこの論理的じゃない、理不尽な世界においてそれは異常に見えることも、ときにはあるよね、っていうこと、なんですね。

すごく普通なことは、実際ほんとにリアルに溢れていて、それが自分の眼に「リアリティ」として現れるには、自分がそれに気付けるか、という一点にかかってる。自分がそれを感じられるか、って忘れないようにしないと。

雰囲気に飲み込まれて、立ち位置を見失うと、せっかく構築しかけた世界観も壊れるから、注意しながら、しっかり考えないと、また明日も明後日も危ない。

  1. トップ
  2. life
  3. 17歳へ それと 洗濯機から女の子の日常性について
  1. トップ
  2. thinking
  3. 17歳へ それと 洗濯機から女の子の日常性について