どういう仕組みで人間が思考をしているのかが分からないので適当に書くんだけど、うーん、もう次の言葉が出てこない。こういうのが最近多いなぁ。フレーズは浮かんでくるのに、うまくつながらない。物忘れがホントに酷い。いや、そんな話ではなくて、脳内回路のショートの話。

「やれやれ」も一つの例なんだけど、こう、何かを考えてる過程で、ふっと何か頭の中で切り替わってしまう、っていうのがすごく気持ち悪い。

俺の中でもっとも気持ち悪かった (この表現も俺の言いたいこととは違う。「気持ち悪い」っていうわけじゃなくて、なんていうか……俺の語彙の少なさをのろいたくなる気分) のは、高校2年の12月・町田のデパートのエスカレータに乗って本屋に行く途中で、おそらくその時は the pillows の「確かめに行こう」を聞いていたんだと思う。その時何故かふと、一瞬普通に生きている30代の俺を想像しちゃったわけ。そしてたら急に「あぁ、こうなるもんなんだな」とか思って、すごく世界が狭くなって、ぐるぐる渦巻いていた可能性がみんな消えてしまった感じがしたわけ。太陽がもっと高く、まぶしく感じた毎日 ってのがその瞬間終わって、今までより (そのころは高校生活にうんざりはしていたけれど、予備校に行く気になっていた時期でもある。このあと予備校はやめちゃうんだけど) さらにすっごく詰まらない毎日がはじまってしまったわけ。その時はまだ、「まぁ寝れば元にもどるかなぁ」なんて思っていたのだけれど、結局寝ても戻らなかったし、今もすごく世界が狭くなったまま。

そのあと、一般的には、みんなもっと早くこんな感じになるんだろうなぁ、とも思った。たぶん高校2年の冬に気づくってのはすごく遅かったんだろうなぁって。もっと早く気づいていれば、もっと何かできたのかなぁ、とか思ったり。どっちにしろできていない気もするんだけど。

脳内回路はどっかショートしたままで、電流がうまく流れていない。混乱したまま。うーん書けないなぁ。

  1. トップ
  2. life
  3. 脳内回路

高校のときは一週間に数日腹痛に襲われる日があったんだけど、大学に入ってからぜんぜんなくなってしまった。少し食いすぎるとすぐ腹痛になっていたから、何度か食いすぎてみたんだけど大丈夫だった。よくわからないな。別に状況はよくなってないし、病院にいって何か治療をうけたわけでもないんだけれど。

そのかわり最近頭痛がする。左側がよく痛い。

  1. トップ
  2. life
  3. 腹痛

今日突然バイト中に「やれやれ」っていう言葉がなんかものすごく変な響きをしている気がするようになった。村上春樹と言えば? やれやれだっけ? あれ? やれやれって何かおかしいよね。やれやれっておかしい。なんだっけ。よれよれ? やよやよ? おかしい。全部総当りしてもおかしい。

んで、家に帰ってきて、本当はなんだっけって調べてみたら、どうやら「やれやれ」であってるみたい。どうしよう。「やれやれ」って今かいてもすごく違和感を感じる。これどうすれば直る?

あと、なんか異様に心理的死角が多いらしい。本を探していて、さっきから「このへんだよなぁ」なんて思いながらさがしているのに見つからなくて、数回別の場所いって探して、戻ってきてまた見て、まだなくて、「もうねぇんじゃないかなぁ」とか思いながら棚を眺めていると見つかる。おかしい。灯台もと暗しとかの比じゃない。誰か助けて。

たぶん俺が部屋で探し物をしていて見つからないのもコレに原因がある気がする。俺は今日まで部屋が4次元なだけだと思っていたけど……

犬神さんがゲシュタルト崩壊っていってて、あぁそうだなぁ、って思った。

そして寝て起きたら直るかなぁとか安直なこと考えていたけれども、なおらなかった。困ったなぁ。もっかい構築しろってか。

  1. トップ
  2. self
  3. 心理的死角・やれやれ
  1. トップ
  2. life
  3. 心理的死角・やれやれ