Google Photos が発狂して、Google Picker 経由でつけたリンクに認証がかかるようになったり、利用制限がかかるようになった。おかげで過去に貼りつけた画像がいっさい見れなくなったりしており、かなりやる気が削がれている。

YouTube は無事なため、動画は見えるのに静止画が見れないみたいな意味わからない状態になっている。

あまりに糞すぎて数ヶ月ほったらかしにしていたが、画像を貼れないのは困るのでなんらかの対策をしないといけない

  • Google Photos の新APIで動的に静止画URLを生成してリダイレクトするようにする
    • API 制限がある。パフォーマンスが落ちる
  • 全部自分でホストするようにする
    • ストレージ見積が必要
    • さくらのVPS の 100GB プランだが、実容量的には 50GB ほどの空き

さくらのVPS ディスク拡張手順(標準OS Ubuntu18.04) を実行しようと思ってごにょごにょしていたら MBR を壊してしまった。具体的には

sudo sgdisk -s /dev/vda

が成功せず、GPT 形式に変換しろ、と言われたので何も考えず GPT に変換したら Booting from hard disk で止まるようになってしまった。まぁそりゃそうだろ考えろよという感じだが……

シングルユーザーモードの起動

さくらのVPSコンソールから「各種設定」→「OSインストール」とすすみ、「カスタムOS」→「Ubuntu 18.04 amd64」と選択して起動 (仮想 CD 経由でインストーラーが起動する)

ただVNCコンソールを開けるタイミングでは既にブートローダーを通過しているので、レスキューモードに入れなかった。

このため、インストーラー起動後のユーザー名を入力する画面で、何もせず「Back」を選択する。するとインストーラーメニューが出てくるので、一度 Detect disks を選んですぐに Back してから、シェルを起動するメニューを選ぶ (Detect disks することで /dev/vda が見えるようになる)。

この状態で、以下のように本来のディスクをマウントして chroot する。さくらの VPS の VNC コンソールは英語キーボードだと = が入力できないため、grub-install の引数を指定することができない。デフォルトでいけるようにするために chroot する。

mount /dev/vda1 /mnt
mount --rbind /dev /mnt/dev
mount -t proc none /mnt/proc
mount --rbind /sys /mnt/sys
chroot /mnt /bin/bash

これでほぼ本来の環境で作業できる。grub を再インストールする、念のため /boot をバックアップしてからやる。ここでは /dev/vda なので

cp -r /boot /boot.orig
grub-install --force /dev/vda

とした。GPT だからか何なのか --force しないと書けなかった。この手順は自信がない

grub 設定を作りなおす

update-grub

ここで reboot で起動するようになった

  1. トップ
  2. tech
  3. さくらのVPSが起動しなくなって grub 再インストール

新しくラジオペンチ(やニッパー)を買ったときに違和感があって、なんでだろうなあと考えていたところ、バネの有無ということがわかった。

なんとなくバネがあったほうが自動的に開いて便利な気がするけど、これが自分にはあってないみたい。

バネがあると自分で開かなくていい一方で、閉じるのに余計に力がいるので素材への力のかけかたが少し難しくなる。バネなしなら指先の延長のように扱えていたのに、バネつきだと手袋をして作業しているような感覚。

というか実際、自分はバネで自動的に開く機能を使うことがほとんどない。人差し指と薬指をペンチの外側に、中指を内側に入れて、開きかたをすべて指で制御しているので、むしろバネが負担にしかなっていない。

古いペンチばかり使ってしまっていた原因がようやくわかった。そしてすべてのバネをはずした。

  1. トップ
  2. tech
  3. ラジオペンチはバネがないほうが良い